スポンサーリンク

【彼女はキレイだった】5話あらすじと視聴率!愛ちゃん(小芝風花)の豹変に驚愕!

【彼女はキレイだった】5話あらすじと視聴率!愛ちゃん()の豹変に驚愕!

【彼女はキレイだった】5話が2021/8/10(水)に放送されました。

ついに宗介()に正体を打ち明ける決意をした愛(小芝風花)。果たしてその結果は?

そして、ラストには愛がまさかの豹変。その姿に驚愕です。

今回の記事では【彼女はキレイだった】5話「まさかの解雇!?運命の決断と涙の理由」のあらすじと感想、視聴率をお伝えします。

【彼女はキレイだった/日本版】配信情報

【彼女はキレイだった/日本版】はFODプレミアムで配信中。

さらにリメイク元となった【彼女はキレイだった/韓国版(字幕版)】も配信中。さらに今なら韓国版第1話を無料で配信しています。


ADVERTISEMENT

【彼女はキレイだった】5話のあらすじ

愛の宗介と梨沙への思い

2人きりの出張を通じて宗介(中島健人)の変わらない優しさを知った愛(小芝風花)。意を決して自分が幼馴染であることを打ち明けようとする。

「ジャクソン!!」

言いかけたその瞬間、現れたのはなんと樋口拓也()だった。拓也は2人の関係が気が気ではなく、追いかけてきたのだ。

結局、愛は正体を打ち明けられなかった。

出張が終わり、「ザ・モスト」編集部は締め切り間際で大忙し。

愛が屋上で休憩していると拓也がジュースを手にやってくる。拓也は愛が正体を打ち明けようとしていたことや代役をしていた梨沙()のことを確認する。

梨沙の写真を見せながら「私の一番の親友なんです」と思いを語る愛。

その夜、愛が帰宅すると梨沙が自宅の前で男性と揉めていた。「本当に好きな人としか会わないって決めたの!!」と梨沙。

愛は「梨沙が素敵な人とめぐり合えた」と大喜び。相手は宗介と言えるはずもなく、辛い心境の梨沙。

愛は仕事にやりがいを感じる

その後、愛がアイディア出した企画が掲載された見本が完成する。校閲として愛の名前がしっかりと載っている。

自分が編集部の一員として認められたような気がした愛はやりがいを感じ、嬉しくて堪らない。

だが、肝心の売り上げはライバル誌に大きく溝を開けられ、2位。「ザ・モスト」の廃刊を救うチャンスは後2回。

さらに宗介は常務の岸田(木村祐一)に呼び出されてプッレシャーを掛けられてしまう。窮地に立たされ、焦ってしまう宗介 。

その夜、愛は宗介に夜食を差し入れ。宗介は「誤魔化されるのが一番嫌いなんだ」と愛が話そうとしていたことを訪ねる。

愛は「次の撮影会が終わったらきちんとお話します」と答える。

翌日、拓也は梨沙と遭遇。梨沙に対して「自分は愛と宗介の同僚」と打ち明ける。さらに「愛に隠れて宗介と会っていたと打ち明けるべきだ。それが一番傷つけない」と説得する。

愛の梨沙への思いを知った上での考えだ。

撮影会で大事件勃発

数日後、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影会が開催される。

編集部員全員はもちろん、編集長の蘭子(LiLiCo)、常務の岸田も参加する一大プロジェクト。当然、失敗は許されない。

デザイナーの妻でトップモデルのイザベラは「指定した銘柄の水でない」とわがまま。機嫌を損ねるわけにはいかず、里中()が車で買出しに行くことになる。

愛は撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任される。ところが警備員さんに「変なところに止めている車が搬入の邪魔」と言われ、移動することに。

