スポンサーリンク

【彼女はキレイだった】6話ネタバレと視聴率!最高の当て馬・樋口と梨沙に涙!

【彼女はキレイだった】6話ネタバレと視聴率!最高の当て馬・樋口と梨沙に涙!

【彼女はキレイだった】6話が2021/8/17(火)に放送されました。

綺麗に変身した愛。そんな愛に最大のピンチが襲い掛かる。

そして、当て馬としての役割止まりの樋口梨沙の切なさがマックスに。

今回の記事では【彼女はキレイだった】6話「混乱する記憶と四角関係!雨の中の告白」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【彼女はキレイだった/日本版】配信情報

【彼女はキレイだった/日本版】はFODプレミアムで配信中。

さらにリメイク元となった【彼女はキレイだった/韓国版(字幕版)】も配信中。さらに今なら韓国版第1話を無料で配信しています。


ADVERTISEMENT

【彼女はキレイだった】6話のネタバレ

愛の決意

愛()は決意を新に「ザ・モスト」編集部に戻ってきた。天然パーマは補修、ファションとメイクをばっちり決め、別人のように綺麗になっていた。

「自分を変えたい」という愛の決意の表れだ。

美しく変身した愛に宗介()も樋口()も驚きを隠せない。

その後、愛が考えた童話に関する企画の会議が開かれ、愛は人気絵本作家の夏川ちかげにコラムの依頼を提案する。

夏川は10年も前に引退しており、今更コラムを書いて貰うのは難しいだろう。

昔から彼女の作品が大好きだった愛は強くプレゼン。宗介はその熱意を買って取材交渉の許可を出す。

その後、愛は樋口の取材に同行。インタビューのテクニックを間近で学ぶ。さらに取材終了後に勉強も兼ねて原稿を書かせてくれるという。

愛は頑張って初めての原稿を仕上げる。すると宗介が直々に見てくれるという。

帰ってきた原稿は赤ペンの修正だらけ。それでも愛はめげずに勤務時間外でも何度も原稿を直し、宗介もそれに応える様に何度もチェックを入れる。

そして、ついにOKが出た。初めて大きな仕事を成し遂げ、愛は嬉しくて堪らない。

その様子を見た宗介にも思わず笑みが。

愛が見ている先

ある日の事、宗介は珍しく編集部にケーキの差し入れ。愛にも食べて貰いたかったが、愛は「これから出るので」とさっさと行こうとする。

樋口は「雨が降るだろうから」と愛にビニール傘を渡す。愛は樋口にお礼。さらに「髪が膨らむから雨は苦手で」と伝える。

それを聞いてはっとする宗介。幼い日の思い出の中の愛も「同じ理由で雨は苦手」と言っていたからだ。

仕事終わり、樋口が編集日に戻ると愛は夏川に手紙を書いていた。アポを断われたが手紙で今一度お願いするのだという。

樋口は手紙の添削を買って出る。「なんか表現が硬いから、素直な気持ちをぶつけたほうがいい。その方が心を動かせる」とアドバイス。

愛はかつて宗介に言われた「君は読者を一人だとしても心を動かせた」という言葉を重ね合わせ、さらに気合を入れる。

退社時、樋口は愛に変わろうと思った切欠について尋ねる。愛は「もっと自信を持ちたくなったから。それに副編集長(宗介)に戻って欲しいと言われて嬉しかったんです」と答える。

