【祈りのカルテ】第3話!患者・文香(矢田亜希子)に「無責任」の声殺到!

祈りのカルテネタバレ03

【祈りのカルテ】第3話!患者・文香(矢田亜希子)に「無責任」の声殺到!

【祈りのカルテ】3話が2022年10月22日に放送。

今度の舞台は産婦人科。患者・文香(矢田亜希子)が無茶振りを連発。

最終的には「無責任」と避難される事態に。一体どうして?

今回の記事では【祈りのカルテ】3話「産婦人科」のストーリー(ネタバレ)と感想をお伝えします。

【祈りのカルテ】配信情報

【祈りのカルテ】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【祈りのカルテ】3話のストーリー

お腹の子の父親はどっち?

諏訪野良太()は産婦人科で研修。

指導医の木佐貫英子()は元ヤンと噂。肝が据わっており、理事長にも言いたいことをはっきりと言う女性だ。

小野文香(矢田亜希子)という弁護士の女性が切迫早産で緊急搬送されてくる。妊娠25週目、仕事中に倒れた。

産婦人科の患者は他の科と異なり、全員が女性。文香を安心させるために良太は木佐貫と共に診断をする。

病室に夫・正和()が駆けつける。が、文香は「離婚したんです。貴方とは関係ない」と冷たい言葉を浴びる。

そこに文香の今の婚約者である岡田俊一()が登場。正和と岡田の2人は「お腹の子は自分の子供」と主張する

文香が無茶な要求しだす。

文香に関する情報

  • 文香と正和は10年前に結婚したが、子供が出来なかった
  • 3年前から不妊治療を開始
  • 子供を授かるも流産
  • 正和は子供を諦めて2人で生きようと決める
  • だが、文香のほうから別れを告げ、2人は4ヶ月前に離婚
  • 岡田とは半年前から交際、不倫関係にあった

文香はどちらが父親なのかをはっきりと答えない。更に「切迫早産の治療は受けるが、検査は受けない」と言い出した

検査は母子ともに健康に子供を産むために必要なのに一体どうして?

その後、正和は文香の病室へ。更にフードデリバリー途中の岡田もやってくる。2人は揉めだしてしまう。

そんな2人を木佐貫は「うるさい!!」と一喝する。

良太は正和と話をする。正和は「父親になる覚悟が足らず、不妊治療に消極的だった」と自分を責める。

その後、文香は「帝王切開をしてほしい。来週には取り出せるでしょ」と要求。

あまりに無茶な要求に木佐貫は「許せるわけない」と激怒。妊娠28週目では胎児の成長が不十分だから。

理由を尋ねるも文香は「大切な人のため」としか答えない。

良太と義理の父親との関係

その夜、良太は実家に戻り夕食。義理の父親の幸一(矢柴俊博)は張り切って辛口カレーを用意していた。

良太は辛口が苦手だったが、幸一に気を使ってカレーを食べる。

良太が2歳のときに父親が死亡。母親は必死に働いてくれた。11歳のときに幸一と再婚した時は嬉しかった。

だが、良太は幸一との接し方が分からず、気を使って精一杯息子であろうとした

みどりと沙智は告白の練習

一方、曽根田みどり()は沙智(豊嶋花)が入院患者・町田翔馬に気があることに気づく。

みどりは沙智に告白の練習を提案。ひとまず、同期の冴木裕也()相手に行ったが何か違う。

産婦人科の医局に木佐貫が出勤。昨晩は後輩で精神科医の立石聡美()と飲んでいた様子。

木佐貫は昨日出くわしたカップルの愚痴をこぼす。女性の方が彼氏に気を使って病気を隠していた、という。

その話を聞いた良太はみどりに頼みごと。2人は文香の元へ。みどりが検診をしようとするが、文香は声を荒らげて拒否。

その様子から良太は「文香は子宮頸がんを患っている」とする。

好きな人のために出来ること

良太は岡田にその事実を話す。「そんな責任は取れない」と岡田。そして、「自分はお腹の子の父親ではない」と白状する。

岡田はフードデリバリー中にトラブルを起こし文香に相談、解決した貰った。

高額な弁護士費用を免除してもらう代わりに父親のフリを頼まれた。

良太は文香のカルテを読む。が、その途中、みどりとの交換条件で沙智の告白の練習に付き合う羽目に。

沙智は町田が女の子と楽しいそうに話しているのを目撃。「好きな人のために諦める」とする沙智

自分が病気のままだと好きになった人を不幸にする。沙智は手術を受け、病気を治す決意を固める。

良太は沙智の言葉から文香の本当の思いに気づくのだった。

文香の本当の思い

良太と木佐貫は文香、正和と話をする。

文香は子宮頸がんを患っていた。正和に話すと「子供は諦めよう」と言い出す。更に自分を責めてしまうと思い、突き放そうとした

大好きだからこそ正和を苦しめたくなかった。自分の命と引き換えにしてもやっ授かった正和との子供を産みたかった。

木佐貫「分かった。じゃあ覚悟を決めな!!」

文香は病気を治療しながら子供を育てる覚悟を。正和は命がけで2人の命を守る覚悟を決める。

3話の結末

木佐貫と良太は癌の手術と帝王切開を執り行う。無事に1428gの女の子が産まれた。

「ありがとうございます」とお礼を述べる正和。文香と正和はお互いの手を取り合う。

一方、沙智の手術も無事に成功。彼女は病気に対して前向きになれた。

だが、外科医の冴木真也()はみどりに沙智の厳しい今後について話す。

沙智が完治するには腎臓の移植が必要。適応するドナーを見つけなければならない。

続く。

【祈りのカルテ】3話のレビューと感想

文香(矢田亜希子)に「無責任」の声

【祈りのカルテ】3話。患者の文香(矢田亜希子)が夫に心配かけまいと病気を隠していたのが真相。

夫婦の絆の強さを感じるいい話ではあります。が、文香(矢田亜希子)に対して視聴者から「無責任じゃないか?」という声が殺到しました。

文香の問題点

木佐貫が指摘したように自分が死んだら残された子供はどうするつもりだったのか?

子供を産むつもりならなおさら癌を打ち明け、今度のことを考えるべきではないか?

産まれてきた子供の体重はかなり軽い
→しっかり育つのか?

文香は「子供を産みたい」という気持ちが先行。「しっかりと育てられるのか?」という子供に対する考えが足りていない

この考えの甘さが「無責任」と非難が殺到する原因になったようです。

矢田亜希子が出演

祈りのカルテ 矢田亜希子
#image_title

文香を演じていたのは女優・矢田亜希子さん。近年では「ラヴィット!」水曜レギュラーなどバラエティへの出演が多い。

ですが、全盛期には「やまとなでしこ」などの大ヒットドラマに出演。かなりの大物女優さんです。

次週予告

次回の【祈りのカルテ】の舞台は総合診療科。患者が発作を起こした原因は?犯人は一体誰?

2022/10/29(土)22:00~の放送をお楽しみに。

2話「外科」<< >>4話「総合診療科」

画像の引用元:祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~|日本テレビ

コメント