【卒業タイムリミット】4話|あやねと澪は水口先生に恨みが?!

卒業タイムリミット4話

【卒業タイムリミット】4話

夜ドラ【卒業タイムリミット】第4話が2022年4月7日(金)に放送されました。

4話ラスト。あやねと澪が水口先生を恨んでいるかのようなシーンが…?!

今回は【卒業タイムリミット】第4話のあらすじネタバレと感想について!

*本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【卒業タイムリミット】4話のあらすじネタバレ

【卒業タイムリミット】4話のあらすじネタバレです。

黒川()たち4人は、水口(滝沢カレン)監禁の動画がリアルタイムで、今もなお監禁されていると気づいた。

数学教師・伊藤()が4人の集まる食堂にきた。

伊藤は「卒業3日前にして友達できたのか。グループチャットひとつも入ってないって言ってたもんなあ」と喜んだ。

食事をしながら伊藤が、校長の柿本()が職員会議で話していた、水口がいなくなった日の状況を語る。

わかったのは・・・

  • 13時の校長との面談に水口が来なかった。
  • 校長が学校の裏口で水口を見かけた。男性と話し込んでいた。
  • 誰かはわからない。学校関係者ではないもよう。
  • 水口は日ごろから男性関係のトラブルが多い。
  • 警察にはすでに相談している。

そのころ、柿本校長は同じ内容を小菅理事長()にも語っていた。

柿本は、理事長と作った理想郷をけがす者を許さないと息巻く。

理事長は校長の要望で、今後の対処をお任せした。

黒川は「ただの痴話げんかには思えない」と水口の監禁動画のスクリーンショットをみせる。

4人あての挑戦状も見た伊藤は、監禁の画像を送るよう黒川に指示。

あとは大人に任せてほしいと伊藤。

4人は解散して、それぞれ家路に向かっていた。

黒川は入院中の母・由美子(仙道敦子)のもとへ見舞いに行く。

同じ部屋だった田中さんが急変して亡くなっていた。

由美子は卒業式に外出をお願いしているという。ダメかもしれないが交渉中だ。

卒業式の翌日は、大学の合否の発表だ。

面会時間が終了した。帰るタイミングを自分で決めたくない黒川はいつもギリギリに見舞いに行っていた。

アパート(団地?)の前で、高畑あやねが待っていた。連絡先を知らないからこうするしかなかったらしい。

黒川はこんな遅くに来ると親が心配するというが、うちのことはどうでもいいと言うあやね。

あやねは黒川が何か抱えていることを気づいていた。小学生時代、黒川の母が病気だったのに黙っていたことを思い出したのだ。

あやねは、黒川をグループチャットに誘った。今さらか、と照れる黒川だが、あやねに強引に入れられる。

(チャット)
黒川良樹を招待しました。
黒川:「よろしく」
荻生田:「お、黒川きた!」
小松澪:「今日はおつかれー!」

水口を見つけるために、グループチャットを作り連絡を取り合いながら、4人は連帯感を高めていく。

しかし家の自分の部屋で一人になると、他の人には言えない、表には出さない水口に対する別の感情を露にしていた。

小松澪はノートに「みずぐち 死ね」と書いていた。そのページを破ってハサミで切り刻む。

高畑あやねは日記を開いている。「どうして?一年生のときから、こんなに頑張って勉強してきたのに。吹奏楽もやらずに、友達とも遊ばなかったのに。必死で努力してきたのに。なんであんなことしたの? 水口先生が許せない」

そのころ、水口は部屋に誰かが入ってきたので「助けて!」と叫んだが、聞き入れられない。

3月8日火曜日0:00 タイムリミットまで62時間。

(つづく)

【卒業タイムリミット】4話の感想

あやねと澪は水口先生に恨みが?!

友達ができなかった元不良の黒川良樹が、4人のグループチャットに強引に入れられて、なんだか青春だなあと、微笑ましく見ていたら・・・

最後の最後に、小松澪や高畑あやねの裏の顔が???

水口先生は人気が高いけれど、女子に何か恨みを買っている?

校長もひとりで学校を守ろうとして怪しいですね。本当に学校の裏で水口先生と男性を見たのでしょうか。

気になるところですが第2週へ続きます!次週も楽しみましょう!

3話<< >>5話

画像出典:NHK