【ケイ×ヤク】8話のネタバレと感想!莉音(栗山千明)「生きてて」視聴者の声が届くか!?

ケイ×ヤク

【ケイ×ヤク】8話のネタバレと感想!莉音()「生きてて」視聴者の声が届くか!?

【ケイ×ヤク・あぶない相棒】8話が3月3日に放送されました。

・一狼()、獅郎(犬飼貴丈)、莉音()が、東京テトラ爆破事件の真相に迫る!

・大須(板尾創路)と山田()が繋がる“諜報員J”は何者?

・一狼が匡(吉村界人)と接触!

日本テレビ【ケイ×ヤク・あぶない相棒】8話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【ケイヤク】の全話はHuluで!Huluオリジナルエピソードも配信!(2022年3月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)


ADVERTISEMENT

【ケイ×ヤク】8話のネタバレ

【ケイ×ヤク】8話のネタバレを紹介します。

プロローグ

朝。

歯磨きをする獅郎(犬飼貴丈)と一狼()。
獅郎が歯ブラシを加えたまましゃべるものだから、一狼は
「ちゃんとしゃべろ」と注意。

**

大須総理(板尾創路)は、山田()から一狼()と獅郎(犬飼貴丈)が店に来たこと知らされる。

一方、一狼、獅郎、莉音()は、大須と山田が「J」と繋がっていると確信する。
大須と山田がJと繋がる証拠が必要だ。
関係者の口を割らせるしかない。

その時、獅郎に中村(松本利夫)が行方不明だと知らせが入る。
恐らく、山田の仕業だろう。

こうなったら、大須か匡(吉村界人)に接触するしかない。
一狼は匡の入院先に“看護師のS”を潜入させていた。

匡が退院すると情報を得る。
動くなら今夜。

獅郎に大須から「会いたい」と連絡が入る。
大須は獅郎が事件の真相を突き止めようとしていると知っていて連絡をしてきた。会うことは危険だという一狼だが、獅郎は大須に会うと決意。

獅郎、命がけで大須に会う

獅郎は大須と会う。

莉音は地下駐車場で二人の会話を盗聴し待機。

大須は獅郎に
「何が目的で近づいたか」
と問う。

獅郎は、銃を大須に握らせ、銃口を自分の額につける。

「俺を殺すために来たんでしょ」

大須は、ここで手を引け、と言う。

「20年前の爆破事件、山田と関係して隠ぺいしたのか?さっさと答えろ」
と獅郎。

「それは国下一狼も承知か。あの男のことは調べた。勝ち目のない闘いを続けるほど馬鹿じゃないだろ。だからいい加減手を引け」
と脅してくる大須。

銃を額から離す獅郎。

「本気で言ってるの?相手が誰だろうが、真相は必ずハッキリさせる。覚悟はとっくにできてるんだよ」

大須は「残念だ」と立ち去ろうとする。

「待てよ。20年前、あんた一体何をしたんだ」
銃を大須に向ける獅郎。

「決めたのはお前だ」
大須は立ち去る。

**

匡に一狼は電話。

一狼は
「そんな生活いつまで続ける、澤口みたいになるぞ。俺が助けてやる。敵側に奪われ死なせたくない。その代わりにすべてを話せ」
と説得する。

それは裏切りとなされ殺されるという匡に

「お前は協力するんじゃない、俺達に拉致されるんだ」
と一狼は提案。

獅郎、一狼、莉音の旅行計画

獅郎を心配する莉音。
獅郎が戻ると笑顔をつくり「帰ろう」と肩を叩く。

その夜。
莉音は一狼に、大須は山田との関係を否定しなかった、と報告。

さらに、莉音は獅郎に命の危険をおかすやり方を注意する。
「あんなやり方やめて。獅郎を失うなら私は一生死人でいい」とまで言う。

獅郎は「もう二度としない」と約束。

獅郎、一狼、莉音は、いつものように缶ビールを飲む。

3人で旅行に行こう、と会話は弾む。
「風呂付の部屋にしよう」と一狼が言うと獅郎は「一緒に入るのか」とニヤニヤ。

一狼は、入れ墨があるからだろう、と焦りまくり。

「いつか必ず三人で行こう」
と約束の乾杯。

莉音の命は?

一狼は、計画を実行。

転院するタイミングを見計らって、匡を拉致するフリをする。
匡を車に乗せ移動する一狼。
獅郎と莉音が待つ駐車場に。

その時、エミリ(青野楓)が、発砲していくる。

莉音がエミリを追い、獅郎もそのあとを追う。
エミリは莉音に仲間にならないかと誘う。

**

一狼は匡と行動。

何者かが発砲。

そこに、林(三浦誠己)から電話がある。

「そいつは返してもらうよ」

そして、すぐに一狼の目の前に。

林の後ろには男らが銃を構えて一狼にむけている。

**

莉音と獅郎は手分けをし、エミリを探す。

莉音は、必ず真実を見つける、とつぶやく。

獅郎がエミリを見つけ、殴り合いに。

**

一狼「お前がJだな」

林「その呼び方は好きじゃない」

その時、匡が逃げようとした。
すかさず、足元に弾が。男が発砲したのだ。

「何してる、戻れ」と一狼。

林を「先生」と呼ぶ匡。

「変わらないな、君は、昔からいつもそうだった。戻ってくるなら殺さない」
と林。

一狼は、林に銃口を向けまま、事件のことを問う。

しかし、林は答えず。

**

銃の音を聞き、一瞬、獅郎が立ち尽くす。

隙をついたエミリは獅郎に銃口を向ける。
獅郎が危機に!

「サヨナラだ」
というエミリ。

そこに凛音が。

エミリを縛り、急いで一狼の元に向かう。

**

一狼と莉音がエミリを連れ、一狼の現場に。

匡が林のもとに走り出す。

林はエミリに
「ご苦労」と言い発砲。

莉音がエミの前に走り出て撃たれてしまう。

「そいつには絶対に罪を償ってもらう」
と莉音。

林は「またな」と立ち去ってしまった。

意識を失う莉音を抱きかかえる一狼。

「先輩」
「姉貴」

二人の声が響く。

おまけ8

ゴミ出し当番でもめ始める一狼と獅郎。
明日は獅郎がプラゴミを捨てる番。

プラスチックごみはなかった、と言い出す獅郎。

一狼は、今朝、歯磨き粉なくなった。

「あれはプラゴミだ」と。

獅郎は、まだ絞り出せば歯磨き粉はある、だから「あれはゴミじゃない」
と言い張る。

気合いを入れて、チューブを絞っている。

<続く>

【ケイ×ヤク】8話の感想

旅行の話をしているときから、莉音を心配する声が。衝撃ラストに心配の声がTwitterに。
おまけも毎回話題。人気です。

【ケイ×ヤク】8話の感想を紹介します。

【ケイ×ヤク】8話のまとめ

【ケイ×ヤク】8話は、爆破事件の真相にジワリと迫りつつ、衝撃展開に。莉音の死亡説も流れ、不安ですが、きっと生きて3人で旅行に行ける、と願っています。

いつも楽しみな「おまけ」。
今回もたっぷりと楽しませていただきました。冒頭シーンと繋がる「歯磨き粉」事件。獅郎も一狼も無邪気でカワイイ。事件を追う姿とは別人でそのギャップが魅力です。

Jは林。林は匡の先生だったとわかりました。山田の存在、大須の存在、その裏にある爆破事件の真相。いよいよ、残り2話。証拠集めとともに謎が明かされていくと思われます。

次回予告

・大須総理と対峙!

・黒幕は複数!?

次回もお楽しみに♪♪

 

記事内画像:【ケイ×ヤク】公式サイト

コメント