【教場II】の原作ネタバレ!松本まりか(田澤愛子)は風間の後継者?

教場Ⅱ
https://www.fujitv.co.jp/kyojo2/

スペシャルドラマ【教場II】の原作ネタバレ!松本まりか(田澤愛子)は風間の後継者?

木村拓哉主演の新春スペシャルドラマ【教場Ⅱ】が2021年1月3日・4日に放送。

200期、199期の生徒、副教官役の松本まりかさんの役などの原作ネタバレを紹介!

今回はドラマ【教場Ⅱ】の原作ネタバレについて!

*見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます。


ADVERTISEMENT

【教場II】の原作ネタバレ:200期

ドラマ【教場Ⅱ】の原作ネタバレを紹介します

原作とは、刊行された順に「教場」「教場2」「教場0」「風間教場」の4冊です。

まずはメインとなる200期の生徒たちがからネタバレ!

200期の原作ネタバレ

(役:鳥羽暢照):原作「教場」第3話「蟻穴」に登場

(役:石上史穂):原作に登場なし ※199期を退校し復学。

(役:忍野めぐみ):原作に登場なし…原作「教場2」忍野宗友の改変?

矢本悠馬(役:漆原透介):原作『風間教場』に登場

(役:比嘉太偉智):原作『風間教場』に登場

眞栄田郷敦(役:稲辺隆):原作「教場」第3話「蟻穴」に登場

(役:伊佐木陶子):原作『風間教場』に登場

戸塚純貴(役:吉村健太):原作に登場なし

高月彩良(役:堂本真矢):原作に登場なし…原作「教場2」堂本真佐丈の改変?

(役:杣利希人):原作『風間教場』に登場

樋口日奈(役:坂根千亜季):原作「教場2」に登場

※濱田岳(役:鳥羽暢照)と眞栄田郷敦(役:稲辺隆)は、前回のドラマ【教場】(2020)の放送前の記事で取り上げたので下記の記事を参照してください。

※目黒蓮(役:杣利希人)と岡崎紗絵(役:伊佐木陶子)の原作ネタバレについては下記の記事を参照してください。

※樋口日奈(役:坂根千亜季)の原作ネタバレについては下記の記事を参照してください。
関連して、福原遥(役:忍野めぐみ)と高月彩良(役:堂本真矢)も男性として原作に登場し、樋口日奈(役:坂根千亜季)と関わります。(ドラマではエピソード自体の改変もあるかも?)

※上白石萌歌(役:石上史穂)と戸塚純貴(役:吉村健太)は原作で該当する人物がいません。

残るのは、矢本悠馬(役:漆原透介)杉野遥亮(役:比嘉太偉智)になります。
次にこの2人の原作ネタバレを紹介していきます。

矢本悠馬(役:漆原透介)の原作ネタバレ

漆原透介は仮入校の受付に時間ギリギリでやってきた。

そしてホームルームには遅刻。

実はホームルーム開始まで漆原は教場にいた。時間があるだろうと思って一度出て行って、遅れたのだ。

遅れた理由は「トイレです」と漆原は答えるが…。

三日目の未明の非常点呼でもギリギリ遅刻。時間にルーズのようだ。

しかし、ホームルームに遅刻した理由はちゃんとあった。

ホームルーム開始前、携帯電話など外の情報ツールを持てない漆原は、掲示板を見に、校舎を探し回っていた。

紀野理人という巡査が亡くなっていた。

ドラマ【教場Ⅱ】では紀野でなく、宮坂定(工藤阿須加)が亡くなった。

実は、仮入校の朝、紀野は信号機故障にともない交差点で交通整理をしていた。

遅れていた漆原は紀野に「通してもらえませんか」と頼んだ。

紀野が漆原を通した結果、車にはねられてしまった。

風間は「きみはもう人の命を背負っている」と漆原に伝える。

漆原は心を入れ替えて、時間に正確に行動できるようになっていく…。

※この「命を背負う」というエピソードは、目黒蓮(役:杣利希人)への説得のときにも生かされていきます。

杉野遥亮(役:比嘉太偉智)の原作ネタバレ

風間は生徒たちに「注意報告」の提出義務を課す。

比嘉は、以下のような文書を作成して提出。

「私の友人に悩みを抱えている男子学生がいます。友人の相手は女性です。私は彼の恋愛を成就させてあげたいので、女性心理に精通している平助教に相談に乗っていただけると幸いです」

※平助教というのは女性教官で、平優羽子という名前。原作「教場0」から登場した人物です。
ドラマ【教場Ⅱ】では田澤愛子(松本まりか)が平優羽子から改変か?

