スポンサーリンク

【澪つくし】115話のネタバレと感想!久兵衛が梅木に「かをるを口説け!」

【澪つくし】115話のネタバレと感想!久兵衛が梅木に「かをるを口説け!」

惣吉(川野太郎)が遭難して1年。久兵衛(津川雅彦)とるい(加賀まりこ)は、かをる()と梅木(柴田恭兵)の再婚を猛プッシュ。

惣吉を思い続けるかをるはどうする?

【澪つくし】115話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】115話のあらすじネタバレ

【澪つくし】115話のあらすじネタバレです。

久兵衛とるいがかをるに再婚を勧める

昭和7年、番頭小畑の引退、ハマの再婚で若返り体制をとる入兆。るい(加賀まりこ)と久兵衛(津川雅彦)はかをる()に今後のことを聞く。

醤油の製造販売に打ち込みたいというかをる。再婚の意思を問われる。

英一郎が結婚したら、かをるは毎日弁当を持って通ってもいい。私の夫は吉武惣吉だけ、ときっぱり。

久兵衛は、わしかてそうや、千代が死んでも思い出はここに残っている。醤油に打ち込んでも醤油と結婚できない、入兆にはかをるが必要だ、と梅木との縁談を持ちかける。戸惑うかをる。梅木の6年間の思いを汲んで小畑が番頭を引退した、断れば梅木は入兆を辞めるかもしれないとるい。

梅木が好きか嫌いかどうかではない。惣吉への思いから拒否するかをるに、久兵衛はかをるは久兵衛にとってもるいにとっても「子は宝」、年とってから子供がいなかったらどれだけ寂しいか。かをるも流産した悔しい思いがあるだろう、説得しようとする。席を立つかをるに、流産の話をすべきではなかったと後悔する久兵衛。

惣吉の夢と久兵衛の後押し

その夜、かをるは惣吉の夢を見る。新婚旅行で行った、あやめの咲く場所に出てきた惣吉。

帰んな。俺はいつもお前の側にいる。ついてきちゃいけねぇ、お前のためだと言うと去っていく。

夢の中の惣吉はかをるの胸にやるせないしこりを残していった。

翌朝、梅木に挨拶され動揺するかをる。広敷では弥太郎(明石家さんま)が満州に行って馬賊になると言い出す。ごはんをとりに来た早苗を満州に誘うが振られる。

ツエ(鷲尾真知子)が、広敷や女中部屋ではかをると梅木が結婚するという噂で持ちきりで、工場では賭けをしている人もいると言う。驚くかをる。

一方、久兵衛は梅木にかをるを口説くように説得していた。久兵衛もるいも、かをると梅木の結婚を望んでいる。久兵衛という強力な後ろ盾を得て、「男冥利に尽きる」とその気になる梅木。

【澪つくし】115話の感想とまとめ

惣吉が亡くなってまだ1年。さすがにまだ早すぎだろ!と思うかをるの再婚話。当時は珍しいことではないかもしれませんが…・

入兆の将来もあるし、小畑が勇退した後、梅木もいなくなったら困る。かをるが独りなのも心配。久兵衛たちの思いもわからないでもありません。

でもおっとりしたお嬢さんのように見えて、とっても頑固なかをる。梅木はまたもや振られてしまうのでしょうか…。

114話◀︎ ▶︎116話

コメント

タイトルとURLをコピーしました