【祈りのカルテ】8話のネタバレ!広瀬と良太の親子の証しに視聴者感動!

祈りのカルテネタバレ08

【祈りのカルテ】8話のネタバレ!広瀬と良太の親子の証しに視聴者感動!

【祈りのカルテ】8話が2022年11月26日に放送。8話は皮膚科で研修、火傷を負った患者の秘密とは?

広瀬と良太の親子の仲が進展。作中に親子の証しが登場します。

更にシンガーソングライターの川崎鷹也さん、元AKB48の大家志津香さんが登場。

皆さんは気づかれましたか?

今回の記事では【祈りのカルテ】8話「皮膚科」の内容とレビュー、感想をお伝えします。

【祈りのカルテ】配信情報

【祈りのカルテ】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【祈りのカルテ】8話のネタバレ

険悪な同期の仲

諏訪野良太(玉森裕太)は冴木医師(椎名桔平)から預かったスクラブをアパートまで届けに行く。するとその部屋には広瀬(原田泰造)が住んでいた。広瀬は良太に焼きそばをふるまう。

良太は冴木と広瀬が同期なのを知り、「どうして医者にならなかったのですか?」と尋ねる。広瀬は「いろいろあって」と答えをはぐらかす。

去り際、良太は「今度一緒にサウナに行きましょう」と誘う。無邪気な良太に複雑な心境の広瀬。

3か月後。橘(堀未央奈)はファンのストリートミュージシャンの演奏にうっとり。谷川(YU)は「遊んでいる場合か」とお説教。2人は険悪なムードになってしまう

一方、みどりは朝方になってから帰宅。実家で母の看病をしていた。この後は休む暇なく仕事。

裕也(矢本悠馬)はそんなみどりを心配。だが、言い争いになってしまい、こちらも険悪なムードに

皮膚科の患者が放火犯?

初期研修1年10か月目。諏訪野と橘は皮膚科で研修。指導医は妖艶な雰囲気が漂う桃井佐恵子(りょう)

