『教場0』続編の隠し告知!?「Ⅲの文字があった」「教場Ⅲ」と話題!

風間公親教場0/続編
※当サイトのリンクには広告が含まれます

木村拓哉主演ドラマ『風間公親-教場0-』(教場0)最終話で、最後の最後に映されたタイトルバックに「続編」を匂わせる隠し告知があった!?「」の文字があった!と話題になっています。検証してみました。

【風間公親 教場0】のあらすじネタバレを最終回まで!犯人・十崎(森山未來)との結末を考察!
※「第9話あらすじ」まで紹介中!木村拓哉主演の月9ドラマ【風間公親 教場0】(フジテレビ系、月曜21時)が放送中。風間公親の刑事指導官の時代を描くドラマ。赤楚衛二、新垣結衣、白石麻衣、北村匠海ら人気キャスト集結でおくる話題作です。今回は【風間公親 教場0】のあらすじネタバレを最終回まで紹介します。

『風間公親ー教場0ー』の動画は最新話をTVer(期間限定)で、全話をFODで配信します。※2023年6月時点。

『教場0』続編の隠し告知!?

『風間公親 教場0』最終話では、『教場』(2020年1月)に繋がる「風間公親だ」と生徒に自己紹介する場面で本編が終了。その後、長めのエンドロールが流れた後、さらに映像が流れました。いわゆるポストクレジットシーン(post-credits scene)です。

ポストクレジットシーンとは、映画などのエンドクレジット後の映像で、エピローグやおまけ映像…明かされなかった事実の明示、続編への布石などの映像が流れます。

近年のドラマではポストクレジットシーンがあるのは珍しいというか、キャスト・スタッフ紹介が画面下に表示しつつ物語は進めていくドラマが多いので、そもそもエンドロールがありません。※

※注釈:珍しいというのは筆者の主観が入っています。近年というのも、いつからかは不明瞭。「逃げ恥」など、ダンスしながらエンドロールもありますし)

そのポストクレジットシーンでは、警察学校教官の風間の前に千枚通しを握った十崎(森山未來)が登場し、意味深な言葉を言って消えました。

そしてドラマタイトルが表示されたのですが・・・

このドラマタイトルをよく見てみると、「0」の背景に「Ⅲ」(ローマ字の3)が見えます

「Ⅲの文字があった」「教場Ⅲ」と話題!

視聴者からも「続編」「教場Ⅲ」があると気づき、「確定」「楽しみ」「嬉しすぎる」など、多くの声が上がっています。↓↓

続編が『教場Ⅲ』の理由

しかしなぜ「Ⅲ」なのでしょうか。

ドラマ版の教場シリーズは、スペシャルドラマ『教場』前後編(2020年)、スペシャル『教場Ⅱ』前後編(2021年)が放送されてきて、今回の連ドラで三作目。

しかし連ドラ『風間公親-教場0-』は、教場シリーズの原点。風間公親が警察学校の教官になる前の物語でした。だから「教場0」。エピソード・ゼロ、という意味を込めたのでしょう。

そして「Ⅲ」を隠れ告知したということは・・・時系列的にスペシャルドラマ『教場Ⅱ』の後をすると考えられます。

つまり教場Ⅰ、教場Ⅱのスペシャルドラマの続編を描くから、Ⅲ

ちなみに、原作小説の「教場」シリーズでは、風間公親が警察学校に赴任した頃の小説『新・教場』で、風間道場の教え子たちの手によって十崎が逮捕されたことが明かされています。

しかしドラマ版では時系列や内容を改変するのでしょう。

となると・・・続編ドラマ(または映画)では、『教場Ⅱ』で警察学校を卒業した鳥羽(濱田岳)も十崎の逮捕へ関わっていくと思います。

続編『教場Ⅲ』は小説『新・教場』等が原作!?

原作とドラマと・・・時系列がごちゃごちゃしていますね。

原作小説とドラマ版の対応表は、こちら…↓

原作小説ドラマ版
「教場0 刑事指導官 風間公親」風間公親 教場0(風間の刑事時代)
「教場X 刑事指導官 風間公親」風間公親 教場0(風間の刑事時代)
「新・教場」
※第94期初任科短期課程
「教場」
※第98期初任科短期課程
教場、教場Ⅱ
「教場2」
※第100期初任科短期課程
教場、教場Ⅱ
「風間教場」
※第102期初任科短期課程
教場Ⅱ

連続ドラマ「風間公親-教場0-」の原作は小説「教場0…」小説「教場X…」です。

スペシャルドラマ「教場」の原作は小説『教場』小説『教場2』です。

スペシャルドラマ「教場Ⅱ」の原作は小説『教場』小説『教場2』に加え、小説『風間教場』のエピソードも含まれています。

詳しくは原作の人物とドラマの対応表を以下にまとめています↓

小説『教場』シリーズまとめ!おすすめの読む順番は?
小説『教場』シリーズまとめ!おすすめの読む順番は? 木村拓哉主演でテレビドラマ化して話題の『教場』シリーズ。 原作小説の「教場」シリーズについて紹介していきます。 小説『教場』シリーズのおすすめの読む順番とは? 小説「教場」シリーズまとめ ...

となると・・・

『教場Ⅲ』は、短編集『新・教場』やこれまで描いてない原作エピソードを持ってきそうです。

ただし、十崎が逮捕されるまでの過程のエピソードは、原作ではまだないので、ドラマオリジナルで描くのでしょう。あるいは、原作者の長岡弘樹さんが新刊を出してくれるのか?

そして続編は連ドラなのか、スペシャルドラマなのか、噂がある「映画化」なのかも気になります。

いずれにしろ、続編『教場Ⅲ』の今後の情報に注目ですね♪

画像出典「風間公親-教場0-」HP