スポンサーリンク

【仮面ライダーセイバー】18話のネタバレと感想!視聴者も混乱の極み!

【仮面ライダーセイバー】18話のネタバレと感想!視聴者も混乱の極み!

メギド化した人間を切らなければならなくなったセイバー、果たしてどのような覚悟を決めるのでしょうか。

一方で、かつての仲間たちとの関係は混乱を極めています。

この状況に視聴者も混乱しています。一体なぜでしょうか。

今回の記事では【仮面ライダーセイバー】18話「炎の執念、メギドを討つ。」のネタバレと感想をお伝えします。


ADVERTISEMENT

【仮面ライダーセイバー】18話のネタバレ

覚悟はあるのか?

芽依(川津明日香)の上司であるゆき(長谷部瞳)がイエティメギドにされてしまった。イエティメギドを倒すことは同時にゆきの命を奪うことを意味していた。

飛羽真(内藤秀一郎)はイエティメギドを倒し、ゆきも助けたかったが、ユーリ(市川知宏)に「我々に出来るのは切ることだけだ」と一喝されてしまう。

「一体どうすればいい…」と飛羽真は思い悩んでしまう。

そんな飛羽真にユーリはかつてアヴァロンで出会ったこと、かつては剣士だったが世界を守るために人であることを辞めて剣と同化したことを打ち明ける。

そして、アヴァロンで力を手にした飛羽真に「世界を救う覚悟、自分を振るう覚悟があるのか?」と問いかける。

混乱を極める

本屋の屋上で一人思い悩む飛羽真の前に倫太郎(山口貴也)と大秦寺(岡宏明)が現れる。玲花(アンジェラ芽衣)から「セイバーが光の剣・光剛剣最光と共にメギドと戦った」と報告を受け、真意を確かめに来たのだった。

倫太郎は「君は上條()に騙されているだけです」とするが飛羽真は上條の覚悟を信じ、対立は深まるばかりだった。

そこにユーリが現れ「今のソードオブロゴスに正義はない。間違っているのは君たちだ」と言い放なつ。

さらにイエティメギドが出現し倫太郎はブレイズに変身して切りかかる。飛羽真はセイバー変身して「人間がメギドに変身したんだ」とブレイズを止める。

ブレイズは「人間がメギドになるなんてあり得ない」と信じて疑わず、セイバーに不信感を抱いてしまう。

大秦寺は光剛剣最光を回収しようとスラッシュに変身し戦いを挑む。

一方、セイバーはブレイズの攻撃からイエティメギドを庇い、変身解除に追い込まれてしまった。

もはや何が正しくて何が正しくないのかも分からないほど場は混乱を極めていた。最光はまばゆい光を放ち、その場を収めるのだった。

飛羽真の覚悟

本屋に戻った飛羽真とユーリ。芽依は「自分にとってゆきは本の大切さを教えてくれたかけがえのない人。どうしても助けて欲しいの」と訴える。

飛羽真「この世界には沢山の人たちが生きている。」

「その人達を守ることが世界を守ることなんだ。」

飛羽真は思いを打ち明け、それはユーリにしっかりと伝わった。

廃工場にて再びイエティメギドと対峙するセイバーと最光。そこにレジエル(高野海琉)も現れて「もうすぐアルターライドブックが完成してこの人間は消える」とあざ笑う。

レジエルは最光に任せ、セイバーはイエティメギドと対峙する。だが、セイバーは攻撃を受けるばかりで反撃をしようともしない。

ついにイエティメギドのアルターライドブックが完成して体から放出されてしまう。セイバーはその瞬間を見逃さず、アルターライドブックを破壊、ゆきをイエティメギドから分離することに成功する。

セイバーの覚悟を見届けた最光。

最光「俺を振れ!!」

セイバーはドラゴニックナイトにチェンジ、火炎剣烈火と光剛剣最光の二刀流でイエティメギドを撃破する。

迷いを払いを払った飛羽真は「倫太郎たちを説得して共に世界を守る」と覚悟を決めた。

倫太郎の覚悟は?

ユーリは飛羽真の覚悟を認めるが、「ギリギリの賭けだった」とする。

ユーリ「最初から俺を使っていればメギドと人間を分離できた。」

まさかの告白に飛羽真は唖然としてしまうのだった。

一方、サウザンベースでは玲花が「このままではセイバーが大いなる力を手にしてしまう」と危機感を抱く。その上で玲花は倫太郎に問いかける。

玲花「貴方の覚悟は決まりましたか?」

果たして、倫太郎はどのような覚悟を決めるのだろうか。

【仮面ライダーセイバー】18話の感想とまとめ

【仮面ライダーセイバー】18話ではメギド化した人間を救い出すことに成功しました。これでユーリとも友好的な関係を築いて行けそうです。

一方で倫太郎たちとの関係は混乱を極め、溝は深まって行きました。

コミュニケーション不足で混乱の極み

【仮面ライダーセイバー】18話は混乱しています。

  • 飛羽真:「メギドが人間である」としっかり話をしない
  • 倫太郎:話をしっかりと聞かない

登場人物たちが自分の考えにこだわっているのか話をしようとしません。ほとんどの問題はコミュニケーション不足から来ている気がします。

さらに倫太郎は組織(ソードオブロゴス)を絶対的に信用していますが、なぜそうなっているのかの描写が少なく、イマイチ伝わっていません。

とにかく【仮面ライダーセイバー】は全体的に登場物たちの背景や関係性がしっかりと描かれていないのが一番の問題と思います。

次回【仮面ライダーセイバー】19話はセイバーとスラッシュが対峙してしまいます。果たしてセイバーは自分の思いと覚悟を伝えることが出来るのでしょうか。

2021/1/24(月)9:00~の放送をお楽しみに。

「仮面ライダーセイバー」を視聴するには?
【仮面ライダーセイバー】はTELASA(テラサ)で配信中です。

さらにブレイズ・エスパーダ・バスター・剣斬・スラッシュ5人の剣士たちのバックボーンを描く、【剣士列伝】が独占配信されています。

TELASA(テラサ)では多くの過去の仮面ライダーシリーズの配信、レンタル、さらに一部の仮面ライダーは無料公開されています。

※2020/9/22(火)時点の情報です。 料金や最新の配信状況はTELASA(テラサ)公式サイトにてご確認ください。

17話「古の使者は、光か影か。」<< >>19話「炎と光、剣と剣」

コメント

タイトルとURLをコピーしました