風間は、大学時代に柔道で活躍した比嘉から、十字絞めのやり方を教わるというていで、技を比嘉にかける。そして、比嘉が苦しくなってもやめない。「平助教が感じた心の痛みはこんなものでない」からだ。

比嘉は、風間の逆鱗(げきりん)に触れる言葉を平優羽子に言った。
それは「僕が辞めたら、風間教官もクビになるんですよね。風間教官をクビにしたくなかったら僕と付き合ってください」という平への卑怯な迫り方。

「教官を脅迫するとはいい度胸だ。ほかに言うことはないか」と風間が絞めあげ、「すみませんでした。」と謝る比嘉だった。

補足:原作『風間教場』では、風間は校長から「誰一人やめさせない」ことを指示されています。

【教場II】の原作ネタバレ:199期

ドラマ【教場】(2020)ラストにも登場した第199期の生徒たちが今回も登場。

公式な情報の紹介はこちら↓

上白石演じる石上史穂(いしがみ・しほ)は、199期では休学をしており、200期の生徒として復学をするという役どころ。史穂は、一年前に199期の生徒たちの中で起きたとある出来事をきっかけに休学するようになる。

その出来事に関係しているのが、浦美慶介(うらみ・けいすけ/三浦貴大)、佐久野みゆ(さくの・みゆ/)、小嘉竜一(こが・りゅういち/嘉島陸)の3人。

史穂は佐久野に苦手な勉強を教えてあげたり、一方で、成績優秀な浦美には、史穂が試験の問題を出してあげたりと、切磋琢磨(せっさたくま)する199期の生徒たちの間で何が起きたのか?

1年前に史穂に何か事件があったようです。

199期の生徒と原作ネタバレ

上白石萌歌(役:石上史穂):原作に登場なし

(役:出馬求久):原作に登場なし…原作「教場」第5話の由良求久の改変?

三浦貴大(役:浦美慶介):原作に登場なし…原作「教場2」美浦亮真の改変?

佐久間由衣(役:佐久野みゆ):原作に登場なし

嘉島陸(役:小嘉竜一):原作に登場なし

※重岡大毅(役:出馬求久)さんの原作ネタバレはリンク先を参照してください。

※三浦貴大(役:浦美慶介)さんの原作ネタバレについては次の項目で紹介!

三浦貴大(役:浦美慶介)の原作ネタバレ

三浦貴大さん演じる役:浦美慶介は、原作「教場2」の美浦亮真の苗字と似てるので、モデルにしていると思われます。

なので、原作の美浦亮真を紹介!

美浦亮真は、元医師の桐沢篤と総代(=成績トップの意味)の座を争っていた。

美浦は人を殴れない弱さがあった。

卒業が近づき、総代には桐沢が選ばれる。

美浦は、風間から退校届を渡され、彼を納得させられなければ退校することを覚悟。

そして護身術の授業で風間の相手を志願する。

美浦の父は警察官だった。

風間は、美浦の父が犯罪が起きそうな場所を避けてパトロールし、いつも個人ノルマを達成できず始末書を書いていた「困った人だった」と言う。

「親が親なら子も子だな」と風間は挑発。意識の中で何かがはじけた美浦は、防御をして、雄叫びをあげて手刀で風間の持つゴム製ナイフを叩き落す!

風間は、6年前に誰かと格闘など出来なかった美浦の成長を褒める。

風間は6年前の美浦の出来事を知っていた。美浦は6年前に一度、警察学校を辞めていた。

同僚と本気で殴り合うよう命じられて、しっぽを巻いて逃げた。

前職は大学卒業後の警備員と思われているが、実は高卒後、警察官になり、警察学校・第91期の生徒となった。(美浦の現在は100期)

2回目である今回は無事に卒業できた美浦に対し、風間は警察に「奉職」している理由を教えた。

それは、「会えるからだよ。きみ(美浦)のような学生に」という理由だった。

史穂(上白石萌歌)の休学した事件とは?

原作で美浦は桐沢と総代の座を争う関係。

ドラマ【教場Ⅱ】にはこんな紹介が…↓

出馬と浦美は199期の生徒の中で、ともにクラスのトップを意味する総代の位置を争う優秀な生徒だった。休憩時間には史穂が出馬と浦美に試験の問題を出し、2人が答えを競い合うなど、切磋琢磨(せっさたくま)する2人を見守ってきた史穂。しかし、とある授業をきっかけに、199期の生徒たちに予期せぬ悲劇が巻き起こることに…

https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20201014.html

「出馬と浦美は199期の生徒の中で、ともにクラスのトップを意味する総代の位置を争う」
ということは…

・原作:桐沢篤と美浦亮真は総代の座を争う
・【教場Ⅱ】:出馬求久と浦美慶介は総代の座を争う
⇒桐沢篤が出馬求久(重岡大毅)に該当?
⇒美浦亮真が浦美慶介(三浦貴大)に該当。

