映画【波紋】キャスト・相関図|筒井真理子・光石研・磯村勇斗ら豪華俳優陣で話題の荻上直子監督最新作!

波紋
※当サイトのリンクには広告が含まれます

『かもめ食堂』『めがね』『彼らが本気で編むときは、』『川っぺりムコリッタ』など、数々の話題作を送り出してきた荻上直子監督が、脚本・監督を務める映画波紋】が5月26日(金)に公開へ。放射能、介護、新興宗教、障害者差別といった現代社会の問題に次々と翻弄される須藤家を通して描かれる「絶望エンタテインメント」とは。
演じるのは、筒井真理子光石研磯村勇斗木野花キムラ緑子柄本明江口のりこ平岩紙ら実に魅力的な俳優陣。
荻上監督自身が歴代最高の脚本と自負するオリジナル最新作、映画【波紋】キャスト登場人物相関図をご紹介します。

映画【波紋】ネタバレ・感想|絶望を笑え!ラストシーンの筒井真理子は圧巻!
荻上直子監督の最新映画【波紋】は、監督自身が歴代最高の脚本と自負する絶望エンターテインメント。筒井真理子、光石研、磯村勇斗、木野花、キムラ緑子、柄本明、江口のりこ、平岩紙という実に魅力的なキャスト陣が送る映画【波紋】のネタバレ、トークイベント付き特別試写会レポ、感想をお届けします。
映画【波紋】ムロツヨシの出演シーンはどこ?2分間の友情出演場面をネタバレ!
荻上直子監督が脚本・監督を務める映画【波紋】にムロツヨシが2分間の友情出演。エンドロールまで気づかない人もいるというムロツヨシの出演シーンをネタバレします。

映画【波紋】の作品情報

映画【波紋】のあらすじ

波紋キャスト

須藤依子(筒井真理子)は、今朝も庭の手入れを欠かさない。“緑命会”という新興宗教を信仰し、日々祈りと勉強会に勤しみながら、ひとり穏やかに暮らしていた。ある日、長いこと失踪したままだった夫、修(光石研)が突然帰ってくるまでは—。自分の父の介護を押し付けたまま失踪し、その上がん治療に必要な高額の費用を助けて欲しいとすがってくる夫。障害のある彼女を結婚相手として連れて帰省してきた息子・拓哉(磯村勇斗)。パート先では癇癪持ちの客に大声で怒鳴られる…。自分ではどうにも出来ない辛苦が降りかかる。依子は湧き起こる黒い感情を、宗教にすがり、必死に理性で押さえつけようとする。全てを押し殺した依子の感情が爆発する時、映画は絶望からエンタテインメントへと昇華する。

引用元:映画【波紋】公式ホームページ

映画【波紋】のスタッフ

監督・脚本 荻上直子
エグゼクティブプロデューサー 富田朋子 堤天心 小山洋平
高津英泰 久田晴喜 寺井禎浩
プロデューサー 杉田浩光 渡辺誠
企画・プロデューサー 米満一正
撮影 山本英夫
照明 小野晃
録音 清水雄一郎
美術 安宅紀史
衣装 宮本まさ江 村田野恵
ヘアメイク 須田理恵
音楽 井出博子
編集 普嶋信一
記録 天池芳美
VFX 大萩真司 佐伯真哉
音響効果 中村佳央
助監督 関谷崇
演技事務 竹村悠
制作担当 柴野淳
ラインプロデューサー 金森保

映画【波紋】の監督・脚本は荻上直子

荻上直子(おぎがみ・なおこ)
1972年2月15日生まれ。千葉大学工学部画像工学科を卒業後1994年に渡米し、南カリフォルニア大学大学院映画学科で映画製作を学ぶ。2000年、帰国して制作した自主映画『星ノくん・夢ノくん』がぴあフィルムフェスティバルで音楽賞を受賞。劇場デビュー作『バーバー吉野』(2004年)でベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受賞する。2006年、フィンランドを舞台にした映画『かもめ食堂』が大ヒットし注目を集めた。2007年の映画『めがね』も話題になり「癒し系」と評されるようになったが、「荻上直子・第二章の始まり」と公言した『彼らが本気で編むときは、』(2017年)ではトランスジェンダーの主人公を描いて社会の閉塞感や歪みをあぶり出し、第67回ベルリン国際映画祭で日本初のテディ審査員特別賞、観客賞第2位を受賞。国内外で高い評価を獲得した。2011年、『トイレット』で芸術選奨新人賞映画部門を受賞。他に『川っぺりムコリッタ』(2021)など。テレビドラマでは、荻上作品常連の小林聡美やもたいまさこの代表作のひとつである『やっぱり猫が好き』シリーズのフジテレビ『やっぱり猫が好き2005』(2005年)の脚本を担当。テレビ東京『珈琲いかがでしょう』(2021年)では脚本、監督を手がけている。

荻上直子監督コメントより一部抜粋
「その日は、雨が降っていた。駅に向かう途中にある、とある新興宗教施設の前を通りかかったとき、ふと目にした光景。 施設の前の傘立てには、数千本の傘が詰まっていた。傘の数と同じだけの人々が、この新興宗教を拠り所にしている。何かを信じていないと生きていくのが不安な人々がこんなにもいるという現実に、私は立ちすくんだ。 施設から出てきた小綺麗な格好の女性たちが気になった。この時の光景が、物語を創作するきっかけになる」

映画【波紋】のキャスト・登場人物

筒井真理子(役:須藤依子)

波紋筒井真理子

キャスト筒井真理子(つつい・まりこ)
1960年10月13日、山梨県出身。早稲田大学在学中に劇団「第三舞台」で初舞台。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』('16/深田晃司監督)の演技力が評価され、複数の映画祭で主演女優賞に輝いた。主演作品『よこがお』(2019年)で芸術選奨映画部門文部科学大臣賞受賞。全国映連賞女優賞受賞。Asian Film FestivalのBest Actress最優秀賞受賞。主な出演作に『クワイエットルームにようこそ』(2007年)、『アキレスと亀』(2008年)、『jam』(2018年)、『愛がなんだ』(2019年)、『ひとよ』(2019年)、『影裏』(2020年)、『天外者』(2020年)、NHKドラマ『正義の天秤』(2021年)、『夜明けまでバス停で』(2022年)など。フジテレビ『エルピス-希望、あるいは災い-』(2022年)では、有能な弁護士かつ息子を溺愛する母親としてしたたかさと弱さを演じ存在感を示した。品格のある華やかな役にもうらぶれて堕落した役にもリアリティを与える名優。
登場人物須藤依子
日々の家事や義父の介護をこなす一般的な主婦だったが、夫が失踪したことから、新興宗教“緑命会”へのめり込んでいく。信仰する新興宗教が崇める「緑命水」という水の力と、庭に作った枯山水の手入れを心の拠り所にしている。

筒井真理子さんのコメント

最近は〝壊れてゆく女性〟の役が続いていたので、荻上監督の作風から想像するとご一緒させて頂ける機会はない かと思っていました。ですのでとても嬉しかったです。
脚本を読んだ時、監督が醸し出す穏やかな空気の中に潜む 日常の些細な棘、ビターな社会風刺が溶け合っていて目を見張りました。演出も人間の細部を見抜く力が的確で、 身をゆだねることができ安心でした。 いまは先の見えない不穏なものに覆われているような時代ですが、是非この映画を観て絶望に絡めとられず前を進む気持ちになっていただけたらと思います。

光石研(役:須藤修)

波紋光石研

キャスト光石研(みついし・けん)
1961年9月26日、福岡県出身。高等学校在学中、映画『博多っ子純情』(1978年)で主演に抜擢されデビュー。イギリス・フランス・オランダで合作製作された、『ピーター・グリーナウェイの枕草子』(1996年)の出演から、『EUREKA ユリイカ』(2001年)、『それでもボクはやってない』(2007年)、第49回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した『シン・レッド・ライン』(1998年)など200本以上の映画に出演。映画のみならずドラマや舞台と活躍し、冷徹なヤクザ役からよき父親役まで、幅広い人物像を演じる名バイプレーヤー。
『めがね』(2007年)、『2クール』(2008年)、『レンタネコ』(2012年)、『珈琲いかがでしょう』(2021年)など、荻上作品に多数出演している。
登場人物須藤修
須藤依子の夫。自身の父の介護を依子に押し付け失踪するも、長い時を経て、突然依子のもとに帰ってくる。「実はがんなんだよ」と告げ、死んだ義父の遺産をあてにしようとする。

