【祈りのカルテ】4話!香織(堀田真由)への愛情が「怖すぎる」!

祈りのカルテネタバレ04

【祈りのカルテ】4話!香織()への愛情が「怖すぎる」

【祈りのカルテ】4話が2022年10月29日に放送。4話はミステリー色が強めの話です。

原因不明の病に倒れた患者・香織()。彼女を苦しめている犯人は誰?

動機に愛情があるけれども、怖すぎる!!

今回の記事では【祈りのカルテ】4話「総合診療科」の内容とレビュー、感想をお伝えします。

【祈りのカルテ】配信情報

【祈りのカルテ】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【祈りのカルテ】4話の内容

原因不明の患者

初期研修10か月目、諏訪野良太()は裕也()と共に総合診療科で研修。

総合診療科は他の科で診断が付かなかった患者を専門に診る科。

指導医は自らをシャーロック・ホームズと名乗り、診断を「謎解き」と呼ぶ変わり者の榊健太郎(

総合診療科に病名不明の患者・工藤香織()がやってくる。

香織の症状

香織は商社で働くキャリアウーマン

同期の佐々原雅人からのコーヒーを貰う

そのコーヒーを飲んだ途端、手先が痺れ発作を起こして倒れた

救急科、脳神経外科、婦人科で検査をしたが原因は分からなかった

謎解き開始

心配した母・佳代(加藤貴子)がやってくる。彼女は最近、裕也が通っているパン教室の先生。

香織は2、3日検査入院することになる。「明後日大切なプレゼンがある」と香織は不満げ。

榊は改めて香織から話を聞く。

香織は「プレゼンを競っている佐々原がコーヒーに薬を盛ったんです」と訴える。

榊は良太と裕也に「君たちだけでこの謎病の原因を解決したまえ。解決した方を僕の相棒、ワトソンにしてあげよう」と告げる。

裕也は張り切り、香織に聞き込み。

昨晩は深夜まで仕事。寝付けなかったので母とワインを飲み、ナッツを食べた、という。

良太は母・佳代に聞き込み。夫は5年前に心筋梗塞で他界していた。遺伝性はないので香織には関係ないだろう。

沙智と裕也の今後は?

一方、手術を無事に終えた沙智(豊嶋花)が退院。みどりは()は外科医の冴木真也()と話をする。

沙智が完治するのは腎臓移植が必要。成人して優先権が無くなればドナーを見つけるのに15年近く掛かる可能性がある。

香織の上司・松田(岩永洋昭)がお見舞いにやってくる。

裕也は病室の前でそわそわしている佐々原と発見し、尾行開始。

だが、その途中で父親の真也に見つかってしまい、「医者なら目の前の患者に集中しろ!!」と大目玉を食らってしまう。

なんとなく父と同じ医師になろうとしている裕也にかなり堪える言葉だった

香織の検査結果は異常なし。香織は「大事なプレゼンがあるから」とさっさと退院してしまう。

義理の父の気持ちは?

翌日、良太は食堂で精神科の立石()と遭遇。

更に義理の父・幸一(矢柴俊博)もやってきていた。人間ドックの再検査だという。

検査の結果は異常なかったが、幸一は「母さんには話さないでくれ」と良太に頼む。

立石は幸一が気を使っている」、とする。

総合診療科は最後の砦

香織はプレゼン。だが、その途中で倒れ、緊急搬送されてくる。

榊は香織にブドウ糖を注入。香織は意識を取り戻す。

榊は「急性間欠性ポルフェリン症」と診断。仕事のストレスと無理をし過ぎたせいだろう。香織はしばらく入院することになった。

事件は無事解決。だが、榊は何かが引っかかる。

その夜、香織はノートパソコンを持ち込んで仕事。佳代は処方された薬を飲むように促す。

その後、香織の容態が急変。激しい腹痛を訴える。良太が処置。香織に「薬は飲みましたか?」と尋ねる。

香織は「4錠全部飲んだ」と答える。

榊は総合診療科の仕事について説く。病状不明の患者が最後に来る所。だから、決して諦めてはならない。

良太は香織のカルテを見返す。

香織のカルテ

  • 倒れる前日にワインを飲み、ナッツを食べた
  • 薬は3錠処方
  • 尿検査の結果、睡眠薬が検出された

良太は香織の病の原因を突き止める。

香織の病の原因

良太は佳代を呼び出し、原因について問い詰める。

香織の病の原因は佳代にあった。佳代も「急性間欠性ポルフェリン症」持ち、遺伝性がある。

佳代は「急性間欠性ポルフェリン症」を引き起こすようにワインとナッツを勧めた。更に香織の薬に睡眠薬を1錠混ぜた。

こうでもしないと香織は仕事を辞めない。夫は過労の末、心筋梗塞を発症。娘には二の舞になって欲しくなかった

その後、佳代は香織に自分がやってことを伝える。「信じられない!!なんで邪魔したの!?」と香織は激怒する。

裕也は「親子だからではないでしょうか?どんなことをしても子供を守りたかったんだと思います」と訴える。

4話の結末

一ヶ月後、香織の症状はだいぶ安定した。仕事は辞めた、という。今後は自分らしく、本当にやりたいことを探す、という。

佳代が香織を迎えに来る。仲直りできたようだ。

裕也は父・真也に自分の思いをぶつける。

裕也「俺は父さんのような立派な医者にはなれないと思う。でも俺みたいな医者が一人ぐらいいてもいいんじゃないかな?」

良太たちはそんな裕也を飲みに誘うのだった。

【祈りのカルテ】4話のレビューと感想

香織(堀田真由)への愛が怖すぎる

【祈りのカルテ】4話、香織の病の原因は母親。娘を心配するあまり、強硬手段に出てしまいました。

母は睡眠薬を盛ったことで娘をかなり苦しめた。

「めちゃくちゃ闇深い母娘」、「母の行動が怖すぎる」と不安に思う視聴者の声が殺到

娘への母の愛でしょうが、他に方法がなかったのでしょうか?

上司と同僚を見る限り、ブラック企業ではなさそうでしたし。

堀田真由と小手伸也が登場

入院患者・香織を演じていたのはさん

  • 「鎌倉殿の13人」主人公・北条義時の正室となる比奈
  • 「大奥 徳川家光×万里小路有功 編」ヒロイン・徳川家光(予定)

に出演中の注目の女優。喜怒哀楽のある役を生き生きと演じていました。

指導医の榊を演じていたのはさん。相変わらず癖が強い役です

その中で「僕らが諦めたら患者はどこにいく。僕らの仕事は諦めないことだ」と信念を語るのはカッコいい。

次週予告

次回の【祈りのカルテ】は循環器内科が舞台。極秘入院している患者の秘密とは?

2022/11/5(土)22:00~の放送をお楽しみに。

3話「産婦人科」<< >>5話「循環器内科」

画像の引用元:祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~|日本テレビ

コメント