【遺留捜査7】1話であの養豚場親子が共演!「ちむどんどん」すると話題に!

遺留捜査1話

【遺留捜査7】1話であの養豚場親子が共演!「ちむどんどん」すると話題に!

7月14日放送の【遺留捜査】第7シーズン1話で、朝ドラに出てくる養豚場親子役のが、またもや親子役で共演。

朝ドラファンから「ちむどんどんする!」と歓喜の声が上がりました。

【遺留捜査7】、そして「ちむどんどん」ではどんな役柄なのでしょうか?

【遺留捜査7】の星野親子とは?

遺留捜査7/佐津川愛美

1話に登場する星野親子。娘の星野菜美(は、災害・気象情報の配信や避難所の運営など防災に特化したベンチャー企業・京都レスキューサービス(KRS)の副社長。特別捜査対策室の神崎莉緒()とは高校の同級生という間柄。

KRSの吉原弘樹(阿部亮平)が山間の渓流で遺体で発見されるという事件で2人は久しぶりに再会する。吉原と菜美は会社の買収をめぐりもめていたため、菜美にも疑いがかけられる。

しかし菜美は吉原に片思いをしていたから殺すわけがない、という。

父親の星野一男(も、別荘地の近くで菜美を見かけたようで心配している。

そんな中、事件現場近くでKRSのスタッフジャンパーを着ている男の目撃情報が上がる。その特徴は、身長175cm前後で右足をちょっと引きずるというもので、一男の特徴に一致!

菜美たちが家に駆けつけると、一男はすでに遺体となっていた!

…というストーリーで2話に続きます。つまり「ちむどんどん」の養豚場親子は今回、事件の容疑者となっているのです。

『ちむどんどん』の養豚場親子とは?

朝ドラ『ちむどんどん』を観ていない人のために、ちょっと説明を。

養豚場の親子とは、ヒロイン暢子()が生まれた比嘉家のろくでなし長男=賢秀()が働く「猪野養豚場」を経営する猪野寛大()と清恵()です。

清恵は少々きつめの性格で、賢秀にもズバズバ言いたいことをいうタイプ。しかし賢秀のことは憎からず思っている。そのことに父の寛大も気づいていて2人を見守っている様子。

何かと鈍いのは比嘉家の伝統か、知らぬは賢秀ばかりなり…。とはいえ、何かというとこの養豚場に戻ってくる賢秀。気づいてないだけで居心地がいいのでしょう。

ところが、7月15日放送の第70話では、そんな賢秀と清恵に何やら進展があるらしいのです。

賢秀には清恵ぐらいのしっかり者の奥さんが必要だと思うので、うまくいくといいのですが…。

同時期に同じ親子役だけど、全然違う役柄を演じるの演技を見比べると、ちむどんどんするかもしれません。

※本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さい

遺留捜査7
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント