【警視庁アウトサイダー】6話のネタバレとあらすじ・テレ朝の刑事ドラマをディスる上白石萌歌と濱田岳⁈

当サイトのリンクには広告が含まれます
警視庁アウトサイダー
テレビ朝日系木曜ドラマ【警視庁アウトサイダー】6話が2月9日に放送されました。映画『ドライブ・マイ・カー』で米アカデミー賞・国際長編映画賞に輝いてから初の連続ドラマ主演作となる元マル暴オヤジ刑事を演じ、秘密をひた隠すエース刑事・、やる気ナシ新米刑事・上白石萌歌というスネに傷をもつグレーな刑事が絡んだひと癖ある刑事ドラマ。今回はアニメのアクリルキーを握りしめていた女性の突き落とし事件を追います。
この記事では【警視庁アウトサイダー】6話のネタバレとあらすじをお届けします。
目次

【警視庁アウトサイダー】6話のあらすじ

10年前、蓮見光輔(濱田岳)の父・梶間優人(神尾佑)が冤罪に巻き込まれたホステス殺人事件の手がかりを求め、架川英児(西島秀俊)は単身、長野県春蘭市に乗り込んだ。その直後、桜町中央署管内では、看護師・今野静香(高橋美津子)が何者かに駅の階段から突き落とされる事件が発生。静香は幸い一命をとりとめたものの、意識不明の状態だった。
蓮見光輔、水木直央(上白石萌歌)らが防犯カメラを確認したところ、黒のパーカーとマスクで顔を隠した謎の男が静香を押して走り去っていたことが発覚。だが、静香は元入院患者・白土祐吾(七瀬公)も見舞いに訪れるほど同僚や患者から慕われているらしく、トラブルに巻き込まれている様子はなさそうだった。
また、事件発生時、被害者はコアなファンが多いアニメ『降魔の射手』のキャラクターアクリルキーホルダーを握りしめていたが、娘の萌(リコ)によると、静香はアニメにまったく興味がなかったという。ところが、スマートフォンの履歴を調べると、彼女は事件直前、『降魔の射手』のファンが殺された半年前の未解決事件を検索していたことが判明。なぜ静香がその事件を調べていたのか、光輔と直央は関係を探りはじめる。
その頃、架川は10年前のホステス殺人の被害者・歌川チカ(水崎綾女)が勤めていた店『コフレ』を訪れていた。古参のバーテンダー・立石錠(正名僕蔵)の情報から、当時の人気ホステス・田並史江(高橋かおり)の存在にたどり着いた架川。史江は“ある人物”を捜してくれたら、架川の質問に答えると、交換条件を突きつけて…!?

【警視庁アウトサイダー】6話のネタバレ

蓮見の父との18年前の出会い

刑事だった父が冤罪で逮捕された蓮見(濱田岳)の味方になって嫌のは警視庁の人事むのいる羽村だった。18年前、羽村は蓮見の父に会っていた。東大受験に2度失敗。生きる意味を失い、橋から飛び降りようとした時、声をかけたのが蓮見の父だった。その時、足を押さえたのが、まだ子供だった今の蓮見だった。それから兄弟のように2人は過ごしてきた。そして、蓮見の父に警察官になることを誓ったのだった。それを架川(西島秀俊)に伝え、羽村は「僕と一緒に戦って欲しい」と話す。

突き落とし事件とアニメ

歩道橋からの突き落とし事件を追う蓮見と水木(上白石萌歌)。女性はアニメのカードを握りしめていた。蓮見と水木は被害女性の娘に話を聞くが、アニメは興味がないという。そこへ白戸という男が現れる。看護師である被害女性に命を救われた恩人だという。

署に戻り、水木は蓮見に「白戸が犯人です!。刑事ドラマで勉強しました。特にテレ朝は安易にそういう設定にするんで」。しかし、蓮見は「犯人は現場から走り去った。白戸は杖をついて歩くのがやっとだろ」。「勉強し直します。学ぶのは現場で。ダメだよ、ドラマとか、特にテレ朝とか」

被害女性のスマホには、アニメフェスを調べた形跡が。半年前、アニメファンが殺された東京アニメウェーブ事件があった。なぜ、この事件を調べていたのか。

アニメ「降魔の射手」は、人間が獣の奴隷になっている世界を描く。被害女性が握りしめていたアクリルキーホルダーは入手困難なレアアイテムだが、偽物だった。鑑定した仁科(優香)は本物を持っていた。アクキーを買った被害女性が偽物であることを知り、売人と揉めたのでは、と仮説を立てる水木。売人を探すため、蓮見と水木はファンが集まる会場へ向かう。

しかし、偽造品の入手先を聞いても、答えてくれない。

警視庁アウトサイダー

架川は有休をとり、春蘭市で捜査

一方、架川は有給休暇で旅行へ。蓮見の父の冤罪を調べるため、春蘭市を訪れていた。

コフレという店に入るが、やくざと間違われ、帰ってくれと言われる。架川は過去の事件についてマスターに聞く。小浜美代子(石野真子)は事件後、音信不通に。現在は東京で店を出したが放火された生死を彷徨っている。殺された歌川と梶間刑事が愛人関係だったとキャスト全員が証言したことには、違和感があったという。

まるで誰かに仕組まれたように口裏を合わせたのでは。

それができるとしたら、田波ではないかという。小浜の後にママの座に。今はライバルの店へ。ナンバー1、2を連れて行った。

田波に会う架川。しかし、逆に人を探せない?と頼まれる。ミーってキャストを探してくれたら、話す。3日後のパーティーにどうしても必要なのだという。ミーは太客を持っていたことがわかる。

警視庁アウトサイダー

当麻が握っている秘密は

信濃一家の当麻(鈴木一真)が正式に鷲見組に籍を置いた。幹部の椅子を用意されていた。鷲見組にとって重要な秘密を握っている。そのことを蓮見は、架川に電話で告げる。

その電話で水木はファンが口を割る方法を架川に尋ねてヒントをもらう。

架川も、ミーのロッカーからマリアージュっていうチューリップの花がロッカーに落ちていたことから、誕生花で2月13日にヒントがあることを知る。

蓮見は、再びアニメファンの集まる場所へ。そこへ、水木が米光様を連れてくる。偽造品が買ったお金が、裏社会へ流れる。お気持ち察する気持ちはあれど、許したくても許せない。キャラクターの教えに、偽造品を購入した男を教えるファン。細身イケメンの茶髪。首元に梵字のタトゥーがあった。

タトゥーの男は歌川涼牙とわかる。蓮見の父の冤罪の相手、殺されたホステスの息子だった。

警視庁アウトサイダー

水木の刑事の勘は?

その頃、小山内()は父の七回忌の集まりで春蘭市にいた。有働副総監(片岡愛之助)も同席していた。

当麻は、過去をほじくり返す奴がいるから、と春蘭市へ刺客を送る。歌川は当麻の使いパシリをしていた。

病院で白戸に会う水木。仕事にはまだ復帰していないという。看板とか作る仕事だが、水木は手に塗料がついていることが気になる。

2月13日はミーの誕生日ではなかった。客の誕生日を教えないマスター。カラオケ対決で勝てば教えるという。その昔、小浜とメジャーデビューしたことがあった。なんとか勝って客の情報を得る。

架川は客を追跡中に車に乗っている有働と目が合う。客はミーを家に閉じ込めていた。

警視庁アウトサイダー

歌川の息子と接触する蓮見

蓮見は歌川は確保。

アクキーを売ったのか、と40くらいの女に同じこと聞かれたと話す。男性が殺害された8月10日は喧嘩でパクられて留置場にいた。鷲見組のシノギではなく、ネットで知り合ったやつに頼まれたという。目星のついた蓮見は、「梶間刑事は本気で君を更生させようとしてた」と口して去っていく。

そして突き落としの犯人は

水木は、白戸に本当はここに何をしにきてるんですか、と尋ねる。すると、杖を外して歩き、水木は人質に。白戸は偽造品をつくっていた。小久保元気にアクキーを売ったが偽物とバレ、殺害。その後バイク事故で病院へ。自暴自棄になって被害女性の看護師に全て話していた。心配したのではなく、口を封じようとしていた。突き落としたのも白戸。

「しょうがないだろ。全部終わったって思ったのに、生き返っちゃった」

「いい加減にしろ!どうして静香さんはすぐに通報せず売人に接触したりしたと思う?

自首して欲しかったんだよ。お前なんかのために。それでも死ななかったことが無駄な奇跡と思うのか」

ミーを見つけた報告を田川に電話する架川。その時、背後からスタンガンを喰らう。

蓮見が電話するが出ない。仁科も電話するが出ない。

「蓮見さん、私も知りたいです。私も春蘭市にいたんです」と話す水木。

とらわれた架川。

「何を嗅ぎまわっている?」

「その声は、あの時の」

その声は藤原刑事(柳葉敏郎)殺害時に電話で聞いた声だった。

【警視庁アウトサイダー】6話の感想とまとめ


今回は、架川が「単独捜査」。なぜか、人探しを手伝わされ、なぜかカラオケ対決をさせられ、という展開でしたが、蓮見と水木のコンビはスッキリと事件の真相に迫っていく感じで、複雑な2つの時間軸がうまく絡みあって進行しましたね。

しかし、最後は架川がとらわれてしまう展開。優香さん演じる仁科も何かを知っているようで、次週はどんな展開になるか、注目ですね。

次回は2月16日放送です。

記事内の画像出典:[警視庁アウトサイダー」公式サイト

警視庁アウトサイダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次