アニメ【怪獣8号】あのキャラのキャストは誰?あらすじや見どころも合わせて解説

怪獣8号アニメ化情報
※当サイトのリンクには広告が含まれます

TVアニメ【怪獣8号】が、2024年4月よりテレビ東京系列ほかにて放送決定しました。

公式ホームページの公開や動画共有サイトYouTubeのティザー映像やメインPVなど、次々に情報が発信されており、アニメ放送までの期待が高まっていることでしょう。

アニメ化と言えば、作画や主題歌などは勿論ですが、キャスト(声優)が気になるという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、TVアニメ【怪獣8号】のメインキャストと共に、原作の見どころやアニメ版の注目ポイントなども解説していきます。(2024年1月時点)

【怪獣8号】の基本情報

松本直也先生原作の【怪獣8号】はマンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載中の大人気漫画です。
2023年12月4日にはコミックス最新刊である11巻が刊行され、デジタル版を含めた累計発行部数は1,200万部を突破しております。

原作情報
作者 松本直也
ジャンル バトル・アクション
掲載サイト 少年ジャンプ+
出版社 集英社
レーベル ジャンプ・コミックス
連載開始 2020年7月3日
巻数 11巻(2024年1月現在)
TVアニメ版情報
放送開始時期 2024年4月~
スタッフ 原作:松本直也
監督:宮繁之、神谷友美
シリーズ構成・脚本:大河内一楼
キャラクターデザイン・総作画監督:西尾鉄也
怪獣デザイン:前田真宏
美術監督:木村真二
色彩設計:広瀬いづみ
3D監督:松本勝
撮影監督:荒井栄児
編集:肥田文
音響監督:郷文裕貴
音楽:坂東祐大
怪獣デザイン&ワークス:スタジオカラー
アニメーション制作:Production I.G
キャスト情報
キャラ キャスト
日比野カフカ/怪獣8号 福西勝也
市川レノ 加藤渉
亜白ミナ 瀬戸麻沙美
四ノ宮キコル ファイルーズあい
保科宗四郎 河西健吾
古橋伊春 新裕樹
出雲ハルイチ 河本啓佑
神楽木葵 武内駿輔

【怪獣8号】のあらすじ

舞台は自然災害「怪獣」が日常的に発生している“怪獣大国”日本。
人々の平和を脅かす怪獣と、それを殲滅する「日本防衛隊」との戦いを描いた物語。

本作の主人公“日比野カフカ”は、幼い頃に怪獣によって住んでいた街を滅ぼされ、幼馴染の“亜白ミナ”と共に「二人で怪獣を全滅させよう」と日本防衛隊を目指します。

しかし、数年後そこにあったのは、夢を諦め民間清掃会社で怪獣の死体を片付けているカフカの姿でした。

「なんでこっち側にいるんだろ 俺…」

ミナが防衛隊の隊長として活躍する姿を見る度に引け目を感じる日々。

そんな中現れた、防衛隊を志すアルバイトの青年“市川レノ”。

「なんで諦めちゃったんですか?」

レノと過ごす中で、カフカは再び防衛隊になることを決意します。
しかし、ある事件をきっかけに強大な力を持つ“怪獣8号”に変身する力を身に付けてしまい、複雑な形で夢が再び動き出すのでした。

【怪獣8号】の登場キャラとキャストを紹介

やはり、アニメ化で気になるのはキャスト(声優)ではないでしょうか。
TVアニメ【怪獣8号】の公式サイトではキャストの発表と合わせて、キャラクターボイスも入ったメインPVが公開されており、ファンの期待は更に高まっていることでしょう。

ここでは、メインキャラと共にキャストの紹介をしていきます。

日比野カフカ/怪獣8号(CV:福西勝也)

・キャラクター

防衛隊員になる夢を諦め、怪獣の死体専門の清掃業者「モンスタースイーパー」で働く32歳の主人公。アルバイトとして入社した“市川レノ”と出会い、共に過ごす中で再び防衛隊を目指すことを決めます。
あることをきっかけに、強力な力を持つ「怪獣8号」の姿になり、追われる身になってしまうのです。

・キャスト

福西勝也さんは「東京リベンジャーズ」の龍宮寺堅(ドラケン)や「NOMAD メガロボクス2」のリュウを演じております。渋さや、荒々しさを持った男らしい声が特徴の声優です。
カフカの年齢相応の渋さや、戦闘時の猛々しさなどにハマりそうですね。

市川レノ(CV:加藤渉)

・キャラクター

カフカと同じ民間清掃会社「モンスタースイーパー」にアルバイトとして入社した防衛隊を志す青年。
最初は冷めた態度をとっていましたが、カフカの人間性に触れる中で互いに信頼出来る「相棒」とも呼べる存在に。
不器用ながらカフカの夢を後押しし、共に防衛隊への入隊を目指します。

・キャスト

加藤渉さんの代表作は「君のことが大大大大大好きな100人の彼女」の愛城恋太郎や「勇者が死んだ!」トウカ・スコットなどです。
爽やかで若々しいイケメンボイスが魅力の声優で、レノのカッコよさを存分に引き出してくれるのではないでしょうか。ギャグシーンでのカフカとの掛け合いにも注目です。

亜白ミナ(CV:瀬戸麻沙美)

・キャラクター

幼き頃に住む街を滅ぼされ、共に防衛隊に入ることを誓いあったカフカの幼馴染。
27歳にして日本防衛隊第3部隊の隊長を務め、数百という怪獣を殲滅してきた実力者です。
入隊試験で再会したカフカを、幼馴染としての気持ちを残しながら隊長として厳しく見守ります。

・キャスト

瀬戸麻沙美さんは「呪術廻戦」の釘崎野薔薇役や「陰の実力者になりたくて!」のアルファ役を務める声優です。
クールでカッコいい女性を演じる声は、皆様の持つミナのカッコよさを更に加速させてくれると思います。

四ノ宮キコル(CV:ファイルーズあい)

・キャラクター

日本防衛隊の長官である“四ノ宮功”の一人娘。
「趣味は怪獣殺し」ということもあり、防衛隊の試験では並外れたセンスと実力を持ち、他の入隊希望者と圧倒的な差を見せつけます。
入隊試験時に出会ったカフカの隠れた力に、密かなライバル心を燃やす負けず嫌いな少女です。

・キャスト

ファイルーズあいさんは「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」の空条徐倫や「チェンソーマン」のパワーを演じる声優です。
自身がハーフであることもあり、高音で力強くクセになる特徴的な声を持っています。
キコルのような気が強く、活動的なイメージにピッタリの印象です。

保科宗四郎(CV:河西健吾)

・キャラクター

“亜白ミナ”の右腕である日本討伐隊第3番隊の副隊長。
関西弁で笑い上戸のムードメーカー的な存在で「あのおっさん めっちゃおもろいやん」とカフカをえらく気に入ります。
しかし軽いイメージとは裏腹に、刀のスペシャリストで小型・中型怪獣の討伐においてはミナをも凌ぐ実力を持っており、カフカの隠れた力に感付く程の観察眼を発揮する頼れる人物です。

・キャスト

河西健吾さんは「鬼滅の刃」の時透無一郎や「ヒプノシスマイク」の躑躅森盧笙(つつじもりろしょう)の声を担当しております。
穏やかさと力強さを併せ持ち、様々な性格のキャラを演じる声優です。
特に、盧笙は関西弁のキャラクターなので、イメージしやすいのではないでしょうか。保科の飄々とした雰囲気をどう演じるかに注目です。

【怪獣8号】の見どころ

ストーリーの進展やギャグ要素など【怪獣8号】の魅力はいくつもありますが、最大の見どころは「怪獣とのバトルシーン」ではないでしょうか。

防衛隊員はそれぞれ、自分の特性に適した武器を使用して怪獣の討伐に挑みます。
剣を用いた疾走感溢れるアクション、斧による豪快なアクション、機関銃によるド派手なアクション。
そして、怪獣8号を含めた“”怪獣”という災害の強大さ。

肌がピリつく様な緊迫感と血が熱くなるような高揚感を描いたバトルシーンに目が離せません。

また、主人公である日比野カフカの成長にも注目です。
人が良く、自分に嘘をつけないカフカの人間性が周りにどの様に影響していくのか、そして怪獣8号としてどの様な選択をしていくのか。

是非、ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

TVアニメ版【怪獣8号】の注目ポイント

アニメ化される【怪獣8号】の注目ポイントは「制作会社」です。

本作品の「アニメーション制作」は“Production I.G”、そして「怪獣デザイン&ワークス」は“スタジオカラー”が担当します。

Production I.Gは「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズなどの独自な世界観を描くSF作品や「ハイキュー!!」「黒子のバスケ」などの動きが特に多いスポーツ系作品を手掛ける会社です。
細部までこだわった表現や3D技術を活かした躍動感のある演出に定評があるため、防衛隊員の持つ武器のデザインやエフェクト、怪獣8号の見所でもあるバトルシーンがどのように描かれるか期待が高まります。

また、スタジオカラーは「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版」シリーズを手掛ける、株式会社カラーのアニメーション制作スタジオです。
ヱヴァンゲリヲンシリーズでは、人間よりも遥かに大きなEVAや使徒が描かれ、その迫力や恐怖感すら覚える前衛的なデザインなどに圧倒されます。
怪獣8号で登場する様々なデザイン、大きさの怪獣達がどの様に表現されるのでしょうか。

それぞれの良さを生かした迫力ある映像や、演出を想像するとワクワクが止まりません。