やはり、愛が見ているのは宗介だけ。そう感じた樋口は「もっとジャクソン(愛のあだ名)の中に俺がいればいいのに」とアピール。

だが、愛からは「またからかっているんですねー」と本気にされなかった。

宗介が見ている先

一方、梨沙()の元に別れを告げたはずの男が再び言い寄り、力ずくで迫ってきた。

そこに宗介が登場。「手を離せ。彼女の事が好きならば傷つけるな」と止めに入る。

お礼を言う梨沙。宗介は「彼にはただの友達だって伝えて。好きな人に誤解されるのって凄く悲しいから」と続ける。

その後、2人は思い出の公園へ。「昔よく遊んだよね」と宗介。

梨沙は宗介が今の自分ではなく、幼い日の思い出を通じてでしか自分を見てくれないことに焦ってしまう。

「昔の話はもう止めない?」と訴える梨沙。だが、宗介にはその言葉の意味が分からない。

宗介の疑念と梨沙の焦り

帰路に着く宗介と梨沙。宗介は「最近、雨が多いけど大丈夫?」と心配する。

「わりと雨は好きだよ」と梨沙。らしくない返事に戸惑ってしまう宗介。梨沙はとっさに「今は平気になったの」と誤魔化す。

目の前にいる愛(梨沙)と思い出の中の愛が一致しない。宗介は疑問を感じずにはいられなかった。

その夜、梨沙が帰宅すると愛が疲れからか机に伏して寝てしまっていた。梨沙は愛に毛布を掛けてあげ、呟く。

梨沙「いい加減、分かったよ。宗介が大事なのは私じゃなくて昔の愛だって。でももう少しだけでいいから一緒にいたいの…」

翌朝、愛が家を出ようとすると梨沙が元気が無いことに気づく。愛は心配するが「なんでもないよ」と答える梨沙。

会社にて愛は宗介に「夏川先生と話が出来ることになったのでこれからホテルで会いに行ってきます」と報告。宗介は「頑張れよ」と送り出す。

その後、宗介は梨沙から呼び出され、仕事の合間を縫って彼女と会う。

梨沙は「私が誤解されたくないのは宗介だよ」と訴える。

そして、梨沙はパズルのピースを見せる。これは愛と宗介を繋ぐもの。梨沙は宗介の心を繋ぎ止めるために勝手に持ち出してしまったのだ。

梨沙「宗介が大切にしている昔の思い出は私も大切にしている。私の初恋は宗介だよ。宗介は?」

言葉に詰まってしまう宗介。

愛の大ピンチ

一方、編集部に夏川から電話が入り樋口が出る。都合が悪くなったのでキャンセルしたいとのこと。樋口が電話を掛けるが愛は出ない。

樋口がホテルをネットで調べてみると火災が発生したというニュースが。樋口はいてもたってもいられず、急いで向かう。

一方、宗介にも「愛が火災に巻き込まれたかもしれない」と連絡が。

宗介もまた気が気じゃなく、「本当にごめん」と梨沙の手を振りほどいて愛の元に向かう。

途中で大雨が降ろうとも一心不乱でホテルに向かう宗介。日がすっかり落ち、到着すると愛は無事だった。

宗介は愛が差していたビニール傘を振り投げ、「怪我はないか?」と抱き寄せる。

愛は自分よりも宗介が雨でトラウマを思い出していないか心配する。愛の事に夢中で雨が降っていることにすら気づかなかった。

宗介は「本当に大丈夫なんだよな?」と再び傘を差してあげる。

その様子を遠くから見つめる樋口。自分が入り込める隙は無く、黙ってその場を去っていくしかない。

暴かれた秘密

その後、宗介は愛を家まで送り届ける。「また明日」と宗介。

愛「また明日…それでいいの?いつも先送りにしてパズルを完成させなかったのは私だった。もう逃げたくない…!昔の私も今の私も宗介のことが好きなんだ!!」

決意を固めた愛は宗介を追いかける。

だが、宗介が向かった先にいたのは梨沙だった。さらに「愛」と呼んでいるではないか。

梨沙が自分に隠れて宗介を会っていた事実を知った愛は言葉を失ってしまうのだった。

【彼女はキレイだった】6話のポイント

  • 愛は大きな仕事を任せて貰えるまでに成長
  • 宗介は目の前にいる梨沙に疑念を持ち始める
  • 梨沙は焦り、パズルを持ち出してしまう
  • 樋口は2人の間に入ることは出来ないと感じてしまう
  • 愛は宗介が好きであると再確認
  • 愛は梨沙が隠れて宗介と会っていたことを知ってしまう

【彼女はキレイだった】6話の感想

せつな過ぎる樋口と梨沙に涙

四角関係が大きく動き出した第6話。樋口は愛の元にたどり着けず、梨沙はパスルを盗んでまで宗介の心を繋ぎ止めようとしましたが出来ませんでした。

ちなみに梨沙がパズルを持ち出してしまうのは日本版のみのシーン。より梨沙の焦りを表しています。

そして、傘や雨はこのドラマを象徴するもの。

  • 宗介にとっての傘はずっと愛
  • 愛に傘を差し出せたのは宗介

樋口も梨沙も立ち入る隙はありませんでした。

特にラストの樋口の全てを諦めたような表情は切なさマックス。

  • 先輩としてずっと愛を見守ってきた樋口
    しかも宗介に対抗して添削したのに愛が思い出したのは宗介に言われた言葉
  • 友人として愛を支えてきた梨沙

どちらも最高にいい人ですが本命への当て馬止まり。2人の切なさに涙が止まりません。

【彼女はキレイだった】6話の視聴率

【彼女はキレイだった】6話の視聴率は6.9%、関西9.9%でした。

次週予告

次回の【彼女はキレイだった】は愛への思いが抑えきれなくなった宗介。一方、愛と梨沙の仲に大きな溝が。

2021/8/24(火)21:00~の放送をお楽しみに。

5話 7話

コメント

タイトルとURLをコピーしました