【祈りのカルテ】第2話!冴木先生(椎名桔平)の行為に賛否両論!

祈りのカルテネタバレ02
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【祈りのカルテ】第2話!冴木先生(椎名桔平)の行為に賛否両論!

【祈りのカルテ】第2話が2022年10月15日に放送。2話の研修先は外科。患者が手術の方法にこだわる理由とは?

指導医の冴木先生(椎名桔平)の行為が「カッコいい」と話題。でも「問題では?」と疑問の声も。

賛否両論となったのはどうしてでしょうか?

今回の記事では【祈りのカルテ】2話「外科」の内容とレビュー、感想をお伝えします。

【祈りのカルテ】配信情報

【祈りのカルテ】放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【祈りのカルテ】2話の内容

外科は体育会系

諏訪野良太は(玉森裕太)外科で研修。指導医は病院でも特に優秀な冴木真也(椎名桔平)。

長時間の手術を行う外科はとにかく体力勝負の体育会系。手術をしては帰りに焼き肉、手術をしてはステーキ、手術をしては肉を食って体力を付ける。

外科特有のハードなルーティンに良太はヘトヘト。

冴木は良太に「手術は患者の体にダメージを与えるので行うべきじゃない。だが、しなければ救えない命がある」と説く。

がん患者が手術を拒否

良太と冴木は胃がんを患っている高齢の患者・近藤玄三(伊武雅刀)に手術の説明。

がんの進行は胃の粘膜内止まり。これなら開腹手術ではなく、負担が少ない内視鏡手術を行える。

これには再来週には80歳になる近藤、娘・幸子と孫・真緒は一安心。

近藤はそのまま入院。同じくがんを患っている若宮悟志(前原滉)と仲良くなる。

翌日、良太が病室を訪れると若宮が検査前にジュースを飲んでいた。「人の親切を無下にはできない」と若宮。

近藤が思いつめた表情で戻ってくる。すると「手術は受けません」と言い出した。良太が理由を聞いても近藤は「がんじゃないからです」としか答えない。

もしかして近藤は怪しい民間治療を吹き込まれてしまったのか?

冴木が再び手術の説明をするも近藤の答えは変わらなかった。

もし手術を受けなければ近藤は2、3年で亡くなってしまう。患者が拒否したら医者は治療方法を強要することはできない。

一方、みどり(池田エライザ)は、担当は外れたが患者の沙智(豊嶋花)が気になる。紗千は「何人死んだかを数えている。病院は人がなくなるところでしょ?」と無表情で言う。

スーツ姿の怪しい男

その夜、近藤と若宮は外科のスタッフステーションに忍び込み、カルテを見ようとする。

「何をやっているんですか!!」

当直をしていた良太が2人を発見、理由を問いただす。

「自分の診断に疑問を持っているからです」と答える若宮。本人はがんと言っているが本当は胆石。何度言っても聞かず、良太は呆れてしまう。

良太は近藤には「がんである」と説明。だが、近藤は詳しく知りたいからカルテを見せてくれと要求。良太が断ると近藤は力なく病室に戻っていった。

翌日、良太は近藤がスーツ姿の男と話しているのを目撃。男を追いかけるも外来に来ていた広瀬(原田泰造)に捕まってしまい、見失ってしまう。

良太は近藤と改めて話をする。今後は「手術は受けるが開腹手術にして欲しい」と言い出してきた。しかも来週中。

冴木は「緊急性が無い以上、開腹手術は再来週以降になる」と説明。近藤は「できないならば他の病院に行く」と言う。

医者の仕事とは?

その夜、良太はみどり、親友の冴木裕也(矢本悠馬)、精神科の指導医・立石聡美(松雪泰子)と宅飲み。

立石は趣味のタロットで3人を占う。「死神」を引いて落ち込むみどり。

裕也は胸に刺さる台詞を大声で叫ぶ。

裕也「俺達の仕事は患者さんを笑顔にすること!!

