2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】103話のネタバレと感想!惣吉が行方不明!かをるは女将として気丈に振る舞うが…

【澪つくし】103話のネタバレと感想!惣吉が行方不明!かをるは女将として気丈に振る舞うが…

利根川丸が嵐に襲われ、従業員を助けようとした惣吉が海にさらわれる。

女将として気丈に振る舞うかをるの夢に惣吉が…

【澪つくし】103話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】103話のあらすじネタバレ

【澪つくし】103話のあらすじネタバレです。

惣吉遭難の知らせにショックを受けるかをる

荒れ狂う嵐の中、海の引き込まれてしまった惣吉(川野太郎)。浜辺で待つかをる(沢口靖子)たち。利根川丸は名洗の港に避難したという。様子を見に行く善吉(安藤一夫)と魚住(斉藤洋介)。

家で待つかをるととね(草笛光子)。とねは万が一惣吉に何かあったら、かをるが親方となって利根川丸一ヶ統をまとめていかなければいけない、と言う。

とねがそう言ったのは、組合から、手船が転覆して助けようとした惣吉が波に飲まれたと知らせがあったからだった。ショックを受けるかをる。

かをるの夢に出てきた惣吉は生きている?

坂東家では、律子(桜田淳子)が利根川丸の惣吉が遭難したニュースをラジオで聞き、久兵衛(津川雅彦)とるい(加賀まりこ)に知らせる。

様子見が甘かった、漁労長としては切腹もんだという船村(織本順吉)。心配したるいと律子がやってくる。惣吉はこの辺の海を知り尽くしている。どこかに流れ着いて頭をかきながら帰ってくるさ。絶対死なねぇ、死んでたまるか。子供が産まれる、かわいい女房が待ってるんだ、と気丈に振る舞うとね。

磯部の遺体が上がったと連絡があり、落胆する一同。

かをるは、るいと律子に帰るように促す。遭難したのは惣吉だけじゃない、私は網元の女将です…。

かをるの心情と健気さに打たれるとね、るい、律子。久兵衛は千代の仏壇に「かをるを守ってくれ」と手を合わせる。

その夜、かをるは夢を見た。惣吉が帰ってきて「心配かけたな」と言うがずぶ濡れだ。かをるが着替えを出していると、惣吉の姿はいつのまにか消えていた。

【澪つくし】103話の感想とまとめ

ラブラブ新婚旅行、ご懐妊という幸せの絶頂からのジェットコースター展開に視聴者も大ショック。惣吉は生きているのか、かをるとお腹の子は大丈夫なのか…。

この先の展開が気になります!

102話◀︎ ▶︎104話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】