【祈りのカルテ】9話のネタバレ!大人の同期3人の絆が最高!

当サイトのリンクには広告が含まれます
祈りのカルテネタバレ09

【祈りのカルテ】第9話のネタバレ!大人の同期3人の絆が最高!

【祈りのカルテ】9話が2022年12月10日に放送。

移植手術が決まる度に検査に異常が発生。その原因は?

そして、冴木、立石、広瀬の同期3人が初対面。3人のお互いを思う絆に感動間違いなし。

今回の記事では【祈りのカルテ】9話「腎臓内科」の内容とレビュー、感想をお伝えします。

あわせて読みたい
【祈りのカルテ】の原作・あらすじ&ネタバレを最終回まで!良太(玉森裕太)が適性外の科を選んだ訳! 【祈りのカルテ】の原作・あらすじ&ネタバレを最終回まで!良太(玉森裕太)が適性外の科を選んだ訳! 【祈りのカルテ 研修医の謎解き診断記録】(以下、祈りのカルテ...

【祈りのカルテ】配信情報

【祈りのカルテ】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

目次

【祈りのカルテ】9話のネタバレ

広瀬は末期がん

良太(玉森裕太)は自宅で倒れている広瀬(原田泰造)を発見。彼は純正医大に運ばれ、意識を取り戻した。

冴木(椎名桔平)も駆けつけ広瀬に検査を勧める。だが、広瀬は意味がないと拒否し、自分は末期がんと打ち明ける

そして、広瀬は2人が目を離したすきに姿を消してしまう。

腎臓内科で研修

初期研修1年11か月目、良太は腎臓内科で研修。指導医は大賀寛太()、少しお調子者だが院内のムードメーカー。

2人は末期腎不全を患っている17歳の患者・桐生鈴音(植原星空)の病室を訪れる。検査に異常がなければ明日、生体腎移植手術を受ける予定。ドナーは母親の麗香(松永玲子)。

鈴音は手術が成功したら有名ホテルチェーンの御曹司・松井蒼太と結婚する予定。母親が経営している老舗料亭『桐生』はホテルと業務提携を行うことになる。

政略的な意味もあるが麗香は女手1つで鈴音を育て、彼女の幸せを一番に願っていた

だが、鈴音の血液検査の結果、肝臓の数値に異常が見つかる。原因が分からない以上、手術は延期するしかない。

相次ぐトラブル

一方、広瀬はスーパーで倒れ、再び純正医大に緊急搬送されてきた。またしても広瀬は治療を拒否。

意味がないし、何よりも弱った姿を息子の良太に見せたくない。

その夜、良太は義父である幸一(矢柴俊博)から静岡への転勤を打ち明けられる。母親と義理の妹は幸一に付いていく予定。

就職先となる病院とは話を付けており、幸一は良太と暮らすことを望んでいた。

返事は保留にする良太。自分としてはこのまま純正医大で働きたかった。

臨床検査技師の小笠原一博(若林時英)が改めて鈴音の血液検査をした結果、異常無し。

だが、今度は麗香の心電図で心房細動が見られ、移植手術は再度延期となってしまう

広瀬が立石に約束したこと

広瀬は強引に退院しようとする。彼を冴木と立石(松雪泰子)が彼を止める。3人はかつて医者を目指した同期。

立石は広瀬がしたことを許せないでいた。研修中、立石の恋人が自殺。ショックから医者になることを諦めたが、広瀬が支えると約束してくれた。

広瀬のおかげで立ち直る事ができた。が、彼は約束を果たすことなく医者を諦めた

広瀬は奥さんと産まれてくる子供(良太)の側にいたかったから。医者になるよりも大切なことだったから。

立石は「直接言って欲しかった」と怒ってしまう。その上で「息子が大切なら今度こ正しい選択をしなさい」と諭す。

検査結果に異常が出た原因

鈴音の手術は一ヶ月後に延期。良太は彼女に透析を行う。初めは病院も透析も嫌いだったが、今は好きになったという。

その後、良太は入院中に鈴音と仲良くなった沙智(豊嶋花)から話を聞く。「大切な人がいたから鈴音は前向きになれたんじゃない」と沙智。

世話を焼いてくれたみどり(池田エライザ)がいたから変われた自分と同じように。

良太は鈴音のカルテを見直す。そして、異常が出た原因を突き止める。

検査結果は意図的に改ざんされていた。それが出来るのは一人しかいない。臨床検査技師の小笠原(若林時英)だ

2人は恋人同士。透析を受けている間、小笠原は自分を励ましてくれ、好きになったのだ。

小笠原は「どんな処分でも受けます」と頭を下げる。でも鈴音のことは本気で愛している。自分の腎臓を渡したい、と打ち明ける。

鈴音は母に対して育てくれた感謝を述べると共に「小笠原とずっと一緒にいたい」と本音を打ち明ける。

麗香も「あなたの気持ちを考えていなかった」と謝るのだった。

9話の結末

その後、良太と大賀は小笠原の上司・竜崎勲(山中聡)から謝罪を受ける。患者側が納得しているので警察沙汰にはしない、という。

その後、良太は幸一の元を訪れ、今後について話す。

良太「俺は一緒には行けない。」

お世話になった先生方、同期と共に純正医大で働くことを良太は選んだ

今まで自分の気持を伝えていなかった。でもこれからは思ったことを正直に打ち明ける。

幸一は良太の決断に納得。彼も今度は思ったことを言う。こうして2人は本当の家族になれた

1ヶ月後、初期研修最後の月。良太は緩和ケア科で研修。広瀬を担当することになった。

【祈りのカルテ】9話のレビューと感想

【祈りのカルテ】9話の患者回りはいい話なのでしょうか?

手術が延期になれば相手が婚約破棄する、と考えた様子。でも検査技師がやっていることは立派な犯罪。被害届は出されなくとも退職は必須。しかも相手は17歳。

考えと行動が浅はか過ぎる気がします。

同期(冴木、立石、広瀬)の絆が最高

ついに冴木、立石、広瀬の同期3人が初対面。こちらはしっかり絆を感じました。

立石が広瀬を許せなかったのは本音を言ってくれなかったから。本音を聞けたことで今度は広瀬に正しい選択をして欲しい、本音を言って欲しい、とします。

本音を言い合える同期の絆は最高です

次週予告

次回【祈りのカルテ】もついに最終回。良太は父親・広瀬の最期を看取ることになります。これだけで号泣の予感。

2022/12/17(土)22:00~の放送をお楽しみに。

8話「皮膚科」<< >>最終回「緩和ケア科」

画像の引用元:祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~|日本テレビ

祈りのカルテネタバレ09

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次