【婚姻届に判を捺しただけですが】9話のネタバレと視聴率!百瀬さんの「ラブです」にハピエン予想も!

婚姻届に判を捺しただけですが9

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話のネタバレ・視聴率・感想!百瀬さんの「ラブです」にハピエン予想も!

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話が12月14日に放送されました。

・百瀬の離婚()の真意が明らかに!

・明葉()の出した答えは?

・百瀬さんの「ラブです」に大注目!

TBS火曜ドラマ【婚姻届に判を捺しただけですが】9話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

見逃し配信:【婚姻届に判を捺しただけですが】とパラビオリジナルストーリー【とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが】はパラビで視聴できます。(2021年12月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

漫画【婚姻届に判を捺しただけですが】は【まんが王国】で!無料で読めます♪♪

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話のネタバレ

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話のネタバレを紹介します。

百瀬の離婚理由は?

百瀬()からの離婚の申し出に驚く明葉()。

百瀬の離婚理由は……

「けじめをつけたいんです。好きな人に正直な気持ちを伝えたいと思いました。そのためには、噓偽りのない状態で向き合いたいんです」

「だったら、なんでハグしたんですか?」

「自分の気持ちを確認するためです」

と言われ、明葉は百瀬が美晴を好きだと思い離婚の決意をする。

**

離婚届けに判を捺す明葉。

離婚届は百瀬が預かり出しておくことに。

明葉は、百瀬の家を出る。

玄関にはガチャの動物が飾ってある。

「好きでもない人と結婚して、好きな人と離婚する。私たちはこれで終わったんだ」

涙をこらえ、家を出る明葉。

百瀬は離婚届を見つめ

「僕たちはこれから始まるんだ」と強く思う。

明葉と百瀬の勘違い

明葉は森田()に離婚したことを伝える。

唯斗から呼び出し。

「アッキー暗くない?もっと遠慮せずに幸せオーラ出してくれたらいいんだよ」

と明葉が暗いことを心配する唯斗。

唯斗は離婚したことを知らずにいて、明葉から「離婚した」と聞き驚く。

「百瀬さん、好きな人に気持ち伝えたくなったんだって。やっぱり、美晴さんのことしか考えられないだよ」

明葉は、好きになってからシンドイことばっかりだった。友達でいいとか思ったけど「もう疲れちゃった。これで良かったんだ」と涙をこらえる。

唯斗は、明葉が勘違いをしているとわかり、百瀬の気持ちを伝えようとするが、明葉は聞く隙を与えず。

**

一方、麻宮祥子()は百瀬から離婚した理由を聞く。

百瀬は、ハグして明葉を好きだと確信したから、このまま偽装結婚を続けてはいけない、一度、リセットをしてから始めようと考えていた。

明葉に告白したのか、問う麻宮。

百瀬は、伝えてないけど、明葉ならわかっている、と思っていた。

「伝えないと手遅れになりますよ。明葉さんがずっと自分を好きと思わないほうがいいですよ」

と麻宮はガツンと百瀬に言う。

**

森田デザインに百瀬が訪ねてきた。

明葉は「もう他人なので、来ないでください」とキッパリ。

**

百瀬の家に唯斗が。

唯斗は友達の家を転々としているという。

「なんで告白しなかったの。あんた、本当に手に負えないね」
と唯斗。

「僕は、明葉さんが幸せならそれで十分だと思ってました。今は、遠くから思い続けてるだけで……」

「また、不毛かよ。ビビッて告白できない言い訳でしょ。あんたなんか一生、不毛な恋してろ」

と唯斗はかなり辛辣。

百瀬を励ます美晴

百瀬は実家に行き、旭(前野朋哉)、母()、父()に離婚したことを伝える。3人はあれこれと言うが、美晴は黙って聞いていた。

その夜、実家に泊まる百瀬。

洗い物をする美晴()を手伝う。

美晴が、離婚のことを何も聞いてこないのは、ふたりが決めた事だから、と言う。

「なんで結婚したの?」

とストレートに聞いてくる美晴。

百瀬は美晴の結婚式のときを思い出す。

その時から、幸せは結婚することだと思い込んでいた。

百瀬は、明葉のことを考えていなかった、自分勝手だった、と後悔を口にする。

「明葉さんのこともっとちゃんと考えてあげてたら。もう遅いけど」と。

美晴は
「遅くなんかないよ」
と百瀬を励ます。

**

母がアンカを探している。

母は

「これからずっとひとりでいるつもりなの?」

と百瀬のことを心配する。

その時、押し入れの中から「ザリガニの観察日記」が出てくる。

旭は、ザリガニを手にして喜ぶも、百瀬はザリガニを触れず日記をつけることに。

百瀬のことを「怖がりで臆病」という母。

百瀬は、臆病なまま変わっていない、と思う。

“一番、大事な人を傷つけていることに気付かなかった……。
僕は、また同じことを繰り返そうとしている”