桐沢篤は原作「教場2」第1話で警察手帳を無くす人物。盗んだのは南原哲久です。思い出す方もいると思いますが、ドラマ【教場】(2020)で宮坂定(工藤阿須加)が警察手帳を南原にとられました。

となると、出馬求久(重岡大毅)は桐沢篤というより、下の名前が似てる由良求久がモデルと考えられます。由良求久はパトカーを運転中、スズメバチが目の前を飛び回ったと思ったことで、風間をはねてしまう事故を起こします。

このように、モデルを読み解くことから、史穂(上白石萌歌)の休学した事件(1年前の事件)が何か、予想できます。

伊藤健太郎さんがおそらく出馬を演じる予定だったのでしょう。以下の報道もありました。↓

「ドラマで放送されるはずだった出演シーンが、事件とリンクしていて……。伊藤さんのドラマでの設定は、過去に警察学校に通っていたOBなのですが、在学中に“車で人をはねて退学になる”という役柄だったんです。撮影は終わっていますが、当然そんなシーンを放送できるわけがないので、11月中旬に撮り直すことになっています。代役は演技にも定評のあるジャニーズの若手アイドルが務めることが決まっています」(同・テレビ局関係者)

https://www.jprime.jp/articles/-/19344

もしかしたら、休学して再入校するのも史穂(上白石萌歌)でなく、出馬(→重岡大毅)だったのかも?

予告映像で建物から生徒が落ちるシーンがありますが、おそらく交通事故から改変。休学して再入校するのも史穂(上白石萌歌)に改変した、と予想されます。

なので、原作ネタバレとしては、1年前の事件は出馬が起こした交通事故。

しかし、ドラマ【教場Ⅱ】では諸事情が起きてオリジナルエピソードにした、と予想されます。

【放送後の追記】
・ドラマ【教場Ⅱ】(後編)では、交通事故なしに改変していません。出馬は交通事故を起こします。ひいた相手は風間()でなく、総代を争っていた浦美慶介(三浦貴大)でした。
・ドラマでは、出馬求久は車に蜂が入ってきたから暴走してしまったのですが、実は「嘘」でした。
・一方、原作の由良求久はアナフィラキシーショックを過度に恐れている人物。実際にハチも入ってきました。ここは改変されています。(原作は、なぜ車に蜂が入ってきたのかという推理ものになっています。)

【教場II】の原作ネタバレ:松本まりか(役:田澤愛子)は風間の後継者?

ドラマ【教場Ⅱ】で気になる新キャスト(キャラクター)は、松本まりか(役:田澤愛子)です。

田澤愛子は副教官見習いで、ドラマオリジナルキャラクターです。

けれどおそらく、田澤愛子は原作「教場0」「風間教場」に登場する平優羽子(たいらゆうこ)・助教をモデルとした人物でしょう。

【放送後の追記】
田澤愛子は、原作の平優羽子とあまり関係がないキャラクターでした
比嘉太偉智(杉野遥亮)との恋愛エピソードだけは平優羽子のもの。なので田澤は平の一部だけ割り当てた人物になっています。
以下の文章は、平優羽子の原作ネタバレなので、気軽に読んでください。

結論からいうと、

平優羽子は、風間の後継者となる人物です!

(ドラマ【教場Ⅱ】放送時点で)原作最新刊の「風間教場」では…
風間が緑内障(※)のため、残っている方の視力も失っていきます。
ラスト、平優羽子が「教官」、風間公親は「助教」に!

※緑内障は失明原因の上位の病気。 視神経が障害をうけ、視野が欠けていく。一般に完全に治るものでなく進行を遅らせる治療が取られる。

また、平優羽子は(悪いのは犯人ですが)風間が義眼になった原因に関わった人物でもあります。

原作「刑事0-刑事指導官 風間公親-」第6話で、平優羽子は県警本部で指導官・風間公親のもとにつくことに。風間が解決した凶悪事件は山ほどあり、そのひとつが殺人犯・十崎(とざき)でした。

「刑事0」ラストで、(出所していた)十崎に刺されそうになったとき、風間がかばいます。しかし風間の右目に千枚通しが刺さったのでした。「刑事0」では、こんな怖いことがあっても「十崎を逮捕するまで辞めない」と覚悟する平のセリフがあります。

最新刊「風間教場」で、平が助教についたのは、こういう過去があったからですが、風間を刺して逃げた十崎がどうなったのかは触れられていませんでした。消化不良なので、シリーズが続くことを期待します。

ドラマ【教場Ⅱ】も、ある程度、原作を踏まえるでしょうが…風間の目が不自由になるところまで描くのかは注目です。

※北村匠海が「風間が義眼になった過去」に関係する人物(風間の後輩刑事役)として出演することが1/4に発表されました。下記の記事で平優羽子との関係などを予想してみました↓

<関連記事>

コメント

タイトルとURLをコピーしました