【魔法のリノベ】3話のネタバレと感想!小梅の台詞が胸刺さる、自己力で人生再生!

魔法のリノベ

【魔法のリノベ(まほリノ)】3話のネタバレ・視聴率・感想!小梅の台詞が胸刺さる、自己力で人生再生

【魔法のリノベ(まほリノ)】3話が8月1日に放送されました。

小梅()と玄之介()がエピソード物件のリノベにチャレンジ!

久保寺()が小梅に猛烈アプローチ!

迫田孝也、トリンドル玲奈登場回!

フジテレビ・カンテレ【魔法のリノベ(まほリノ)】3話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

見逃し配信:『魔法のリノベ』全エピソードはU-NEXTで!(2022年8月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【魔法のリノベ】3話のネタバレ

【魔法のリノベ】3話のネタバレを紹介します。

久保寺のバッグハグ

久保寺()は小梅()に、根も葉もない噂を信じた自分が悪かったと後悔を口にする。

久保寺は二股をし、桜子とは別れてなかった。だから別れたのだ。
小梅は、久保寺の話に怒りを爆発させ立ち上がる。久保寺は「もう一度僕を好きになって」とバックハグ。小梅は「冗談じゃない」と思い切り振り切る。

依頼物件は事故あり!?

小梅と玄之介は営業に。

訪問先は、加藤夫婦宅。

ピアノもあり、眺めも良い。中古の1戸建てで、リノベなんて必要なさそうなのだが……。

その時、床の一部が色が違うのを見つける玄之介。

夫の浩昌(迫田孝也)が、思ったより安くて購入したが、前に住んでいた人が死んだという。妻のえみり(トリンドル玲奈)が「事故物件まとめサイト・鬼塚とおる」というサイトでその情報を得たのだ。

不動産に問い合わせたが何も教えてくれないと言う。

そこで、床の修復とともに事故があったのがわからないようにリノベしてほしいというのが依頼内容。

浩昌は土下座までする。

**

まるふく工務店にて。

蔵之介()、竜之介(吉野北人)らと相談。

事故物件て名前が良くないよね、と話になり、蔵之介が本当は「心理的瑕疵物件」だと言う。

玄之介は、かなりビビッている。小梅は、これからもこういうことはあるだろうから、チャンスだと言う。

越後()は、小梅に本気なのかと言い出す。小出()は、事故物件は酷いことが多い。しかも、事故物件ではまた事故が起こる、とまで言い出すが、結局、リノベをする方向でプランを練る。

**

玄之介が帰宅すると進之介がタブレットで「芸能事故物件ファイル」を見ていた。
進之介と明日ゲームをしようと約束する。

タブレットのヒビを見て、玄之介は思い出す。

それは、雪乃が家を出てしまったとき。
進之介は、なんで母が帰ってこないのかと、泣きじゃくった。
玄之介は「待ってみよう」と言うが、進之介は「嘘つき」といいタブレットを放りなげた。その時、画面にヒビが入った。

**

ここでゲーム画面に。(玄之介の夢)

冒険者の姿。敵の闇のきしたは、なんと、小梅と戦友だったとわかる。
玄之介らギルドはあ然とする。

**

久保寺に話しかける桜子()。久保寺の母は京都に住んでいてギックリ腰を患っている。桜子は、久保寺代わりに京都まで行くと言う。
なんと、桜子は久保寺の母とメッセージのやり取りをして仲良くなっていたのだ。

有川(原田泰三)に「まだ切れてないんだ」と言われる。

**

加藤夫妻に、いくつかのプランを見せるが、えみりは「もういい、住みたくない」と言い出し、離婚するとまで言い出す。

言い争いになるふたりを見て、玄之介が自分が住んでみると言ってしまう。

**

有川は、久保寺の成績が悪く、これまで小梅がいたから成績が良かったのだろう、桜子にいいようにされてるし、指導した方がいいかな、と三津井(山下航平)に話す。三津井は、有川に逆らうことはなく「それがいい」と賛成する。

**

玄之介は加藤宅に泊まることになり、遊ぶ約束していた進之介に頭をさげる。
なんで父ちゃんが泊まるんだよ、と進之介は玄之介に意見する。
玄之介は気弱な面があり、進之介は子どもながらしっかりしているのだ。

**

玄之介は加藤宅に行く。

小梅に久保寺から電話。

久保寺は桜子が親と仲良くなり結婚まで話が流れているという。

「別れなさいと言ってくれ」と言う久保寺に、小梅は怒り爆発。

面と向かって言えるなら言ってこい!と言って、プツリと電話を切る。

小梅と久保寺の過去

玄之介は加藤宅に入る。
帰りたいと思いビクビクしているところに、小梅から電話。

家の真相がわかったという小梅は、「今から行く」といい、自転車で走り出す。

玄之介は気を紛らわそうとスマホで芸能事故物件を閲覧。

すると、電気がついたり消えたり。おもちゃが転げ落ちる。

ドアをノックする音。

小梅かと思いきや、小梅はコンビニだとラインがある。

ドアのノックは止まらず。

そして、ドアが開く。

入ってきたのは、元住人の弟子。

住人は、作曲家の諸見聡。盗作疑惑で騒がれ、この家で静かに過ごしていた。心臓が悪く亡くなった。弟子が処分をしたのだという。

そこに、小梅が。

ネットに家のことが掲載されていたという。諸見は決して孤独ではなかったという弟子。音楽がいつもあり充実していたと話す。

その時物音が。
なんと、進之介がいた。

進之介は玄之介にこっそりついてきていたのだ。電気を点けたり消したり、おもちゃを動かしたのは進之介だったのだ。

**

久保寺は3年後輩で、小梅が指導係だった。
久保寺は成績をどんどんあげていった。同期の子と別れたというから付き合ったが、切れていなかった。悪い噂を流されて辞めたのだと言う。

**

外から大きな物音が。

久保寺が男を捕らえていた。
久保寺は小梅に電話を切られてついてきたのだ。

夫婦のやり直し

まるふく工務店。

玄之介と小梅は蔵之介に報告。

事故物件はエピソード付き物件=エピ物件、と呼ぶことになり、加藤邸のリノベを受けることにする。

**

竜之介はBARに行きママ()と話す。

というか、ママは話を聞いておらず、竜之介は「ちゃんと話をしましょう」と言うのだった。

小梅はミコト(SUMIRE)と山に行く。
事故物件はムズイという話をしたりしてリフレッシュ。

**

加藤夫妻に元住人が諸見だと教える。
ふたりは諸見の歌に救われたという。

この家は、音楽によい環境が施されている。
生まれてくる子供のために「音楽を楽しめる家」を作ろう、と提案する。

えみりは歌手で浩昌はマネージャーだった。
えみりのおっかけをしていた男は、えみりを守るために見張っていた。この男が小野寺が捕まえた男。
男は、えみりを守るためにパトロールをしていたのだ。怪しい男=久保寺が入って行ったので思わず家に入りこんだのだ。

えみりはその話を聞き、気持ちが落ち着く。
玄之介が図面を見せる。テーマは「音楽が身近にある家」。

いくつかの案がある。
えみりは、床のことはあとから考える。音楽を辞めないようにする、と言う。
浩昌は「また頑張る」と誓う。

ふたりは音楽のある生活をイメージする。

**

仕事が落ち着き、小梅と玄之介は屋台で乾杯。

玄之介は小梅が来てくれて「嬉しかった」という。小梅は照れる。

「最後に諸見の音楽かけるなんてエモい」という玄之介に、小梅は「かけてない」と。ふたりして焦る。

桜子がまるふく工務店に!

小梅が帰宅するとマンションの前に久保寺がいた。

久保寺は小梅に「自分の人生は自分でリノベションするんだよ」と言われ、桜子と別れる決意をしたという。

「小梅さんは先輩です。仕事、頑張ります」
と久保寺。

小梅は綺麗な別れだと嬉しく思ったのだが……。

まるふく工務店に桜子が訪ねてきた。

<続く>

【魔法のリノベ】3話の視聴率

【魔法のリノベ】3話の視聴率は、6.7%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【魔法のリノベ】3話の感想

【魔法のリノベ】3話の感想を紹介します。

【魔法のリノベ】3話のまとめ

【魔法のリノベ】3話は、事故物件&人生事故の物語。怖い物語かと思いましたが、コメディ要素は満点。生きていれば、誰しも多かれ少なかれアクシデントに遭うものです。思いもよらない出来事、傷を負った過去をどう乗り越えるか、それは自分自身の力なのだと小梅が言っています。力強いお言葉が胸に刺さります。
久保寺の図々しいさに飽きれつつ、小梅が未練なくバッサリ切るのが清々しい。いずれ、玄之介と小梅はくっつくのだろうと思いながら鑑賞。これからの展開が楽しみです。

次回予告

・風水にこだわる依頼人!

・桜子がまるふく工務店で大泣き!?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【魔法のリノベ】公式サイト

コメント