愛が戻ってくると大騒ぎに。目を離した隙に撮影で使う大事なドレスが倒れ、傷ついてしまったのだった。

イザベラは激怒し、コラボ企画を白紙にすると宣言。

宗介は「挽回のチャンスを下さい!!」と必死で頭を下げる。

イザベラはその条件として管理ミスをした愛を解雇するように突きつける。

あまりにも大きな代償に言葉が出ない宗介。

愛「分かりました。責任は私にあります。」

と責任を取ってその場を去る愛。宗介としても企画を進めるにはそうするしかなく、何も言えない。

拓也は愛を追いかけるが、「短い間でしたがお世話になりました」と愛の決意は変わらなかった。

傷心の愛

といっても大好きになった編集の仕事を辞めるのは辛く、愛は1人で号泣してしまう。

そんな愛を梨沙が発見。家に帰って事情を聞く。

愛「ファッション雑誌の編集の仕事なんて私の身の丈に合っていなかった。それに宗介と会わなくなれば、楽になれる…」

と愛は再び泣き出してしまう。

梨沙は傷心の愛に「秘密裏に宗介と会っていた」とは言い出せず、今は彼女を優しく抱きしめるしかない。

その後、愛の思いを知った梨沙は宗介の連絡先を削除しようとする。が、気持ちの整理が付かず出来なかった。

愛がいなくなった編集部の雰囲気は重い。ドレスの転倒も向こうに直接の原因があったが、どうすることも出来ない。

里中は宗介に「車を運転して変なところに止めた自分に責任があります」と涙ながらに謝罪する。

だが、宗介は「理由がどうあれ、彼女が持ち場を離れたのは事実」と冷たい態度。

脇役だって

その後、新しい企画の会議が開かれ、拓也が提案する。

童話などで主役ではなく、脇役にスポットを当てる。コンセプトは“脇役だって主役になれる”。編集部員達も大いに盛り上がり、その方向で企画を進めることになった。

その後、拓也は宗介にあるノートを見せる。それは愛が残したもので、さっきの企画は彼女が考えたものだった。ノートを見る宗介。そこには彼女の努力の跡が残されていた。

拓也「正直、貴方にはこれ以上ジャクソンと近づいて欲しくはありません。俺、彼女の事が好きなんで。でも今は置いておいて、今度は適切な判断を出来ることを祈っています。」

その後、公園にて。宗介は愛を捕まえて「この企画は君がいないと進められない。あの時、君を守れなかったのはすまなかった」と謝罪。

さらに今月号に対するSNSの投稿を見せる。「君のアイディアで心を動かされた人が確かにいた。前に言っていた"自分の可能性を信じてみたい”という言葉が少しずつ叶ってきているんじゃないのか?」と説得する。

だが、愛は企画の使用は認めたが、首を縦に振らなかった。

愛の大変身

その後、愛は実家の印刷工場に行く。すると父・豊(原大吉)が顧客に対して納期の遅れを謝っていた。どうやら印刷機が古くなっているらしい。

電話で豊と話をする愛。「ザ・モスト」を読んでくれたとのこと。「昔からできる奴だと信じている。自分の事は好きできてくれよ」と励まされる。

愛が帰宅すると宗介から泣き顔が描かれた玉ねぎの画像とメッセージが届く。

宗介「主人がいなくて泣いている。可愛そうだろ。早く帰って来い。」

そして、愛は一度は捨てようとした「ザ・モスト」を手にとってある決意を固める。

その後、愛は編集部に戻ってくる。

愛を見て驚く一同。ストレートに補整した髪、ばっちり決めたメイク、オシャレな服。愛はまるで別人のようにキレイになっていた。

【彼女はキレイだった】5話のポイント

  • 拓也が乱入したことで愛は宗介に正体を打ち明けられなかった
  • 愛はファッション雑誌の仕事にやりがいを感じる
  • 撮影会でのミスの責任を取り、愛は編集部を去る
  • 拓也の計らいで愛が考えてきた企画が採用される
  • 拓也は宗介に「愛が好きだ」という気持ちを打ち明ける
  • 宗介の説得や父親の励ましを受けて愛は編集部に戻る
  • 愛は一念発起して、キレイに大変身

【彼女はキレイだった】5話の感想

愛(小芝風花)がキレイに大変身

5話では愛が重要なミスを犯し、責任を取って編集部を去ってしまいます。直接的な原因は愛に無かったのでクビは重過ぎ。

折角、ファッション雑誌の仕事にやりがいを見出した矢先に辛過ぎます。

最後は宗介の説得を受けて編集部に戻ることに。

そして、自分を磨き直してキレイに大変身。よりファッション、雑誌の仕事に打ち込むという決意の現れでしょう。

何よりもキレイに大変身した愛が可愛過ぎます。

もうドラマのタイトルも【彼女はキレイになった】に変更するべきでしょう。

そして、キレイになった愛に対して宗介と拓也は何を思うのでしょうか?今後の展開が楽しみです。

【彼女はキレイだった】5話の視聴率

【彼女はキレイだった】5話の視聴率は関東6.4%、関西9.3%でした。

次週予告

次回の【彼女はキレイだった】はキレイになった愛が仕事に大奮闘。ですが、思わぬ悲劇が。宗介と拓也はどんな行動に出るのでしょうか?

2021/8/17(火)21:00~の放送をお楽しみに。

4話 6話

コメント

タイトルとURLをコピーしました