スポンサーリンク

【漂着者】5話のネタバレと考察!ローゼンと琴音の正体!

漂着者5話
https://www.tv-asahi.co.jp/hyouchakusha/story/0005/

【漂着者】5話のネタバレと考察!ローゼンと琴音の正体

ヘミングウェイ()は13人の子供たちの居場所を詠美(白石麻衣)にこっそり教える。

しかし柴田(生瀬勝久)らが捜査しても子供たちはいなかった。

謎の婚約者(シシド・カフカ)とローゼン岸本()の正体がついに明かされる!


ADVERTISEMENT

【漂着者】5話のあらすじ

【漂着者】5話のあらすじです。

子供たちはしあわせの鐘の家にいる?

バス運転手の山田は生き埋めで殺されていたことが判明。柴田(生瀬勝久)は幼児誘拐事件とバス運転手殺人事件の犯人は別だと考える。

ヘミングウェイ(斎藤工)は、しあわせの鐘の家でずっと祈っている。

詠美、お母さんが会いたがっている。

詠美は母の最後を思い出す。母は何か言おうとしていた。

ヘミングウェイは13人の子供たちは無事だという。

また過去を少し思い出した。大勢の人が集まっていたところで、崖から飛び降りた。みずから飛び込んだ。みんなに見送られた。

思い出したのは琴音(シシド・カフカ)に会ったから。彼女はとても大切な人、と聞いて面白くない詠美。琴音は親同士が決めた許嫁かもしれない。それなら名前を知らないのもわかるとヘミングウェイ。

さらに13人の子供が鬼ごっこをしているのが見える。しあわせの鐘の家にいると、詠美にだけこっそりと教える。

ヘミングウェイの祈りの動画を見ると、いろいろな声が聞こえると噂になる。バカにしていた柴田(生瀬勝久)だが、動画を見ていると「パパ、どこ?」という少女の声が聞こえて狼狽える。

祈りの動画を見た人々が奇妙な行動をとる

ヘミングウェイが子供たちはしあわせの鐘の家にいると言ったことは信用できるという詠美に、橋(橋本じゅん)は取材対象者に好意を持つのはダメだと忠告する。

詠美は一緒に定食を食べながら柴田に伝える。柴田は早速捜査に向かう。

巷ではヘミングウェイの動画を見た人々が奇妙な行動を起こし始める。

ペリたちの高校でも、動画を見た教師がいきなり頭を黒板に激しく打ち付け出し、血を流した。

トラバースタワーでは若いサラリーマン・野崎慎太郎が翼があるから飛べるといい、傘を持って飛び降りる。自分には第六感があると信じたようだが、そんな能力はなく墜死する。

詠美が琴音に捕まる!

公安の捜査員は、古市琴音家の張り込みや盗聴を中止する。外務省欧州局ロシア課からの命令だ。琴音のバックは何者なのか…。

詠美は古市家を訪問する。シーシャをふかす琴音。詠美はもっと早く来ると思っていたという。ヘミングウェイの正体を聞く詠美。

知りすぎた詠美は、薬入りの軟水を飲み、眠らされてしまう。ロシア人の2人が奥から出てくる。ロシア人は琴音の手下だった。

一方、柴田たちはしあわせの鐘の家を捜索するが何も見つからず、一旦引き上げる。

彼らの目は節穴ですよ。

警察を見送ったローゼンは足元の土を避けて埋めてある幼稚園のバスを宇田川に見せる。

詠美が目を覚ますとそこには13人の子供たちがいた。警察では柴田(生瀬勝久)が令状なしの捜査の責任をとるというが、ローゼンから柴田の責任を問わないよう連絡があったという。このままじゃ終われない。玉ねぎをかじる捜査一課長と柴田。

ローゼンはヘミングウェイに、13人の天使たち、つまり誘拐された幼稚園児の足跡を付けたオブジェを見せる。

役目を終了した偽運転手は、ドライバーの服や帽子を燃やすと崖から飛び降りる。

【漂着者】5話のネタバレ

【漂着者】5話のネタバレです。

詠美と子供たちを救出

詠美の危険を察知したヘミングウェイは、詠美を救いに行く。詠美と連絡がつかないことを不審に思った柴田と野間が携帯の電源が切れた場所に向かうと、琴音の家があった。これはたまたまじゃない。

ヘミングウェイはロシア人大男の攻撃をさらりと交わす。ロシア人は琴音が飼っていた象にやられた。

ロシア人通訳の女がヘミングウェイを襲おうとすると、琴音が間に入って身代わりに刺されて死んでしまう。ヘミングウェイは詠美(白石麻衣)と子供たちを救出する。

僕のせいで、彼女には申し訳ないことをしてしまった。

捜査一課長率いる応援団が犯人たちを拘束し、パトカーで連行するが、3人とも毒薬を噛み潰して自決してしまう。

ヘミングウェイは柴田を海岸に呼び出す。

お嬢さんに会いたくないですか?あなたが見失った。

柴田には辛い過去があった。電話に出てちょっと目を話した隙に娘のひかりがいなくなってしまったのだ。誰に聞いた?と動揺する柴田。

ヘミングウェイは、最近いろいろと思い出してきたと言い、ひかりの声を出す。

パパ、どこ?

【漂着者】5話の感想

ローゼンと琴音の正体にビックリ。しかし琴音は象飼ってるっていったい…。

ロシア人勢は一挙に5人も亡くなり、退場してしまいました。

先祖代々、預言者を待っていた琴音、名前もわからないまま死んでいくのはちょっとかわいそうでしたね。

【漂着者】5話の考察とまとめ

琴音とローゼンの正体

琴音とローゼンは、ロシアと敵対している、第六感を持つ少数民族系の人かと思いきや、ロシアの組織の人間でした。

ウラジオストクには何があるのか?

新谷詠美(白石麻衣)は柴田(生瀬勝久)の娘? という考察がありました。

ああいえばこういう、といった感じの名コンビの詠美と柴田。親子の可能性はあるかもしれません。

そうすると詠美の母親が最後に言ったのは、本当の親は別にいるということだったのでしょうか。

<追記>→ひかりがいなくなったのは12年前。当時4〜5歳だったと思うので、生きていれば現在16〜7歳。詠美は28歳なのでその可能性はなしです。

またしあわせの鐘の家にいたはずの子供たちが琴音の家にいた。子供たちを移せるタイミングでいうと、いち早く詠美から聞いていた橋キャップが怪しい?

6話

漂着者のネタバレ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました