【君と世界が終わる日に】3話のネタバレと視聴率!芳根京子の豹変ぶりがすごい!

【君と世界が終わる日に/きみセカ】3話のネタバレと視聴率!、涙からの悪い顔がたまらない!

今回から登場する人気女優・美亜役の芳根京子。

さすが朝ドラ女優!劇中の女優役でも名演技、泣かせてからの裏切りがすごい。

今回は【君と世界が終わる日に/きみセカ】3話のあらすじネタバレ、視聴率、感想について!


ADVERTISEMENT

【君と世界が終わる日に】3話の視聴率

【君と世界が終わる日に/きみセカ】3話の視聴率は8.0%でした。2話より0.2%の微減という結果に。

【君と世界が終わる日に】3話のあらすじ

【きみセカ】3話のあらすじです。

避難所であるはずの自衛隊駐屯地に辿り着いた響()たち。突然撃たれて倒れた本郷()を残し、響たちは命からがら車で逃げる。自衛隊内部では、響たちが先に発砲したという虚偽の報告がなされ、テロ集団とみなされていた。

しかし桑田(浅香航大)は、沢(堀家一希)に、最初に見た報告書では最初に発砲したのは自衛隊側となっていた、誰かが報告書を書き換えたと話す。研究者・首藤()は来美()の血液検査の結果を見ていた。

ショッピングモールで女優・美亜(芳根京子)に遭遇

3日後——。夜ごと凶暴化するゾンビから逃げて疲労困憊しながらも響たちは、封鎖区域の外・横浜を目指していた。

夕闇が迫る中、響たちはあるショッピングモールに逃げ込む。警戒する中、出てきたのは化け物ではなく助けを求める若い女性。それは人気女優の中越美亜(芳根京子)だった……。

その頃、来美(中条あやみ)は桑田に銃声のことを聞く。テロ集団だと言う桑田だが、湾岸エリアでサンプルの採取をしていたときに生存者がいる形跡を見た、彼らは弓や銃を持っていると話す。弓と聞いて響たちのことではないかと思う来美は、サンプル採取に連れて行ってほしいと頼むが、桑田は彼らにはじきに射殺命令が出るから無理だという。

ショッピングモールで久しぶりにシャワーを浴びてリフレッシュする響たち。等々力は響とだけは二度と会いたくなかったと過去の因縁をちらつかせる。佳奈恵()はここで救助を待ちたいというが、等々力は警察が守るのは従う人だけ、と却下。等々力に従うべきという響にも幻滅した佳奈恵は部屋の外に出て行く。

等々力も響も立派だ、仲間に入れてほしいという美亜。響がここにいた理由を美亜に聞いたとき、物音が聞こえる。

佳奈恵が人質に!来美は研究所の真実に直面

日本刀を手にした謎の集団が現れる。ゴーレムをここから全部追い出したのは自分たち。人質に取った佳奈恵と引き換えに、警官である等々力の銃を渡せと迫る。ハル(田中道子)が佳奈恵の髪を刀で切る。「人間のやることじゃない」という美亜を置いていくと坪井(小久保寿人)は、響たちに「頭がおかしいから気をつけろ」と言い残す。

最後の検査を受ける来美。サンプル採取に参加して響を探しに行かせてとジアン(玄理)に頼む。拒否されると葛島(八木拓海)を人質にとる。騒ぎを聞きつけた首藤(滝藤賢一)がやってくる。首藤は施設の一室で実験台にしているゴーレムたちを来美に見せる。

彼らを動かしているのは脳内のゴーレムウイルス。人類の歴史には動物実験を繰り返してきた。自分たちは噛まれてもゴーレムウイルスに感染しないワクチンの研究をしていると話す。

【君と世界が終わる日に】3話のネタバレ

【きみセカ】3話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を!

美亜(芳根京子)はゾンビの彼も愛してる?

ショッピングモールでは、佳奈恵をどうするかで揉める。ひとりの命より全員の命のほうが重いという等々力に、銃も渡さず佳奈恵も救いたいという響。しかし響は美亜のことを疑っていた。仲間がいることを言わなかった。また何かあれば寝返るんじゃないか、芸能人なのになぜ横須賀にいたのか。

美亜は彼に会うためにオフのたびに横須賀に来ていた。刀集団も最初は美亜と彼を守ってくれたが、彼がゾンビ化してからは「人間じゃない、殺せ」というようになった。でも美亜はゾンビになってしまってもまだ彼のことが好きで、彼のことを隠していた。

美亜と彼のことを知り、ひとつにまとまった響たちは、銃はひとつだと思われていることを利用して佳奈恵を助けることに。1つの銃と引き換えに佳奈恵を救出する作戦をとる。

来美(中条あやみ)はサンプル採取の試験に挑む。檻の中で鎖に繋がれたゴーレムの頸動脈からサンプルを採取する。激しく動くゴーレムにひるむが、響に会いたい一心の来美は絶対諦めない。必死に立ち向かい、見事にサンプルを摂取する。

約束通り、サンプル採取のメンバーに加わった来美を見て、なぜ肩入れするのかがわからないというジアン。首藤は来美の遺伝子検査結果を見せる。驚くジアン。首藤はいう。

いわば彼女はこの世界の最後の希望なんです。

美亜(芳根京子)、まさかの裏切り

坪井とハルを筆頭にした大勢の刀集団と対峙する等々力。銃と銃弾と佳奈恵を交換する。助けられた、そう思ったそのとき、坪井が響を大声で呼び出す。仕方なく弓を持って出て行く響。ミュンジョンは銃で坪井を脅す。

しかしそのとき、結月(横溝菜帆)を人質にした美亜がやってくる。美亜はゾンビを殺し、紹子(安藤玉恵)を縛り上げていた。美亜はやはり刀集団のスパイだったのだ。

響たちの持っている武器のすべてを坪井に報告する。

いいことを教えてあげましょうか。

この世界では、信じたほうが負けなの。

【君と世界が終わる日に】3話の感想

女優役としての名演技で、見事な豹変ぶりを見せてくれた芳根京子。ゾンビの彼の手を持ったときは感動すらしたのに…。

まだまだキーパーソンとして活躍してくれそうです。

来美の血液が「人類の最後の希望」ということは、ゴーレムに噛まれても感染しない抗体を持っているということなのか!?

それにしても殺さなければ殺されるとはいえ、みんながどんどん強く残酷になっていきますね。

次回は、響と来美がショッピングモールでニアミス!放送は2月7日(日)よる10時30分です!

【君と世界が終わる日に】の動画はHuluで独占配信中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました