【ケイ×ヤク】6話のネタバレと感想!おまけが話題、一狼の純真さにビックリ事実!

ケイ×ヤク

【ケイ×ヤク】6話のネタバレと感想!おまけが話題、一狼の純真さにビックリ事実!

【ケイ×ヤク・あぶない相棒】6話が2月17日深夜に放送されました。

・一狼()が爆破事件の犯人=野々村()と面会!
・獅郎(犬飼貴丈)は一狼を心配し……。
【おまけ】に大注目!

6話もハラハラ展開!
日本テレビ【ケイ×ヤク・あぶない相棒】6話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【ケイ×ヤク・あぶない相棒】はHuluで視聴できます。(2022年2月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。
オリジナルストーリーも配信決定!お楽しみに♪♪

漫画【ケイ×ヤクーあぶない相棒ー】は【まんが王国】で!1巻が無料で読めます♪♪(2022年2月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

ebookjapanでも漫画が楽しめます♪♪


ADVERTISEMENT

【ケイ×ヤク】6話のネタバレ

【ケイ×ヤク】6話のネタバレを紹介します。

一狼、獅郎、莉音の推理

国下一狼()と獅郎(犬飼貴丈)が一枚の毛布で寝た翌朝。

莉音()とともに、大須匡(吉村界人)の同級生、澤口実(前原滉が自殺したというニュースを知る。

そこに田口(徳井義実)から、大須匡が入院したと連絡が入る。

澤口は殺され、匡は自分も殺されると思い身を隠したのだろうと推測する。

莉音は、自分が襲われたとき、男たちがエミリ(青野楓)にも攻撃していたことを思い出す。

以上のことから考えられるのは……。

・諜報員と匡たちと何らかのトラブルがあったのかもしれない。
・澤口は口封じで殺された可能性が大きい。

一狼が野々村と面会

一狼は、真相を突き止めようと、爆破事件の犯人=野々村和彦()に面会すると決意。

獅郎は、そんな一狼を心配する。

**

一狼は、田口にその旨を伝える。

すると、森川大貴が行方をくらましていると知らせる。

「野々村と会って、冷静でいられるのか」と田口もまた一狼を心配する。

一狼は、刑が執行される前に会いたい、と固い決意を伝える。

**

一狼は、野々村と会う。

事件の矛盾点を伝える。

矛盾点

・20年前、組織的なテロ事件となっていたのに、野々村が自首をした。
・供述通り、物証は揃っているが、それを裏付ける証言がない。

「あなたが全てを話さない限り、事件は闇のままだ」
と熱く語る。

「もう、終わったことだ」という野々村。

「事件は終わってない、犠牲者が出ている」と言うも

「あの爆発で私は時間を止めた」

と言って野々村は席を立ってしまった。

千夏のチョコレート

獅郎が帰宅すると、一狼がカレーを作っている。

獅郎は甘口が好み。
獅郎用にカレーをとりわけ別鍋で作ってあげる。

一狼は、面会で何も聞きだせなかったが、施設の事を切り出したときに反応を示したことを伝える。

獅郎は一狼を励ますも一狼は
「適当に食べてて、俺の事は待たなくていい」
と出ていく。

険悪ムードが漂う。

**

一狼は、千夏に会いに行く。

千夏は一狼にバレンタインのチョコレートを渡す。

千夏(荻原みのり)は、この頃、獅郎が来ないけど「元気?」と訊ねてくる。

千夏から見ると、獅郎と一狼は似ている。

仕事をバリバリやっていそうな雰囲気だから。

一狼に言わせると、獅郎とは違うという。

獅郎はいつも人のことばかり考えているからだと。

一狼と獅郎が喧嘩したなと思う千夏は
「仲直りしたほうがいいよ」
と、獅郎へのバレンタインチョコレートを渡す。

**

獅郎がひとりでいると莉音が帰宅。

東幸子(中田クルミ)が行方をくらました。

森川も行方がわからない。爆破事件の鍵を握る4人のうち、現時点で生存が確認できているのは大須匡だけ。

獅郎は、一狼が野々村の面会に行ったのは自分のせいだと思っている。

莉音は、それが本心なのだから仕方がない。それに“一狼の勘”を信じる、とも。

**

一狼が帰宅。

千夏からのチョコを渡す。

千夏のチョコのおかげで仲直りをする二人。

獅郎は、野々村のことを何も知らないと気づいた、という。

とにかく周辺を調べてみる、と。

野々村の告白(爆破事件犯人になったわけ)

