【君の花になる】第5話の視聴率と感想!8LOOM存続を賭けた運命の週間ランキング発表!

】第5話の視聴率と感想!

主演の火曜ドラマ【】第5話が2022年11月15日(火)に放送されました。

弾の想い、リーダー宝の苦悩、様々な苦難を乗り越え、一段と絆を深める8LOOMに

とうとう週間ランキングの発表の日がやってきた!

今回は】第5話のあらすじネタバレ・感想について。

【君の花になる】のネタバレあらすじ結末を最終回まで!予想される結末と出演者紹介!
【君の花になる】のネタバレあらすじ結末を最終回まで!2022年10月期の火曜ドラマ【君の花になる】が10月18日スタート!挫折した元教師の寮母と売れないボーイズグループが共に夢に向かう成長物語です。今回は【君の花になる】のストーリー予想や全話あらすじネタバレを最終回までお届けします。
】の配信
Paraviで全話配信
※本ページの情報は2022年7月4日時点のものです。

【君の花になる】第5話の視聴率

第5話の視聴率は世帯5.3%、個人3.0%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

前回より0.2ポイントの上昇。始めてのアップです。

【君の花になる】第5話のあらすじネタバレ

】第5話のあらすじネタバレです。

第5話のあらすじ

8LOOMの新曲「Melody」の週間ランキングが芳しくない。契約更新が絶望的な状況にあす花()は「落ち込んでいる時間がもったいない!私も徹底的に応援する」と弾()らに気合いを入れ直す。そんな中、なる(宮世琉弥)からあす花への思いについて突っ込まれた弾は、モヤモヤした様子。そして、香坂()の計らいで8LOOMにライブ出演の話が舞い込む中、リーダーの宝(山下幸輝)に異変が……。

ここからネタバレです。

くじけないメンバー

8LOOMの新曲がリリースされ、最初のデイリーランキングが発表された。87位だった。

このままでは契約更新は厳しい状況だ。ショックを受けるメンバーたち。あす花()はメンバーに発破をかけるため弁当を作って会社へ行く。「落ち込んでいる時間がもったいない」そう言うあす花だったが、その言葉はすでに弾()が言っており、メンバーは残り時間で1位を獲るために前を向いていた。

そんな中、なる(宮世琉弥)が弾にあす花との進展を聞くが、弾はそういうのじゃないと否定。なるはあす花といる時の弾はいい顔をしている、後悔してほしくないと伝える。

宝の苦悩

メンバーがあす花の弁当を食べようと集まっている時、宝(山下幸輝)がひとり離れ、ノートに何かを書き込もうとしている。が、何も書けないで神妙な表情。

買い物中のあす花。偶然行き会った(志田彩良)に声をかける。契約更新のことを心配している。気にしないフリをしているみんなに気づかないフリをして応援するだけと答えるあす花。は自分が推している弾の本心に気づいていた。が、まったく気づかないあす花を歯がゆく感じている。弾に「お礼(棚を直した)を楽しみにしてる」と伝えてほしいと伝言する

そんな中、ランキングは102位に後退。ショックを隠せない弾が、宝が置き忘れたノートに気づく。そこにはメンバーそれぞれのいい所が書かれていた。しかし宝本人のものは書かれていなかった。取りに来た宝と話す弾。宝は週間ランキングの発表までがんばって自分のいい所を書くと宣言。そしてこのノートはあす花からリーダー就任時にもらったものだと教える。

あす花と宝

マネージャーのすみれ()がLIVEハウスでのライブの仕事を持ってくる。そしてその様子を「王様のブランチ」で生中継するという。宣伝効果は抜群だ。喜ぶメンバーは、目を引くパフォーマンスを考える作戦会議を始める。キッチンで見守っているあす花が宝に目とジェスチャーで「行け」と合図、その様子を弾が気づく。あす花に煽られた宝が意を決してダンスパートに立候補する。ガッツポーズを送り合う宝とあす花にモヤっとする弾。

LIVEに向けて

メンバーはレッスン、生配信、ラジオ出演などなど、積極的にがんばっている。その甲斐あってランキングは68位まで上昇。巷でも評判になっていった。

屋上で個人的にダンスのレッスンをしている宝。ノートの自分の欄に”ダンスめちゃめちゃがんばっている”と初めて書き込むことができた。が、その足は痛そう。

弾にへのお礼のおせっかいを焼くあす花。プレゼントするとか、食事に行くとかと攻め立てるあす花に「行かねえよ。俺、他にいるから。気になってる人」と言って部屋を出ていく弾。あす花はその気持ちに気づかず、嬉しそうに納得している。