光石研さんのコメント

久しぶりに荻上組へ参加させて頂き、凄く嬉しかったです。 監督は以前と変わらず、穏やかに粘り強く、俳優に寄り添い演出をしてくださり、安心して身を委ねる事が出来ました。 脚本に関してはただ一言、「女性は怖し」。
60年間、女性は聖母マリアだと信じて生きてきましたが、音を立てて崩れて落ちました。

磯村勇斗(役:須藤拓哉)

波紋磯村勇斗

キャスト磯村勇斗(いそむら・はやと)
1992年9月11日、静岡県出身。中学生の頃に映画を自主制作したことがきっかけで役者に興味を持ち、高校時代は地元・静岡の劇団に所属し舞台に立つ。テレビ朝日「仮面ライダーゴースト」(2015~2016年)で仮面ライダーネクロム・アラン役を演じ注目を集め、その後、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年)でヒロインの夫となる見習いコック役を演じ脚光を浴びる。映画作品では『ヤクザと家族The Family』(2021年)、『劇場版 きのう何食べた?』(2021年)で第45回日本アカデミー新人俳優賞を受賞。『前科者』(2022年)、『PLAN 75』(2022年)、『ビリーバーズ』(2022年)、『異動辞令は音楽隊!』(2022年)など話題作に多数出演し、確かな演技力で活躍の場を広げている。WOWOWプライムのアクターズ・ ショート・ フィルム『機械仕掛けの君』(2021年)では演出家としての才能も発揮した。
荻上直子監督が演出脚本を手がけたテレビ東京『珈琲いかがでしょう』(2021年)では、「ぺい」というチンピラ役を切なくもチャーミングに演じた。
登場人物須藤拓哉
依子と修の息子。障害のある恋人を結婚相手として親に紹介する。

磯村勇斗さんのコメント

はじめに脚本を読んだ時、ひしひしと波紋のように迫り来る心理的恐怖を感じました。 特に、筒井真理子さん演じる母、須藤依子を中心に、家族や取り巻く人物達のやり取りは、怖いのだが、思わず笑ってしまうところが多く、荻上監督の描く世界は面白いなと、一気に引き込まれました。 そして今作では、手話が必要な役でした。新たな言語に触れる機会を頂き、現場でも一つ一つ丁寧に確認しながら作り上げていきました。 早くこの作品が皆様のところに届くのが楽しみです。

安藤玉恵(役:渡辺美佐江)

波紋安藤玉恵

キャスト安藤玉恵(あんどう・たまえ)
1976年、東京都出身。上智大学中退後早稲田大学在学中に演劇を始め、数々の舞台に出演。映画『ヴァイブレータ』(2003年)でスクリーンデビュー。『夢売るふたり』(2012年)では第27回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。主な出演映像作品に、『百万円と苦虫女』(2008年)、『深夜食堂』シリーズ(2009年~)、『恋人たち』(2015年)、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)、『らんまん』(2023年)など多数。NHKドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』(2021年)では秘書役をクールに演じ、同じく2021年のNHKドラマ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』では阿佐ヶ谷姉妹の木村美穂役を演じて渡辺江里子役の木村多江とともに「そっくり」と評判に。妖艶な役、知的な役、コミカルな役など作品ごとに異なる魅力で活躍している。
登場人物渡辺美佐江
依子の隣人。

江口のりこ(役:小笠原ひとみ)

