2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】102話のネタバレと感想!惣吉の遭難と英一郎の失敗

【澪つくし】102話のネタバレと感想!惣吉の遭難と英一郎の失敗

かをるのおめでたで、歓喜に包まれる吉武家と坂東家。

入兆では英一郎が内緒で行っていた先物取引が満州事変で大損失!

外川では海の大しけで惣吉が海に転落してしまい…。

【澪つくし】102話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】102話のあらすじネタバレ

【澪つくし】102話のあらすじネタバレです。

梅木とハマの関係を律子は知っていた

かをる(沢口靖子)懐妊の報告で、歓喜に包まれる吉武家。

潮来の旅がよかった、子宝石がよかった、と手柄の取り合いをするとね(草笛光子)とツエ(鷲尾真知子)。とねはツエを入兆に使いに出す。赤飯と鯛を持って行ったら喜ぶとはしゃぐ。

坂東家では、かをるの妊娠を聞いた久兵衛(津川雅彦)が律子(桜田淳子)を呼んでいるとハマ(根岸季衣)。

ずっと律子の世話をしてきたハマは、どうして律子だけ男運が悪いのか、なぜ自分から幸せを遠ざけるのか…。梅木との縁談を断ったのはなぜかと問う。

言ってもいいの?

律子は梅木とハマが示し合わせて時々会っているのを知っていた。ハマは、律子の縁談を断られた梅木が落ち込んでいたのを慰めていただけ。そんな関係ではない、梅木ほどの男が子持ちの三十女は相手にしない、と否定する。

気まずい雰囲気のなか、待ちくたびれたるい(加賀まりこ)がやってくる。みんなで祝杯を上げようという話だった。

英一郎の借金と惣吉の遭難

昭和6年9月16日、満州事変が勃発する。15年戦争の始まりだ。

入兆の店先には金貸しの真鍋(なべおさみ)が英一郎と桑原のところにやってきた。4000円もの大金を焦げ付かせたということだった。

番頭の小畑(高品格)が久兵衛に取り次ぐ。真鍋の話では、英一郎は久兵衛に内緒で勝手に印を押して借金。大豆の先物取引に手を出していた。満州事変で大豆の値段が暴落したため、大損することになってしまったのだ。

4000円もの大金をどぶに捨てたと激昂する久兵衛。英一郎は「儲けてお父さんに褒められたかったんや」と泣き出す。先物を教えた事務員の桑原も土下座して謝る。

久兵衛は2人とも土蔵にぶちこんでおけ、と怒鳴る。

海は大しけとなり、かをるがいつになく胸騒ぎを感じていると、利根川丸は窮地に追い込まれていた。従業員を助けようと樽を投げていた惣吉は、海に転落してしまう。

【澪つくし】102話の感想とまとめ

やっとかをるが妊娠して吉武家も坂東家もハッピーになったのに、まさかのラスト!惣吉の運命が気になります。

一方、英一郎は久兵衛に内緒で先物取引に手を出していました。「お父さんに褒められたかった」という英一郎の叫び、昨日(1月22日)に放送された長瀬智也主演ドラマ【俺の家の話】とリンクしてしまいました。

久兵衛は怒ってばかりの父親、西田敏行は怒らない父親。怒るだけでも怒らなくてもダメなのか。

子供はみんな親に褒められたいんですよね、親が偉大であればあるほど。

101話◀︎ ▶︎103話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】