**

行き場のない明葉は、事情をしる麻宮の家に泊めてもらう。

**

明葉は、森田から、コンペデザインのダメ出しをされる。

明葉は「もう一度頑張ってみる」と。
もう一度、丸園()に認めてもらおうと、会社に泊まり込みで仕事を進める。

そのとき、百瀬からラインが。

おもちのまぐろ缶がないという。

さがしても見つからない、という百瀬。

おもちの写真を明葉に送る。

明葉は、心配して百瀬の家に。

まぐろ缶はちゃんとあった。

百瀬が明葉を呼ぶために、嘘をついたのだ。

明葉は、おもちを使って呼び出すようなことはやめて、と言う。

「仕事でいっぱい、もう、余計なこと考えたくないんです。お願いですから、邪魔しないで」
と明葉。

「あまり無理しないでくださいね。明葉さん、たまに頑張り過ぎて無理することがあるので」

「普通です。ちょっと打たれ強くてタフなだけ」

「その強さも優しさも普通なんかじゃないです。忙しい中、呼び出してすみません」

と百瀬。

百瀬の土下座

百瀬は麻宮の家に明葉がいると知り、麻宮に明葉にとファイルを預ける。

明葉は麻宮からそれを受け取る。

それは「光堂出版のロゴデザインの傾向と対策」。

明葉の仕事のヒントにと百瀬がまとめたものだ。

百瀬の家のボードには

「明葉さんコンペまであと7日」と書いてある。

百瀬は、毎日、麻宮に、ガチャのトイや安眠グッズやらお弁当を明葉に届けて欲しいと渡す。

麻宮は「会ってあげないんですか?こんなことされたら、私なら会ってあげるのに」と言う。

明葉は「美晴を好きな百瀬に会って、傷つきたくない」と。

**

明葉のコンペのデザインが仕上がり、森田も「これならイケル」と絶賛。

明葉は、百瀬の応援に「ありがとう」と社内メールを送る。

**

森田と打ち合わせをする百瀬。

この日は、コンペの発表の日。

この時、百瀬は明葉が30までに独立するのが夢だというのを知る。今回の仕事は、丸園先生に認めてもらう「リベンジ」だとも。

百瀬は、舛田(岡田圭右)から、明葉が参加するコンペが出来レースだと聞く。

最初から受賞するデザイナーは決まっていたのだ。

百瀬はコンペの主催者に会いに行く。
受付で断られるもちょうどそこに丸園()が。

出来レースのことを口にする百瀬。

丸園は、すでに受賞者は決まっているから、明葉のデザインを見ていないと言う。

**

明葉は、コンペの受賞ができずガッカリする。

そんな明葉を励まそうと森田デザインでは、坂原()や深雪(中川翔子)らが飲み会をしてくれる。

盛り上がる中、丸園が訪ねてきた。

丸園は明葉に話をしに来たのだ。

丸園は百瀬から「明葉のデザインを見て欲しい」
と土下座されたことを伝える。

丸園は、百瀬に言われて明葉のデザインを見たという。

「素晴らしい作品に触れることができた。いつか機会があったらお仕事しましょう」と、明葉のデザインを褒める。

唯斗の応援

明葉はそのことを唯斗に伝える。

唯斗は百瀬を見直した、と。

「本当に好きになったらシンドイことの方が増える。嫉妬したり、自分じゃダメだって気づかされたり。でも、シンドイって好きだから。シンドイと思うのは、百瀬さんのこと、それだけ好きなんじゃない。会いたいなら会えばいいし、好きなら好きでいればいい。アッキーが泣きたくなったらいつでも付き合う」

とも。

百瀬と明葉のラブ

明葉が麻宮の家に帰ると麻宮が掃除をしていた。

そこにチャイムが。

百瀬がやってきた。麻宮が百瀬を呼んだのだ。

麻宮は二人きりになるように、外出。

明葉は、丸園先生に頼んでくれたことに「ありがとう」とお礼を言う。

百瀬は、デザイナーが独立するための資料を渡したかったと、それを見せて説明を始める。

明葉は、百瀬の話が上の空。

そして……

「私、やっぱり、傷ついてもしんどくても、やっぱり、私、百瀬さんのこと……」

と言う明葉の言葉を遮る百瀬。

「ダメです。僕から言わせてください。明葉さんが好きです。これはライクじゃないです。ラブです。僕は明葉さんをラブです」

明葉と百瀬。キス。

「私も百瀬さんのことがラブです」

♪きっと、これが恋の始まり♪(あいみょんの歌声)

<続く>

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話の視聴率

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話の視聴率は、10.3%でした。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話の感想

ハッピーなふたりの姿にキュン、百瀬さんの必死さが可愛いなどの感想がTwitterに!

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話の感想を紹介します。

ほかに、唯斗くんの気持ちが切ない、麻宮と唯斗がいい人、などの感想も。

【婚姻届に判を捺しただけですが】9話のまとめ

【婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)】9話は、最終回目前にしてハッピーな終わりに。「ラブです」の表現がたまらなくカワイイです。

不器用な百瀬さんが、一生懸命に明葉を応援。その姿に「頑張れ」と応援。明葉が百瀬を諦めようと必死なときは「違うんだよ、明葉ちゃん」と百瀬の気持ちを伝えたくなりました。

麻宮と唯斗がまた優しい。唯斗は明葉を好きなのに、ちゃんと明葉の幸せを願っているという、かっこよすぎ。

これで、明葉と百瀬さんは、仲良しこよし。恋人に♪♪

そんな二人に、またも一波乱!?

次回予告

・再び、明葉と百瀬の暮らしが始まるのだが…。

・明葉と百瀬のラブの行方は?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【婚姻届に判を捺しただけですが】公式サイト

コメント