波紋江口のりこ

キャスト江口のりこ(えぐち・のりこ)
1980年4月28日、兵庫県出身。中学校を卒業後しばらくして、劇団「東京乾電池」のオーディションを受けるために上京し、研究生を経て2000年に入団。同劇団の公演に参加しながら映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』(2002年)にてスクリーンデビューする。2006年に始まったドラマ『時効警察』シリーズ(テレビ朝日)のサネイエや、NHKで主演したドラマ『野田ともうします。』シリーズ(2010年~2013年)の野田など、個性的な役柄で注目を集めた。事故物件住みます芸人・松原タニシの実体験を映画化した中田秀夫監督『事故物件 恐い間取り』(2020年)では、第44回日本アカデミー優秀助演女優賞を受賞。フジテレビ『SUPER RICH』(2021年)、テレビ東京『ソロ活女子のススメ』シリーズ(2021年~)では主演を務め、その他NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(2022年)、日本テレビ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(2022年)など主演助演を問わず多くの作品で鮮明な印象を残し人気を集めている。
『彼らが本気で編むときは、』(2017年)、『川っぺりムコリッタ』(2021)で荻上作品に出演。
登場人物小笠原ひとみ
新興宗教“緑命会”の信者。

平岩紙(役:伊藤節子)

波紋平岩紙

キャスト平岩紙(ひらいわ・かみ)
1979年11月3日、大阪府出身。2000年より大人計画に参加。同年、ミュージカル「キレイ-神様と待ち合わせした女-」(作・演出/松尾スズキ)で初舞台を踏む。肌の色が紙のように白いことから、主宰の松尾スズキが「紙」と名付けた。その後、舞台のみならずTV、映画にも多数出演し活躍の場を広げる。宮藤官九郎作品の常連でもある。主な出演作に、テレビ朝日『仮面ライダーアギト』(2001年)、TBS『木更津キャッツアイ』(2002年)、NHK『ロッカーのハナコさん』(2002~2003年)、『クワイエットルームにようこそ』(2007年)、『ハッピーフライト』(2008年)、『百万円と苦虫女』(2008年)、NHK『祝女〜shukujo〜 Season 3』(2011~2012年)、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年)、フジテレビ『監察医 朝顔』シリーズ(2020~2022年)、WOWOW『雨に消えた向日葵』(2022年)、映画『ツユクサ』(2022年) 、 TBS『100万回言えばよかった』(2023年)など。深夜アニメ『元気!!江古田ちゃん』(2011年)では、主人公の江古田ちゃん役で声優に初挑戦した。クールな役からコミカルな役までこなし、どの作品でも強い印象を残す存在。
登場人物伊藤節子
新興宗教“緑命会”の信者。

津田絵理奈(役:拓哉の恋人)

波紋津田絵理奈

キャスト津田絵理奈(つだ・えりな)
1987年2月24日、大阪府出身。先天性の難聴障害を持ち、小学校から高等学校までを聾学校で過ごす。15歳で現所属エージェンシーに自ら応募。高校を卒業と同時に、障害を持つ人たちの希望になりたいと女優を目指し、親の反対を押し切って単身上京した。2004年に週刊朝日の表紙でデビュー。その後映画・ドラマ・舞台で活躍する傍ら、NHK「みんなの手話」のレギュラーを務める。2008年にはNHKで特集番組「ろうを生きる難聴を生きる〜初舞台に賭ける!津田絵理奈」が放送されて話題になる。2016年には主演した短編映画『君のとなりで』(望月亜実監督)の演技が評価され、第18回長岡インディーズムービーコンペティション女優賞を受賞した。
登場人物:拓哉の恋人。
難聴障害がある。

柄本明(役:門倉太郎)

波紋柄本明

キャスト柄本明(えもと・あきら)
1948年11月3日、東京都出身。工業高等学校を卒業後は商社に就職をするも役者に憧れ、金子信雄主宰・劇団「マールイ」に入団。2年後輩に松田優作がいた。1976年に劇団・東京乾電池を結成し座長を勤める。カンヌ国際映画祭特別招待作品となった『カンゾー先生』(1998年)で第22回日本アカデミー最優秀主演男優賞を受賞。2019年には旭日小綬章を受勲。映画のみならず舞台やテレビドラマにも多数出演している。主な作品に、フジテレビ『OUT〜妻たちの犯罪〜』(1999年)、WOWOW『センセイの鞄』(2003年)、NHK大河ドラマ『功名が辻』(2006年)、フジテレビ『それでも、生きてゆく』(2011年)、日本テレビ『妖怪人間ベム』(2011年)、『万引き家族』(2018年)、フジテレビ『監察医 朝顔』シリーズ(2020~2022年)、NHKBS『海の見える理髪店』(2022年)、『ある男』(2022年)、『シャイロックの子供たち』(2023年)、『最後まで行く』(2023年)などがある。『ロストケア』(2023年)での心身が衰えていく老人役は圧巻。映画界、演劇界、ドラマ界になくてはならない名優。
登場人物門倉太郎
依子のパート先のスーパーで迷惑な客。

木野花(役:水木)

波紋木野花

キャスト木野花(きの・はな)
1948年1月8日生まれ。青森県出身。弘前大学教育学部美術学科を卒業後、中学校の美術教師となるが1年で退職し、演劇の世界を目指して上京する。1974年に東京演劇アンサンブル養成所時代の仲間と女性だけの劇団「青い鳥」を結成。翌年には旗揚げ公演を行い、80年代小劇場ブームの先駆者的存在となる。1986年、劇団を退団した年に出演した金鳥ゴンのCMでの「亭主元気で留守がいい」のセリフが新語・流行語大賞の銅賞を受賞したことで注目された。現在まで演出家や名脇役として活躍中。出演作品は、TBS『正しい恋愛のススメ』(2005年)、テレビ朝日『下北サンデーズ』(2006年)、ナレーションを務めたNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』(2007年)、『ヒミズ』(2012年)、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、(2013年)『エイトレンジャー2』(2014年)、TBS『グランメゾン★東京』(2019年)、NHK『空白を満たしなさい』(2022年)など多数。知的で上品な役からコミカルな役、背筋が凍るような怪演まで確かな存在感で作品世界を深める名優。2019年、映画『愛しのアイリーン』(2018年)で第92回キネマ旬報助演女優賞を受賞。2023年、舞台『阿修羅のごとく』で第30回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞する。
登場人物水木
依子が働くスーパーの清掃員。

キムラ緑子(役:橋本昌子)

波紋キムラ緑子

キャストキムラ緑子(きむら・みどりこ)
1961年10月15日、兵庫県淡路島出身。マキノノゾミ主宰 劇団M.O.P.を経て、舞台、映画、ドラマと幅広く活躍。2013年、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉役で人気を博した。出演作は、Eテレ『グレーテルのかまど』(2011年~)のかまどの声、ベルリン国際絵映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した『パレード』(2010年)、モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞した『わが母の記』(2012年)、『テルマエ・ロマエ』(2012年)、『俺俺』(2013年)、『すばらしき世界』(2021年)、NHK『あなたのブツが、ここに』(2022年)、『劇場版ラジエーションハウス』(2022年)など多数。2005年に読売演劇大賞優秀女優賞受賞。三谷幸喜脚本のフジテレビ『合言葉は勇気』(2000年)では、主人公の妻役を演じ鮮烈な印象を残した。岩井俊二監督映画『花とアリス』(2004年)のただ着替えるだけのシーンでの絶妙な間も忘れがたい。三浦春馬の遺作となったフジテレビ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(2020年)の最終回では、息子の服を整えながらいなくなってしまった息子に話しかける場面に万感の思いが込められていて胸を打った。多彩な役柄で作品に深みを与える名優。
登場人物橋本昌子
新興宗教“緑命会”の代表。

映画【波紋】の相関図

波紋須藤家相関図
波紋緑命会相関図
波紋近隣の人々相関図

映画【波紋】のまとめ

映画『波紋』は、2023年5月26日(金)公開予定です。
フライヤーに書いてある「全員、実力派。全員、ヤバい。」「依子から広がる波紋は、きっと全ての女性、いや現代社会に生きる全ての人に届くことだろう。依子は、あなただ。」という言葉が胸に刺さります。
劇場で是非、この「絶望エンタテインメント」を見届けてください。

記事内画像出典:映画「波紋」公式サイト