そんな時、8LOOMのレッスン終わりにやってきたトリニティ()。すみれに追い出される。そしてすみれからトリニティは社長のヒモだと聞かされ驚くメンバー。

帰り支度を終えたメンバー。有起哉(綱啓永)が帰りに銭湯へ行こうと言い出すが、宝は先に帰ると言い、来ていたあす花と連れ立って帰っていく。それを見ていた弾はまたもやモヤ。

銭湯のあと、にお礼として明日のLIVEのチケットを渡す弾。「あす花さんに何か言われた?あの人に言われると素直なんだね」と嫌味な。でも本心は嬉しいのだった。

宝が負傷

買い物を付き合っていっしょに帰ってきたあす花と宝。と、突然宝が倒れる。その足にはテーピング。寮で足を冷やしてあげるあす花。黙っていてほしいという宝にそれは出来ないとあす花。帰ってきた弾と竜星(森愁斗)がいっしょに宝を病院へ連れていく。結果は靱帯損傷で全治2週間。自分を責める宝。竜星は宝は太陽のようで、宝のようになりたかった。と告白する。弾は宝のことに気づけなかったと謝る。自分がダメだと言い合う二人を竜星が止め、「みんなダメダメなんかじゃない。8LOOMは最高最強のグループだ」と言う。「そうだな。おれらがおれらに胸はってねえと、そんな奴らの曲が1位とれるわけねえよな」と弾。

「俺のことはいいから」と言う宝に座ってパフォーマンスすることを思い立ち、みんなで振付けを考える。

いよいよLIVE当日

いよいよLIVE当日。小さい小屋だが、客席は満席だ。その中にはあす花と姉の優里()や、お忍びでやってきたリリカ(川津明日香)、、そしてファンだったのかなぜかHIKAKINの姿もある。一段と絆が深まったメンバーは、宝の掛け声でステージに向かう。

生中継も始まり、特別に椅子に座った振り付けで新曲「Melody」と「Come Again」の2曲をメドレーで披露するメンバー。歌い終わると弾は客席のあす花を見ていた。

お疲れ会をしているすみれ、あす花、優里、ケンジ(宮野真守)。「週刊ランキングがダメでもあきらめません」と言うすみれ。彼らなら奇跡を起こせるかもしれない、契約が切れるまでやり抜くとの宣言に「付いて行きます」とあす花。

その夜、例のノートを宝に渡す弾。その宝の欄にはメンバーが書いた宝のいい所がたくさん書かれていた。「宝は俺たちの宝」「お前が8LOOMにいてくれてよかった」そんな言葉に涙を流す宝。みんなが宝の周りに集まってきた。

週間ランキング発表

ランキング発表当日。寮で携帯を見ているあす花。下位から上へスライドしていく。なかなか出てこない「Melody」。すると、3位のところに「Melody」が現れる。がっかりするあす花。そこへ弾から電話が入る。「がんばったよ、3位でも…」と悲し気に応えるあす花に「あんた最後まで見てねえのかよ」と弾。さらに上へスライドすると、1位に「Come Again」が!「どこにいんの?」「寮にいるよ」「わかった今行く」「行くって…」「あんたの所だよ」「なんで?」「あんたの顔が見たいから」。寮へ向かって走りだす弾。落ち着かないあす花が外へ出る。走ってきた弾。見つめ合い立ち尽くすふたり。弾の後ろから「佐神!」の声。するとが弾に抱きつく。「おめでとう!」。それを見て胸を押さえるあす花。これは初めての嫉妬?

つづく。

【君の花になる】第5話の感想

展開のうまさ

やられました。通常では1位になるか惜しくもならないかの二者択一の展開が定石ですが、一旦3位でがっかりさせておいてからのまさかの別曲1位という展開。なかなかの盛り上げでした。感動も倍増でしたね。

あす花の嫉妬

お疲れ会のシーンで取ってつけたようなあす花の嫉妬の話題。これは当然ラストの布石でしたね。

これまでは弾の一方的な想いばかりでしたが、6話からの後半であす花の心境も変わっていくと言うことなのでしょう。あす花が弾を意識し始めると何か波乱が始まりそうですね。

【君の花になる】第6話の情報

第6話に塚本高史と前田公輝が出演

次週、第6話にが出演するそうです。ふたりはあす花の教師時代の同僚と言う役どころ。あす花の教師時代の事件も明らかになるのでしょうか?

4thシングルが配信

次週の番組終わりから6話の中で初登場する8LOOMの劇中歌「HIKARI」が4thシングルとして配信リリースされることが発表されました。楽しみですね。

記事内画像出典:『君の花になる』公式サイト

コメント