スポンサーリンク

【澪つくし】110話のネタバレと感想!汚名返上の裏に魔性の女・律子と小浜の再会!

【澪つくし】110話のネタバレと感想!汚名返上の裏に魔性の女・律子と小浜の再会!

律子は偶然再会した小浜に助けを求める。

三姉弟の奔走で無実が明らかになった入兆の醤油はバカ売れに。

【澪つくし】110話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】110話のあらすじネタバレ

【澪つくし】110話のあらすじネタバレです。

律子が小浜に遭遇

山川の研究所もカギタの試験場でも入兆の醤油に防腐剤が入っていないことを証明してくれた。貴族院議員である山川の会長は警視総監に電話も入れてくれるという。

これで入兆の無実を証明できる、と喜ぶかをるや久兵衛たち。

しかし警視庁の態度は変わらなかった。同業者の検査結果で警視庁の検査結果を変えることはないという。

落胆して銀座を歩いていた律子と神山は、小浜(村田雄浩)に遭遇する。カフェで防腐剤疑惑について話し、もっと権威のある研究所で再検査したい、どこかないかと尋ねる。

心当たりがないという小浜。自分は律子の嫌いな帝国軍人だと自虐する。どんな仕事でも誇りを持っていることは素晴らしいと自尊心をくすぐられた小浜は、適当な検査機関が見つかれば連絡するといい、滞在先を聞く。

律子の予想通り、小浜は翌日旅館を訪ねてきた。小浜の助言で、東京帝国大学医学部、内務省衛生研究所などに問題の醤油を持ち込み再検査を依頼した。千葉県の機関でも結果はいずれもナフトールの混入なしだった。

警視庁が間違いを認め、入兆の醤油は再評価される

かをるは、警視庁の検査では本当にナフトールが出たのかもしれない、問屋が樽の詰め替えをした際に防腐剤を入れることがあったのではないか、とかをる。問屋との関係も大切だから慎重にしたほうがいい。番頭の小畑も今後のことをよく考えようという。

律子と神山は警視庁を訪れた。衛生部長が応対する。

入兆の醤油を再検査前回の検査に手落ちがあったと非を認めた。検査技師が、他社の醤油でナフトールが検出されたから入兆の醤油にも入っているだろうとベーター検査を省いていた。

技師は処分を受け、部長も警視総監に進退伺いを出したという。

新聞は大々的に警視庁の失態を攻撃するとともに、入兆の醤油が上等であることを書き立てた。全国の小売店から注文が殺到する。

かをるは、潔く非を認めて誤った警察の態度も立派だという。一般の人に訴えるには、久兵衛の名前で新聞広告を出したらどうかと提案する。事の成り行きを書くとともに入兆の醤油を宣伝する、今は絶好の機会だという。

久兵衛は喜び、早速それを実行する。全体を見る力があるとかをるを褒める英一郎。網主の女将として3年間さまざまな困難を乗り越えてきたことがかをるをたくましくした、と久兵衛。これからは子供達の時代だ、と目を細める。

律子の微笑みの意味は?

小浜と再び会い、礼を言う律子。お嬢様の言う通りにしただけだと小浜。

あなたきっと偉くなる、司令官になって全軍を指揮するようになるわという律子に、もう騙されない、律子の言うことには必ず裏がある、と疑う。

そんなことないわ、あなたも変わったけど、私も変わりました。

どう変わったんです? 小浜の問いに答えず律子は意味深に微笑んだ。

【澪つくし】110話の感想とまとめ

三姉弟の活躍と小浜のおかげで入兆は、汚名を晴らすばかりか、全国的に宣伝する機会を得ることに。かをるはもともと銚子高女出身の才女。物事を俯瞰で見ていろいろなアイディアを出していきます。

また気になるのは律子と小浜の関係。小浜はまたもや律子の魔性に翻弄されてしまうのでしょうか。

109話◀︎ ▶︎111話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました