【科捜研の女21】1話のあらすじとネタバレ!マリコの警察庁異動より犯人のオバチャンが!

テレビ朝日、木曜ミステリー【科捜研の女21】1話が10月14日に放送されました。劇場版映画公開直後の新シーズン。榊マリコ()の元夫、倉橋()が、警察庁への異動話を持ってきます。動揺する土門薫刑事()はいったい?

この記事では、【科捜研の女21】1話のあらすじ、ネタバレと感想をご紹介します。

科捜研の女21


ADVERTISEMENT

【科捜研の女21】1話のあらすじ

【科捜研の女21】1話のあらすじ

 榊マリコ(沢口靖子)に思いがけず“異動話”が舞い込んだ。警察庁で“刑事指導連絡室”室長を務める元夫・倉橋拓也(渡辺いっけい)が、刑事講習で科学捜査を教える専門指導官に、マリコを推薦したのだ。もし選ばれたら警察庁、つまり東京に出向となる…。科捜研の仕事を天職と思う一方、20年以上培ってきた科学捜査の経験を若い世代に伝えることにも価値があると考え、マリコは迷う。

その倉橋が突然、マリコに相談を持ちかけてきた。実は数日前、倉橋の同僚が京都出張中に雑居ビルの非常階段から転落死。事故として処理されたにもかかわらず、庁内には箝口令が敷かれたという。不審を抱いた倉橋は友人の死の真相を明らかにしたいと願うものの立場上、動くこともできず、マリコに捜査を頼みたいと話す。

科捜研所長・日野和正(斉藤暁)は正式な要請がない以上、協力できないと釘をさすが、マリコはさっそく土門薫(内藤剛志)刑事や蒲原勇樹(石井一彰)刑事を巻き込んで捜査を開始。蒲原が所轄署から入手した調書によると、倉橋の同僚は雑居ビル内にあるガールズバーを訪れ、トイレと間違えて非常階段のドアを開け、そのまま足を滑らせて転落したとされていた。また、遺体の所持品からスマートフォンが消えていたことが判明。正体不明の目撃者が公衆電話から119番通報していたこともわかった。 土門とマリコは被害者の元妻で、大学の准教授を務める水城和穂(沢城みゆき)のもとを訪れるが、和穂は元夫との関係を「ねじれの関係」と一蹴し、マリコ達を突き放す…。

一方、蒲原とともに転落現場を訪ねたマリコ。手がかりを求めて非常階段を調べたところ、わずかな繊維片を見つける。ところがその直後、マリコは怪しげな男たちに拉致されてしまい――!? はたして、マリコは警察庁キャリア官僚の死に潜む真相を暴くことができるのか!? そしてマリコは元夫・倉橋の誘いに乗って東京行きを決断するのか――!?

出典元:科捜研の女20公式HP

【科捜研の女21】1話のネタバレ

【科捜研の女21】1話のネタバレ

鮮血に染まる榊マリコ

白衣の左腹部が真っ赤に染まった榊マリコ(沢口靖子)が横たわっていた。

そばには血のついたナイフが。そこへ警官が駆けつける。

「左胸幹部出血。脈拍なし、呼吸は‥」と顔を近づける。

すると、マリコが起き上がり、「そこまで!」。

「遺体に顔を近づけるのは危険です。青酸毒による二次被害の出る可能性はあるからです」。

科学捜査臨時講習の最中だった。仕切っていたのはマリコの元夫で、警察庁刑事指導連絡室室長の倉橋拓也(渡辺いっけい)。倉橋は、マリコに「警察庁の科学捜査の指導官にならないか。年明けにも決まる。警察庁に京都府警から出向することになるだろうな」と告げる。

元夫の倉橋から、警察庁への異動の話が

藤倉刑事部長(金田明夫)からも、その異動話の内々示を示されたマリコは「科捜研の仕事は私の天職だと思っています。同時に20年以上の経験を若い世代に伝えることも価値のあること。でも、それを選べば現場の鑑定からも京都からも離れることになってしまいます」と話す。藤倉は「あえて違う道に乗り換えることで違う世界が広がるかもしれないぞ。まぁ3ヶ月ゆっくり考えてみろ」と話す。

土門薫刑事(内藤剛志)からは「刑事部長に呼ばれて、何をやらかした?」と聞かれたマリコだが、「いつも怒られてるばかりじゃないわよ」。そこへ電話が。「あ、タクヤ?こないだの話はまだ。えっ、個人的な話って?分かれた妻に何の話? 今夜?」。倉橋は、京都で同僚が非常階段で転落して亡くなったことを告げ「事故とは思えない。調べて欲しい」と言う。

倉橋の同僚が謎の転落死

土門と調べてことを約束するマリコ。亡くなったのは警視庁の立岡は37歳のキャリアだった。しかし、河原町署は事故と判断。マスコミには対応しないように箝口令まで敷かれていた。

マリコは蒲原刑事を頼んで調べる。所持品にスマホがなく、公衆電話で匿名の119番通報があった。最後に立ち寄ったと見られるガールズバーへ行くが、店員は「覚えていない」と言う。

マリコが転落現場の非常階段で、繊維片を見つけて帰ろうとすると、河原町署の組対の刑事が「半年以上かけた潜入捜査を台無しにする気か」と寄ってくる。

実はガールズバーは隠れ蓑で、闇カジノがあり、指定暴力団の資金源になっているのだ。「

警察庁のキャリアが公費で違法カジノへ」と分かれば、スキャンダル。だから箝口令が敷かれ、圧力がかかっていた。

元夫とは「ねじれの関係」

立岡の妻は、京都にいた。大学の准教授を務める水城和穂(沢城みゆき)のもとを訪れる。

繊維へん」から特定したリュックについて、「私が買ってあげたものよ。でももう別れてから会ってない」とそっけない。別れた理由について、「お互い大事なものがあった。彼にはキャリア。

私は、人を残すこと。よく言うでしょ。人の一生でカネを残すのは下、業績を残すのは中、人を残すのは上。数学者としては一流にはなれなかったけど若い学生たちを教えることは天職だと」。ギャンブル癖があったどうかも知らなという。

「私たちはねじれの位置だったんですから。二本の直線は、同一平面なら平行か、結天からのみでまじわる交差。同一平面にない交差はすべてねじれの位置。すべて交わることも同じ方向に進むこともない。だから離婚したの」。

リュックが立岡のものとわかり、藤倉部長も正式に捜査を認める。

わかったのは、通報の声は成人男性、前日に東京で50万円おろしていたことくらいだった。

科捜研の女21第1話

マリコの警察庁異動話に、土門刑事がまさか

蒲原が「マリコさん東京へ異動になるかもしれないみたいですよ、いいんですか?」と話しかけると、土門は「余計なこと考えるな」と強い口調になった。

立岡は事件当日の午後5時ごろ、職能教育センターへ向かっていた。警察の中途退職者のセカンドキャリアの支援をしていた。午後8時までいて、その後、ホテルにチェックイン。10時過ぎに

カジノへ向かったとみられた。

一方、スマホの電源が入り、岡崎公園へ。拾ったのはデリバリーの配達員だった。

土門は「どうするつもりだ」とマリコに話しかける。

「なんのこと?」

「いやいいんだ」

東京への異動のことを聞こうとしたが、らしくない土門。

顔認証では防犯カメラで見つからなかった立岡だが、歩容認証が可能に。亡くなる直前、会っていたのは、違法カジノにいた男。元刑事の桑名だった。カジノの用心棒になっていた。

土門は倉橋に会う。立岡の仕事は「特別なケースだったのでは」と尋ねる。「立岡は刑事が懲戒免職になったケースで、マル暴の戦力になるのを止めようとしようとしていた。だけどあいつ何かトラブルを抱えていたみたいで。バツイチで子供なし。俺と似ていてね。ちなみの俺の元嫁は榊マリコなんだけど。じゃあ」。すると、土門は「あと一つ!」と大声を出す。「榊を本当に警察庁へ連れて行く気ですか」「それはマリコが決めることだから」「お時間取らせました」。

科捜研の女21

暴力団にマル秘リストが流出していた

桑名は取り調べに、退職警察官の研修を受講していたことや通報したことを認めた。「立岡さんには世話になってた。ろくな仕事がなくて。カジノに行く前、どうしても会って話がしたいって言われて。で、組員のなかでリストを見ませんでしたかと聞かれて」。

立岡が作った、不正が原因で懲戒免職になった警察官のリストが暴力団に流れてしまったのだ。「カネで買い戻したい」と50万円を下ろしていたのだ。ただ、桑名は犯行当時、転落する音を聞き、指紋が残っているのでないかと、リュックを持ち去っていった。

立岡が元妻に事件の夜2にメールを送信していたことや、リュックにチョークの粉末が付着していたことが判明した。和穂は「隠してたわけじゃない。言いたくなかっただけ」とマリコや土門に話す。

メールに書かれていた内容は「君にどうしても伝えたいことがある。僕が生涯をかけてきた仕事が不正に使われた。責任をとって、やめることになるだろう。その前に君に謝っておきたい。平和な家庭を犠牲にして、君を傷つけてしまった。今は後悔しかない。君と人生を歩む人生を選べなかったことを許してほしい」。

人の人生は曲がったり折れたりするもの

和穂は「別れたとはいえ、元夫よ。情けないメール見せたくなかった」。しかしマリコは「でもこれは立岡さんの最後の言葉です。すべてを明らかにすると書いた立岡。退職者リストの漏洩を自ら告発しようとしていたはず」と言い、土門も「その告発を阻止しようとした人間がいてもおかしくない」。「そんなこと望んでない。他人なんだから」と言う和穂に、マリコは「人の人生は直線ではなくて、曲がったり折れたりするものじゃないですか。でなければ、こんなメールは送らなかったのでは。

金のためにリストを漏洩していた犯人は

藤倉と蒲原は「立岡さんを殺したのはあなたですね」。職能教育センターの女性職員(松本海希)だった。退職者リストをカネのために暴力団に漏洩。職員の時計バンドの繊維片やチョークの成分も検出されていた。「立岡さんに勘づかれてしまって。あのビルに入って行ったのを追いかけたんです」。

「見逃して」「自分が何やったかわかってるんですか」。その時、階段から発作的に突き落としてしまった。

藤倉刑事部長に呼び出されたマリコ。「榊の異動の話。警察庁が断ってきた。そもそもキャリアが殺された話を隠ぺいしようとした。それを暴いてしまった。メンツを潰されたと思ったんだろう」。すると、マリコは「それでは今まで通り科捜研で精進させて頂きます」と笑顔を浮かべる。

倉橋は「立岡の仕事は俺の方で引き継ごうと思う。異動の話はすまなかったな。まぁお前を背負い込むは一度で結構だ」「私もよ」。

マリコをよろしく

そこへ現れた土門。倉橋は「土門さんでしたよね。これからもよろしくお願いします。マリコのことも」「え?」と声を上げるマリコ。「こいつにはここの水がよほどあってるみたいだから」。倉橋が帰った後、土門は「人の人生はは直線じゃない。曲がった折れたりするって言っていたな。だが、お前の人生はどこまでも真っ直ぐ進んでいるようにしか思えないがな」「お互い様でしょ」「え?」「あ、飛行機雲!」。空を見上げると、真っ直ぐな雲が浮かんでいた。

【科捜研の女21】1話の感想、まとめ

今回は2クールの「科捜研」。マリコと土門、倉橋の三角関係?さらにマリコの警察庁への異動の話を内包しつつ、進むのかと思いきや、どちらも1話であっさり解決。倉橋は撤退し、異動話も消滅! それでもどこか嬉しそうなマリコさんが印象的でしたね。そして、第1話ゲストの沢城みゆきさん。民放の顔出し演技は初めてとか。「ルパン三世」の峰不二子の声でお馴染みですね。ちょっとツンとしたインテリ女性役がばっちりハマっていました。そして犯人のオバチャンが結構話題になっていましたね。

 

【科捜研の女21】次回、2話は10月28日(木)の放送です!

記事内の画像出典:テレビ朝日公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました