【警視庁アウトサイダー】1話のネタバレとあらすじ・西島秀俊がラリアットでプロレスリングに!

警視庁アウトサイダー
テレビ朝日系木曜ドラマ【警視庁アウトサイダー】2023年1月5日スタートしました。映画『ドライブ・マイ・カー』で米アカデミー賞・国際長編映画賞に輝いてから初の連続ドラマ主演作となる西島秀俊が元マル暴オヤジ刑事を演じ、秘密をひた隠すエース刑事・濱田岳、やる気ナシ新米刑事・上白石萌歌というスネに傷をもつグレーな刑事が絡んだひと癖ある刑事ドラマ。そんな3人が秘密を隠しながら、互いを利用しつつ、それぞれの正義を見出していくストーリーです。
この記事では【警視庁アウトサイダー】1話のネタバレとあらすじをお届けします。
警視庁アウトサイダー

【警視庁アウトサイダー】1話のあらすじ

桜町中央署刑事課のエース・蓮見光輔(濱田岳)は、不審な男が職務質問を振り切って逃走したという一報を聞き、現場に駆けつける。人質を取ってたてこもった男を冷静に諭し、投降させるまであと一息…というところで、突然、ダブルのスーツにサングラスという任侠ファッションの男が乱入! 鮮やかなアクションで、不審者を取り押さえた。瞬時に場をおさめたこの男こそ、刑事課に異動してきた架川英児(西島秀俊)。警視庁の組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”から飛ばされてきたオヤジ刑事だった…。
その矢先、大学教授・最上憲彦(飯田基祐)宅で、ハウスキーパー・永峰弓江(室井滋)が刺殺される事件が発生。英児と光輔がバディを組んで捜査をはじめたところ、憲彦の娘・亜由美(星南のぞみ)ら最上家の面々にはそれぞれウラの顔があることがわかり…!? また、憲彦の息子・賢太郎(上原佑太)が、事件直後から姿を消している事実も発覚する。
賢太郎の行方もさることながら、英児が気になったのは刑事として完璧すぎる光輔だった。英児は、光輔が笑顔の奥に冷たい闇を宿していることを見逃さず…!?
そんな中、2人は新米刑事・水木直央(上白石萌歌)の面倒を見ることになるが、実は直央は警視庁副総監・有働弘樹(片岡愛之助)の娘だった――!?  有働は、組織犯罪の撲滅をスローガンに掲げる政界のホープ・小山内雄一(斎藤工)に心酔していて…。

【警視庁アウトサイダー】1話のネタバレ

プロレスのリングで大暴れする刑事?

黒いサングラスの怪しげな男(西島秀俊)が「何か小耳に挟んだら知らせてくれ」と、商店主に5000円を置いて出ていく。一方、桜町中央署では、連続コンビニ強盗を挙げた蓮見(濱田岳)が上司から評価を受けていた。

その直後、新日本プロレスの棚橋弘至やオカダカズチカが上がるリングに包丁を持った男が暴れリングに上がり、レッドシューズ海野を羽交締めにする。

駆けつけた蓮見が、包丁を置くように交渉する。その時、サングラスの男がリングへ。スイングブレードを決める。さらにラリアットも。レフェリーがカウント3を数え、犯人を確保。会場は盛り上がる。笑顔で勝ち名乗りを受け、警察手帳を見せる。

「今日から桜町中央署に異動になった架川英児だ」

本部組対暴力団対策課から異動し着任した警部補だった。

警視庁アウトサイダー

あこがれは、はぐれ刑事純情派

水木(上白石萌歌)は、父で副総監の有働(片岡愛之助)から刑事課への着任祝いのプレゼントのペンをもらう。事務職がいい、と話す水木。父はお前の正義を貫けと言うが、水木は「私、そういうのいいや」。

その頃、テレビでは小山内議員(斎藤工)が組織犯罪処罰特例法改正を訴えていた。

架川は、蓮見に「政治家の言うことは表向き。裏じゃ利権絡みの仕事を反社に回してる。だが甘い汁を吸えないヤクザは悲惨な末路を辿る。政治家にその姿は見えねぇ」と自論を述べる。

大事そうに抱えていた色紙には「本業をゆったりと 藤田まこと」と書かれていた。

「純情派だよ、安浦刑事だよ」

往年の人気刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」に主演した藤田まことのファンなのだ。署内を歩いていて見つけた桜町中央署のマスコット、チェリポくんにも興味を示す。

警視庁アウトサイダー

レンコンはリボルバー

蓮見は、鷲見組とロシアのマフィアが揉めて捜査員がレンコンで撃たれて負傷したことを架川に聞く。レンコンとはリボルバー拳銃のことだ。

2人で蕎麦を食べにいく。

蓮見は兵庫県の生まれで、兵庫県警の僻地に勤務していたが、母が病気で入院して看病のため退職。母が亡くなり、経験者採用で心機一転、再び刑事になったことを話す。

そんなとき、殺人事件が起きる。大学教授、最上(飯田基祐)の家政婦弓江(室井滋)が自宅で刺殺されていた。凶器の台所の出刃包丁は無くなっていた。そんな現場で、架川は血を見て立ちくらみ。マル暴刑事らしからぬ一面があった。最上には妻と大学の研究室に勤める長女、引きこもりの長男がいた。しかも、その長男賢太郎は行方不明に。

その夜、架川は居酒屋竜宮城で、マル暴刑事の先輩藤原(柳葉敏郎)に会う。蓮見がリボルバーのことを、最近はほとんど使われないレンコンと口にしたことを気になっていると話す。

自宅へ戻る蓮見。部屋の襖にはホステス殺害の記事がずらりと貼ってあった。

警視庁アウトサイダー

被害女性の裏の顔は

捜査本部は長男賢太郎を重要参考人として捜査する。

架川と蓮見は近隣の商店などを聞き込みに回る。だが、被害者のことを誰一人悪口は言わない。

長女はかつて本屋で万引きをしたが、家政婦が万引きのもみ消しまでしていた。その長女亜由美は、家政婦の弓江から口止め料を要求されていたのだ。

架川は蓮見の過去を探っていた。旧知の鑑識係、仁科(優香)に

蓮見と思しき写真の画像解析を頼む。それをネタに言うこと聞かせる狙いなのか。

蓮見も、仁科に架川のことを聞くが、何も答えない。

弓江の部屋から、文字が切り抜かれた雑誌が見つかる。しかしマニキュアがない。

実は別の部屋があった。ホストに入れ込み、「金ヅルがいる。彼女は打ち出の小槌」と話していた。それは、最上の妻、恵美子のことで不倫でゆすられていたのだ。恨みは十分だが、恵美子にはラブホテルにいたアリバイがあった。

架川は、組長 姐さん 若頭 若頭補佐は破門、本部長などと家族を組織に準えて分析しようとする。

警視庁アウトサイダー

「自分がやった」

スマホを3台持つ架川。着信音ははぐれ刑事のテーマだ。仁科からの連絡で、蓮見の写真は別人だった。

架川はバーで賢太郎の捜索の協力を頼む。チェリポくんグッズが報酬にしていた。

商店街の店主を集める。そこでクリーニング店で働く賢太郎と同級生の女性は、弓江が料金の水増し請求をしていたことを明かす。その時、「お前がやってることを知っている」と声が聞こえたと言う。賢太郎の可能性が。賢太郎の部屋からダクトの外の音が聞こえ、弓江の会話を聞いていたのか。

見つかった賢太郎は「自分がやった」と自供した。凶器も発見された。一方、凶器に賢太郎以外の指紋がないのがおかしい、と仁科。指紋を拭き取ってから握り直すことはない。

父は学長選は敗色濃厚だった。父は怪文書が出回っていた。弓江の仕業だった。

引きこもりの息子、万引き娘と書いていた。そして、妻の不倫写真で最上を脅迫したのだ。

脅された最上は弓江を包丁で刺した。その直後、息子賢太郎が「逃げろ。俺の人生はとっくに終わってる。あんたはこの家守らなきゃ」

そして罪を被ったのだった。最上は、どうして賢太郎が私の身代わりに?と感じていた。

いつも父に罵られていた。だが、賢太郎は「あいつを抑え込めば、あの家は俺のもの」と考えたのだった。15年の刑期を終えれば、父を服従させられると考えたのだった。

架川は「ヒットマンの身代わりなんてヤクザもんより手法がぶっ飛んでる」と口にする。

蓮見は「激昂したのに、刺したのはたった2カ所」と首を捻る。

警視庁アウトサイダー

架川と蓮見が一触即発!

水木の着任挨拶に、架川と蓮見がいない。

地下の駐車場にいた。

「ちょっと調べさせてもらった。ヤクザが売り買いしている行方不明者リストだ。3年前に行方不明になった男の戸籍を買ったやつがいる。その売られた戸籍が蓮見光輔のものだった。お前は一体誰だ!」

蓮見も、架川も互いに銃口を向けて構えるのだった。

【警視庁アウトサイダー】1話の感想とまとめ

西島秀俊がオヤジ刑事を演じる注目作。キャラクター作りが実に細かい。黒いサングラスのいかにも怪しい雰囲気だが、イケメン俳優が悪ぶっても、ピンとこない。その代わり、血を見て立ちくらみをする弱さを見せたり、はぐれ刑事に憧れていることなど、初回はキャラクター情報が盛りだくさんでしたね。

特にプロレス技を披露したり、松崎しげるのブラックコーヒーが登場したり、小ネタ満載!

相棒?となる濱田岳演じる蓮見の素性に、疑問をもつが、今後、どんな展開になるか楽しみですね。

斎藤工、片岡愛之助、柳葉敏郎、石田ひかりら脇を固める役者も大物揃い。今回は出番の少なかった上白石萌歌も次回からは刑事として参戦します。三つ巴の展開に注目ですね。

記事内の画像出典:[警視庁アウトサイダー」公式サイト

コメント