皮膚科は入院患者も少なく、産休や育休を取りやすい職場。だが、火傷の患者が運ばれると修羅場となる。

そんな折、守屋春香(山崎紘菜)という太ももに大やけどを負った患者が運ばれてくる。痛みで暴れる春香を良太と橘はなんとか治療する。

春香は揚げ物の油をひっくり返してしまったという。火傷の範囲は広く、皮膚の移植が必要。3週間は入院となる。

小学生の息子・陽太と婚約者で中学校教師の鍋島義人(岩井拳士朗)がやってくる。春香は駅前のサンドウィッチ屋で働いており、鍋島が通い詰める形で恋に落ちた。

橘は春香の不審な点に気づく。春香は搬送された時にロングスカートを履いていたのに、シミがない。

春香の勤務先は昨日放火が起きており、犯人の背格好や年齢が似ている。橘は春香を放火犯と疑う

春香と鍋島が隠していること

そんな中、春香は鍋島が「突発性難聴じゃないか?」と疑う。良太が検査を勧める。が、カルテに職業など細かく書かれることを知った鍋島は突然、診断を断る。

夕方、良太は春香の火傷の処置。すると火傷の横に黒いシミを発見する

春香は10年前に突発性難聴を患いこの病院で治療を受けていた。だが、当時の電子カルテは無く、黒いシミに関する手がかりはない。

春香と鍋島は何かを隠している様子。

一方、広瀬は冴木に「良太にここに来ないよう伝えてくれ、と言っただろう!」と詰め寄る。自分たちはもう親子じゃない。会う資格は無い。

良太が医者になった姿を見ることが出来た。一緒に飯も食えた。広瀬はそれだけで十分だった。

アパートに戻った広瀬は吐血してしまう。

疑われ続けて来た春香の人生

その夜、春香が無断で病院を抜け出してしまい、良太が探す。翌朝、春香が戻ってきた。

「息子が急に雑巾が必要だったから。もういいでしょう」とふてぶてしい態度を取る春香。

そんな態度が頭にきた橘は昨晩彼女を駅前で見かけた、と詰め寄る。その近くではまたしても放火が起きていた。

放火犯に疑われて春香は激怒。桃井は橘をたしなめる。

医者は患者の信頼を得るところから始まる。いくら頭に来たからといっても不安にさせることを言ってはならない。

良太は春香の火傷の処置。すると包帯の巻き方が変わっていること、火傷が広かっていると気づく。春香を問い詰めても知らない、と言うだけ。

翌日、放火犯が逮捕されたとニュースが流れる。橘は春香に疑ったことを謝罪。良太も一緒に頭を下げる。

春香は気にしていないと言うよりも投げやりな様子。ずっと他人に疑われる人生だったから。

鍋島が隠したかったこと

その後、春香は火傷の原因を教える代わりに鍋島に無理矢理にでも検査を受けさせることを要求。

だが、鍋島はまたしても理由を付けて検査を拒否しようとする。鍋島は観念して隠していたことを打ち明ける。

教師をしているのは嘘。本当はデザインの在宅ワークをしている。診断を受けたら春香にバレると思った

春香の太ももの黒いシミに付いては知らない。彼女はいつもロングスカートを履いて見せようとしなかった。

良太は10年前に書かれた春香のカルテを見返す。彼女はMRI検査を断っていた。そこから良太は火傷を隠す理由に辿り着く。

春香が隠したかったこと

春香は自分と当時付き合っていた男の名前のタトゥーを太ももに入れていた。だからMRI検査を受けられなかった。

大切な鍋島に知られたくなかった。彼を傷つけたくなかった。だが、レザーで消すお金はない。

そこで春香は自ら油をかけ、タトゥーを消そうとした。病院を抜け出したのはタトゥーを1度では隠し切れなかったから。

良太はいかに危険なことをしたのか訴える。足を切断したかもしれない。弱った皮膚から感染が広がって命を落としたかもしれない。

良太「もっと自分を大切にして下さい。彼を信じているなら正直に話すべきです。」

8話の結末

その後、春香と鍋島はお互いの隠し事を打ち明ける。お互いそんなことで嫌いはならない。「僕と一緒に人生を歩んでくれませんか?」と鍋島はプロポーズをする。

橘はストリートミュージシャンの演奏はもういいとする。桃井のようなカッコいい医者になりたいという明確な目標が出来たから。

その後、橘と谷川はいい雰囲気に。

一方、裕也と良太はみどりの為に特製の唐揚げを作る。家事の分担を代わる、資料まとめを手伝うなどは出来る。もっと頼って欲しい。

それぞれが仲直りすることが出来た。

良太は広瀬に唐揚げを届けに行く。だが、返事がない。良太が部屋に入ると広瀬は口から血を流し、倒れていた。

【祈りのカルテ】8話のレビューと感想

広瀬と良太の絆の証し

【祈りのカルテ】8話は仲間、恋人、親子の絆を感じさせる回。

春香の行いは度が過ぎていますが、この病院の患者さんは問題ある人が多いので。

一方、広瀬と良太の親子の絆を象徴するアイテムが登場。広瀬が良太の為に作った焼きそばの具は魚肉ソーセージのみ。

魚肉ソーセージは良太がいつも食べている好物。広瀬はしっかりと把握していた。あるいは広瀬も魚肉ソーセージが好き。

まさに魚肉ソーセージが親子の証し。

良太は広瀬が実の父親とはまだ知らない。広瀬も素直になり、打ち明けられる日は来るのでしょうか?

川崎鷹也と大家志津香が登場

シンガーソングライターの川崎鷹也さんが登場。橘が彼の演奏を聞いていました。

川崎が歌っていたのは「魔法の絨毯」。本人の楽曲です。

更に元AKB48の大家志津香さんも登場。どこだか気づきましたか?

なんと大家さんは放火犯役。これは言われないと分からないです。

次週予告

次回の【祈りのカルテ】は腎臓内科が舞台。移植が決まる度に患者に異常が出る原因は?

1週お休み、2022/12/10(土)22:00~の放送をお楽しみに。

7話「救命救急科」<< >>9話「腎臓内科」

画像の引用元:祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~|日本テレビ

コメント