【彼女はキレイだった】2話あらすじと視聴率!宗介にイライラが止まらない!

【彼女はキレイだった】2話あらすじと視聴率!宗介にイライラが止まらない!

【彼女はキレイだった】2話が2021/7/13(火)に放送されました。

愛と宗介が2人っきりで仕事をする羽目に。そして、代役をしていた梨沙は宗介とまさかの再会。そこに拓也も加わり、四角関係が動き出します。

盛り上がるポイントですが、宗介にイライラするのは一体何故?

今回の記事では【彼女はキレイだった】2話「大事件勃発!恋の四角関係が動き出す!」のあらすじと感想、視聴率をお伝えします。

【彼女はキレイだった/日本版】配信情報

【彼女はキレイだった/日本版】はFODプレミアムで配信中。

さらにリメイク元となった【彼女はキレイだった/韓国版(字幕版)】も配信中。さらに今なら韓国版第1話を無料で配信しています。


ADVERTISEMENT

【彼女はキレイだった】2話のあらすじ

梨沙と宗介が遭遇してしまう

愛()の頼みで彼女の振りをして宗介()に会っていた梨沙()。だが、こともあろうに仕事先のレストランで宗介に遭遇してしまう。

梨沙は「イギリスへ留学していた」という嘘は「叔父が倒れてレストランを手伝うことになった」と誤魔化す。

帰宅後、梨沙は愛に宗介の事を報告しようとする。しかし、愛は変わってしまった宗介を見返そうと仕事に没頭。とても言い出せる雰囲気ではなく、自分で解決するしかない。

翌日、「ザ・モスト」の編集部では愛が張り切ってお仕事。樋口拓也()は愛に「おにぎりの包装を取って」と頼む。

「何の冗談」と思いながらも包装を取る愛。すると拓也はおにぎりを渡してさっさと行ってしまった。

次の号の企画会議が開かれる。宗介は編集部員達のアイディアを容赦なく却下。議事録作成で参加した愛にも企画案を求めるが当然無く、厳しい言葉を浴びせる。

あまりに横暴な宗介の態度に編集部員達も不満。職場の空気は悪くなってしまう。

そんな中、拓也は「副編集長の言い分は間違っていない」とする。実際「ザ・モスト」の売り上げは低迷が続いているからだ。

宗介は編集長の蘭子()だけに「もし、三月以内に売り上げ1位になれなければ廃刊」という本社の決定を伝える。

宗介は「この危機を救うには編集部員達のポテンシャルを引き出すのが第一」と考えており、動揺させない為に廃刊の危機は部員達には伏せて貰う。

愛はファッションを猛勉強

その後、宗介は愛のファッション用語が分からないまま書いた議事録に駄目だし。さらに「編集部にいるのならばもっとましな仕事をしろ!!」と叱責する。

夜、梨沙が帰宅すると愛が塞ぎこんでいた。宗介に言われた事が堪えたようで愚痴をこぼす。だが、梨沙も「上司が部下を叱るのも、今いる職場(ファッション)を知るもの当然よ」と厳しい態度。

親友からも宗介と同じことを言われ、愛は不貞寝してしまう。

その後、愛は反省。梨沙が持っていた「ザ・モスト」を開いてみる。すると梨沙からの「洋服と美容の事なら何でも聞いて」というメモが挟まっていた。

それ以降、梨沙の指導の下で愛はファッションの猛勉強を開始。徐々に仕事にも慣れ、成果も上げられるようなってきた。愛の急成長に拓也も「ジャクソン(愛のあだ名)、やるじゃん」と舌を巻く。

だが、宗介は「そのぐらい当然だ」と認めない。

大事件が勃発

その後、宗介は次の号の目玉企画にするべく海外の一流デザイナーとのアポイントに成功。さらに過去にデザイナーが手がけた服も大量に用意しており、交渉の準備は万全。

交渉できるのは帰国するまでの僅かな時間のみ。宗介は愛にタクシーの手配と荷物持ちを命じ、2人で空港に向かうことになった。

出発時、愛は宗介に「成田空港で間違いないですよね?」と何度も確認。だが、宗介はタブレットでデザイナーに関する資料に集中しているのか答えない。

そして到着直前、行き先が間違っていることが判明する。

愛はスマホで電車に乗ればギリギリ間に合うことを確認。運転手に駅までの裏道を指示し、急いで向かう。

愛の機転で時間に間に合い、交渉は成功した。が、宗介は服を全て持っていけず、満足な交渉が出来なかったことが不満げ。「なぜこんな簡単なことも出来ない!!せめて足を引っ張ることはするな!!」と怒りが爆発してしまう。

だが、愛は何度も行き先の確認をしており、答えなかった宗介が悪い。

愛「自分の落ち度は棚に上げて、人の事ばかりを責め立てて!!」

「貴方一人だけが頑張っているわけじゃない!!タブレットばかり見ていないでもっと周りを、人を見てください!!!」

必死に訴える愛。

宗介は何も答えずに行ってしまった。帰社後も宗介は目も合わせず、空気は重い。

退社時、突然大雨が降ってきた。愛は折りたたみの傘を刺し、宗介は様子を目撃。愛(と思い込んでいる梨沙)にプレゼントしたものと同じ柄だ。

宗介が不思議そうに思っていると拓也がやって来て愛をさっさと飲みに誘って行ってしまった。

傷心の梨沙

一方、梨沙は働いているレストランのオーナーである父親・満雄(中田敦夫)と会食。有力な議員の息子とのお見合いの話が来ていること。

梨沙は今の仕事は父のコネで得ていた。が、自分を仕事の道具のように扱かい、さらに苦労を掛けて母を死に追いやった父を憎んでいた。

さらに父親から「浮ついた男遊びは止めろ。見た目をいくら着飾っても中身は変わらない」と厳しい言葉を浴びせられてしまう。

傷心の梨沙は愛に電話を掛けようとする。だが、愛は宗介への愚痴を肴に居酒屋で自棄酒をしていて出ない。

そんな中、宗介から梨沙に電話。宗介は元気が無いと察し、食事に誘う。

宗介の癒し

食事中も宗介は「話したくなったら話せばいい」と梨沙を気遣う。

食事後が終わり、2人は気分転換にフリスビーで勝負をすることに。

宗介は「(ミニスカートでは)動きにくくて不利だから」と後ろから梨沙の腰に自分のジャケットを巻いてあげる。

勝負が終わり、梨沙の気分も不思議と晴れていた。それは宗介も同じだった。(愛に言われたことが彼なりに堪えていた。)

宗介は「愛といると仕事を忘れて、本当の自分に戻れる」と優しく語り掛ける。

梨沙は「あのね、私…」と正体について話そうとする。だが、宗介の優しさに触れ、言い出すことが出来なかった。

愛の暴露

一方、愛は自棄酒を続ける。今度は「私だって...」と気落ちしてしまう。

飲みに付き合っていた拓也は「知っているよ。ジャクソンは頑張っている」と励ます。

店員がやってくるが、うっかり躓き運んでいた水を零しそうになってしまう。拓也はとっさに愛に覆いかぶさり、濡れないように守ってくれた。

「親切ですね…」と拓也の優しさに触れる愛。

飲み会はお開き。フラフラ状態の愛は酔った勢いで宗介に電話を掛ける。

愛「このタブレット男。エラソーに何様なのよ。」

宗介は「どちら様?」と軽くあしらう。

拓也はまずいと携帯電話を取り上げようとする。が、

愛「佐藤愛って言っているのよ!!同姓同名じゃないわよ!!貴方の知っている佐藤愛なの!!!」

勢いのまま幼馴染であることを暴露してしまった。宗介は驚きを隠せないでいた。

【彼女はキレイだった】2話のポイント

  • 愛は宗介を見返すために猛勉強、仕事も慣れてくる
  • 宗介は部員達の力を引き出すべく、廃刊の危機は伏せる
  • 宗介が愛に八つ当たりをして、2人の関係は険悪に
  • 梨沙は宗介の優しさに触れ、ますます代役であると言い出せなくなる
  • 拓也は愛の頑張りを認め、愛も拓也の優しさに触れる
  • 愛が酔った勢いで宗介に幼馴染であると暴露してしまう

【彼女はキレイだった】2話の感想

宗介にイライラ

【彼女はキレイだった】2話は仕事で大事件が勃発。宗介と愛の関係はますます険悪になってしまいます。

でもこれは愛の確認に返事をしなかった宗介が悪いです。

仕事に集中しているのは分かりますが、一言返事をしていれば済む話。

  • 部下の成長を認めない(褒めない)
  • 自分のミスを棚に上げて部下に当り散らす
  • 「総務部」と名前すらもまともに呼ばない

これではただのパワハラ野郎。宗介へのイライラは止まりません。

動き出す四角関係

でも仕事モードでは無い素の宗介は優しさと思いやり、笑顔が満載。これには代役であるはずの梨沙が惹かれるのも納得です。

一方で拓也は頑張る愛に惹かれ始めます。冒頭のおにぎりの下りは愛をからかっていましたが、食事を取っていないと気づいていたからの行動。

拓也も宗介とは違った形で優しさを持っています。

そして、愛も拓也を慕うようになりました。

四角関係はどうなっていくのでしょうか?

【彼女はキレイだった】2話の視聴率

【彼女はキレイだった】2話の視聴率は関東地区7.0%、関西地区10.7%でした。

次週予告

次回の【彼女はキレイだった】はひょんなことから愛が宗介の自宅に上がり込むことに。険悪な2人の関係はどうなる?

一方、梨沙は拓也と知り合い、ある頼みごとをします。

2021/7/20(火)21:00~の放送をお楽しみに。

1話 3話

コメント

タイトルとURLをコピーしました