【祈りのカルテ】5話!絵理(成海璃子)の本当の思いに視聴者号泣!

祈りのカルテネタバレ05

【祈りのカルテ】第5話!絵理(成海璃子)の本当の思いに視聴者号泣!

【祈りのカルテ】5話が2022年11月5日に放送。

5話は難病を抱えているVIP患者・絵理(成海璃子)が登場。沙智(豊嶋花)との関係は?

絵理の本当の思いとは?それを知った時、号泣間違い無し。

今回の記事では【祈りのカルテ】5話「循環器内科」の内容とレビュー、感想をお伝えします。

【祈りのカルテ】配信情報

【祈りのカルテ】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【祈りのカルテ】5話の内容

VIPの患者・絵里(成海璃子)

諏訪野良太(玉森裕太)は同期のみどり(池田エライザ)は循環器内科で研修。

指導医・上林晃太郎(高橋努)に連れられ、2人は最上階の特別病室へ。女優の愛原絵理(成海璃子)を担当することになる

絵里は特発性拡張型心筋症を発症し、補助人工心臓装置に繋がれている状態。ベッドからも動けない。

「日本じゃ私の病気を治せないでしょ」とぶっきらぼうな態度を取る絵里。彼女はアメリカでの心臓移植手術を希望していた。

更に絵里の手術には億単位のお金が必要。

絵里と沙智の関係

みどりは絵里の本名が四十住(あいずみ)と気づく。珍しい名字であり、腎臓の病で入院していた沙智(豊嶋花)と同じ。

マネージャーの横溝美沙は絵里の入院を家族にも伝えていなかった。絵里も「私が入院していることは誰にも話さないで」と釘を刺す。

良太とみどりは絵里のカルテを確認。やはり、絵里は沙智の姉だった

お人好しの良太は絵里の「餃子と杏仁豆腐が食べたい」というワガママを聞く。みどりは不満げ。

その後、みどりは腎臓内科で血液透析を受ける沙智の様子を見に行く。「アイスが食べたい」とワガママを言う沙智。

「そっくりだな、この姉妹」と絵里に会ったことを口に出してしまう。

一方、良太は買い出しに行った中華屋で広瀬(原田泰造)と遭遇。テレビに映る絵里を知り合いであるかのように言ってしまう。

絵里の入院をリークしたのは誰?

そんな中、絵里の極秘入院が週刊誌にバレてしまう。事務所の社長・久米雅彦とマネージャーの横溝は病院の責任を追求。

研修医である良太とみどりが「情報をリークしたのでは?」と疑われてしまう。

良太は病院のロビーで広瀬に遭遇。彼は飯代として1万円を強引に渡してきた。リークしたのは広瀬で、このお金は謝礼のつもり?

広瀬は外科医の冴木(椎名桔平)を発見。すると逃げるように去っていく。

冴木は良太に広瀬との関係を尋ねる。その上で「今度彼が来たらすぐに知らせろ」という。

その後、久米社長は会見を開き絵里の手術費用を募る。久米社長は世間の同情を買い、寄付金を募るためにワザとリークした?

悲しい姉妹の再会

良太は絵里と話をする。「私は愛原絵理なんだから(寄付は)当然でしょ」とお高い態度の絵里。

みどりが沙智を連れてやってくる。沙智はどうしても姉に会いたかった。

早くに父を亡くし、絵里は芸能人として必死に働いた。その結果、難病に罹ってしまった。

絵里は「全部アンタのせい。もう顔も見たくない。出ていって!!」と冷たい態度

「分かった、バイバイ」と病室を出る沙智。だが、涙を堪えきれなかった。

リークをした人物

数日後、絵里の募金は3億円に登る。だが、久米社長の横領疑惑が報じられてしまう。

2つのリークをしたのは同じ人物なのか?

良太達はマネージャーの横溝を追求。久米の横領を知り、絵里の回復を願っているのは彼女。

横溝はリークを認める。久米は絵里に手術費用を出さないと判断。彼を追い込むにはこの方法しかなかった。

みどりは「本当にアメリカで手術を受けるのですか?」と尋ねる。調べた結果、入院予定の病院では心臓移植手術を行っていなかった。

つまり、手術も嘘。「失礼します」と横溝は去っていく。

絵里の本当の顔

その夜、良太は絵里と話をする。絵里の願いを聞いて車椅子に移動。彼女に夜景を見せる。

今日の絵里はいつもと違う。

絵里「ここにいるのは四十住絵里。もう演技しなくて済むから。」

良太は「もしかして全部演技だったんですか?」と尋ねる。

全ては絵里が仕組んだこと。お金は自分の治療ではなく、同じ病気で苦しんでいる子供たちに回るようにしていた

助からないとしても自分は十分に生きることが出来た。

沙智に冷たい態度を取っていたのも自分の死を悲しませない為の演技だった。

良太は絵里に彼女の病気を治せる医者になると約束する。

だが、1週間後、絵里の容態が急変。脳死状態となってしまう

絵里の最後の願い

絵里は臓器提供カードと母親、沙智に宛てた手紙を残していた。

お母さんへ

最後までワガママな娘でごめんなさい。最後にお母さんの餃子食べたかったな。

沙智へ

この間はひどい態度を取ってごめんね。本当は嬉しくて泣くのを我慢していた。

本当にやりたいことを見つけて人生を楽しんでね。

今生きているのは奇跡みたいなことなんだから。

絵里の意思により彼女の腎臓は沙智に移植された

5話の結末

良太は精神科の立石(松雪泰子)の元へ行き、自分の思いをさらけ出す。

良太「もっとやれることがあったはずなのに。(絵里との約束は果たせなかった)何をやっていたのでしょうか!!」

悔しくて涙が止まらない。

立石は「これから沢山の死と向き合うことになる。でも今日の思いを忘れないで」と説くのだった。

その後、良太は絵里のカルテを書く。ここに彼女が生きていた証を残したい

一方、冴木は広瀬を呼び出していた。

【祈りのカルテ】5話のレビューと感想

絵理(成海璃子)に号泣

【祈りのカルテ】第5話は絵理を演じていた成海璃子さんが全てを持っていきました

  • 妹を冷たく突き放しながらも目に涙を薄っすら浮かべる
    →本当は泣きたいのを堪えるのに必死だった
  • 自分の運命を受けいれて気丈に振る舞う
  • 全てを終えた夜の病室では穏やかな表情を見せ、声色も優しくなる

成海璃子さんの演技も相まって、「まさか号泣案件ぶっ込んでくるとは思わなかった」、「過去一涙が出る第一部最後にふさわしい回だった」と視聴者は大号泣。

そして、絵里は良太が初めて死と向き合うことになる患者。絵里のカルテを書く姿に医者になる覚悟と成長を感じました。

「NICE FLIGHT!」ネタが炸裂

【祈りのカルテ】第5話中華屋のテレビで流れていた絵里出演の作中ドラマは「RICE FLIGHT!」。

これは玉森裕太さんが主演を務めた「NICE FLIGHT!」のパロディです。

「ZIP!」からの特別ゲスト・山﨑誠アナウンサーの髪型もだいぶ似せています。

次週予告

次回の【祈りのカルテ】は小児科が舞台。ぜん息患児が何度も病室から姿を消してしまうのは何故?

2022/11/13(土)22:00~の放送をお楽しみに。

4話「総合診療科」<< >>6話「小児科」

画像の引用元:祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~|日本テレビ

コメント