獅郎と莉音は、当時の職員に話を聞くことにする。

獅郎が連絡をとり、当時の施設園長先生(麻丘めぐみ)と会う。

莉音は死んだことになっているから直接会えず、他の席から話を聞いている。

獅郎は野々村のことを訊ねる。

**

一狼は再び野々村に会いに行き、爆破事件のことを語る。

「あの事件に遭遇していなければ、あなたに会うことも、獅郎と莉音と出会うこともなかった。事件で両親を失いそして、警察官になった。
莉音先輩は、姿を消した。そして、獅郎は行方を追うために、峰上組に潜入し若頭にまでのもりつめている。
あなたは施設を守ろうとしているでは?」

**

獅郎は、園長から経営が大変だったことを聞く。

野々村が施設を潰さないようにと力になってくれたが、結局、施設は潰れた。
事件の少し前に、不思議なことがあったと言う。

・匿名で寄付金があった。
・野々村におかしな電話があった。

この証言から……。

・寄付したのは野々村ではないか。
・そのお金の出所は借金。いわゆる闇金。
・電話は闇金からの督促だろう。
・お金は峰上組から借りていたのかもしれない。

以上のことが判明し、一狼は、再び野々村に会う。

野々村はすべてを白状した。

・野々村は施設と子供たちを守るために借金をした。
・借金を帳消しにしてこの先も施設への援助を行うと約束をし爆破事件の犯人として自首をした。

「私は何も守れていなかったんですね」

一狼のつけたマイクでその話を聞く獅郎と莉音は涙する。

「あなたの声は伝わっています。あなたの時間が再び動き出すことを願っています」
と一狼はマイクを見せる。

**

一狼は田口に野々村のことを伝える。

・野々村は峰上組傘下にある闇金だった。
・取り次いだのは中村という男。
・それが獅郎の兄貴分の中村(松本利夫)かどうか調べている。

田口は再審請求をすると約束。

**

獅郎は一狼にお礼を言う。

野々村の心を動かしたのは、一狼と莉音だからだ。

一狼は獅郎に
「礼を言うのは俺の方。人を想う大切さを教えてくれた、ありがとう」と言う。

「何をやるにも体が資本。食生活を改善しろ。すべてが終わったあとに、こんな風に話がしたい。だからちゃんと食べろ」とも。

一狼と獅郎は缶ビールを飲む。

獅郎は玉子焼きを頬張る。

大須総理が獅郎の実態を知る

森川が射殺された。
後ろ姿が映る。(エミリだと思われる)

匡は病室で、森川が死んだニュースを見ている。

そこに、大須公昭(板尾創路)が。

「正直に言え。このままだと私もお前も終わる」

「林の手先の女が現れて、俺達を脅した。だから、刺客をおくった。けど全滅だなんて。僕だってあんなことしたくなかった。けど、こいつらが。この2人が僕たちを嗅ぎ回っている」

獅郎と一狼の写真を見せる。

公昭は獅郎の実態を知る。

写真を手にして茫然とする……。

おまけ6

一狼は千夏にメッセージ。
「今夜くらい楽しんでくればいいのに」

「千夏はそんなんじゃない」

フラストレーションたまるだろうから、女の子を紹介すると言い出した獅郎に

「俺の初めては好きな人と決めているんだ」と一狼。

獅郎は驚き笑いだす。

「まじか。お前、童貞?」

「うるさい」という一狼に

「この童貞ペンギンが」

童貞ペンギンの意味がわかずにいる一狼。

皇帝ペンギンと皇帝と童貞が似ているからという説明付き

<続く>

【ケイ×ヤク】6話の感想

一狼と獅郎の会話が「面白い」の声、そして、おまけがTwitterで話題に!

【ケイ×ヤク】6話の感想を紹介します。

【ケイ×ヤク】原作者の薫原好江さんもツイート♪♪

主題歌を歌う『OCTPATH』のメンバーがゲスト出演しています。ファンからの声もたくさんありました。出演メンバーは、高橋わたる さん 栗田航兵 さん 四谷真佑 さん 太田駿静 さん!

【ケイ×ヤク】6話のまとめ

【ケイ×ヤク】6話は、野々村から大事な証言を得ることができました。アクションシーンはほぼなく、じわじわと真相に迫るストーリー展開が絶妙。

シリアスな中に、一狼と獅郎の何気ない会話があり、そこがまた楽しめる要素。
毎回、おまけも楽しみにしています。
6話はかなり強烈なおまけ。皇帝ペンギンも話題になる衝撃事実。一狼の大好きな人は千夏ちゃんでしょう。まさか獅郎!?とチラリと思っています。今後のラブ展開も気になります。

次回予告

・謎の男=林が登場。その正体は?
・千夏が危ない!?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【ケイ×ヤク】公式サイト

コメント