沙智のこともあり、みどりにはピンとこない。立石はみどりに「明日、あの子(沙智)と一緒においで」と告げる。

翌日、みどりと紗千は立石の案内で色々な科を見て回る。研修医仲間の牧村(濱津隆之)、谷川(楊宇騰YU)、麻衣(堀未央奈)らが退院する患者に花を送っていた。

患者やその家族は皆笑顔。それを見た沙智の心は少し軽くなった様子。

家族のために

一方、良太は頭を下げて近藤を説得。だが、近藤の考えは変わらない。

その後、若宮は良太に近藤から聞いたことを話す。「家族のために腹を切るんだ」と言っていた。孫の真緒は大学進学を控えていた。

良太はあのスーツの男を発見。若宮によると彼は保険会社の営業マン・山本。先日、検査前にジュースをくれた人だと言う。

その後、良太は近藤のカルテを見直す。

近藤に関するポイント

  • 近藤は考えを変えた日に保険の営業マンと会っていた
  • 近藤は80歳になる目前
  • 孫の進学費を気にしていた

良太は近藤が手術の方法にこだわっていた理由にたどり着く。

近藤が手術の方法をこだわっていた理由

翌日、良太は冴木を交えて改めて近藤から話を聞く。

近藤は80歳まで保険金が下りるがん保険に入っていた。だが、胃の粘膜内のがんではお金が下りないもの。

保険金を受け取るには80歳になる前に開腹を受け、悪性であると証明する必要があった

近藤は娘に何もしてあげられなかった。せめて孫の進学費を工面したかった。

もし、手術を受けても悪性とは限らない。それでも近藤は可能性に賭けたかった。

冴木は「分かりました。来週中に開腹手術を受けられるようにします」と答える。退院されたらがんが進行してしまう。緊急性が高い。

2話の結末

冴木は近藤の開腹手術を行う。検査の結果、僅かながらがんは粘膜外に達していた。しかし、切除したので転移する心配はなし完治した。

「よっしゃ!!」

大喜びの近藤。一緒に話を聞いていた娘は不思議そうな顔。

近藤が退院する日。良太は彼に花を贈る。「本当にありがとうございました」と笑顔の近藤。

その様子をみどりと沙智が見守っていた。

研修最終日、良太は冴木に「本当にがんは進行していたんでしょうか?」と尋ねる。

冴木は「俺の診断にケチを付けるのか?」とニヤリと笑う。最後に冴木は「俺のやり方だけが全てじゃない。時間がかかっても自分のやり方を見つけろ」と説く。

良太の次の研修先は産婦人科だ。

【祈りのカルテ】2話のレビューと感想

近藤は孫の為に保険金を受け取りたく、悪性のがんと証明したかった。

誰かの為に一生懸命になる。【祈りのカルテ】2話も心温まる話でした。

冴木先生(椎名桔平)の男気がカッコいい

冴木先生(椎名桔平)は患者のために診断を下し、手術を引き受ける。更に原作だと手術を早める為に病院中で頭を下げています。

「冴木先生素敵です」、「冴木先生は患者の心に寄り添っていた。さすが優秀な医師」と視聴者は大盛り上がり。

冴木先生を演じていたのは椎名桔平さん。多くの医者役を演じていますが、「優秀だけど冷徹」がイメージ。

今回の椎名桔平さんはそんなイメージを覆す、情に厚い医者でした。

保険金を受け取る為の冴木先生のやり方は問題あり?

一方、保険金の受け取りに関して視聴者から疑問の声が上がりました。

冴木先生(椎名桔平)は悪性と診断しましたが、真相は彼だけが知っている。もし悪性じゃないのに近藤が保険金を受け取れるようするのは問題では無いのでしょうか?

筆者は法律の専門家ではないので冴木先生の行為が正しいのか、問題なのかは分かりません。

心温まる物語でしたが、疑問も残る結末でした。

次週予告

次回の【祈りのカルテ】は産婦人科が舞台。出産の急ぐ妊婦のお腹の子は誰の子?

2022/10/22(土)22:00~の放送をお楽しみに。

1話「精神科」<< >>3話「産婦人科」

画像の引用元:祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~|日本テレビ