2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【ごくせん2期】2話のネタバレと感想!仁亀仲直りの神回!

【ごくせん2期】2話のネタバレと感想!

仲間由紀恵主演の【ごくせん】第2シリーズ第2話が2020年12月27日に再放送されました。

放送後、赤西仁と亀梨和也の不仲が解消される熱い第2話に神回の声が!?

今回は【ごくせん2期】2話のネタバレと感想をお届けします。


ADVERTISEMENT

【ごくせん2期】2話のネタバレ

【ごくせん2期】第2話のあらすじネタバレを紹介します。

サブタイトル:「人の強さは力じゃ決まらない 人にはもっと大切なものがある」
初放送日:2005年1月22日(日本テレビ)

竜(亀梨和也)と隼人(赤西仁)の不仲の理由

小田切竜(亀梨和也)が登校してくるようになった。だが、仲たがいしている矢吹隼人(赤西仁)は、竜に難癖をつける。

ヤンクミこと久美子(仲間由紀恵)は、2人を仲直りさせようと数学の授業をサッカーに変更。盛り上がっているのは久美子だけで、回し蹴りシュートを決めても、生徒たちは隣の女子校の生徒を眺めるのに夢中。

引き止めにも応じず、生徒たちはグラウンドを去る。久美子は、ひとり残った武田(小池徹平)を捕まえ、竜と隼人のけんかの原因を問いただす。2学期の終わり、荒川高校と決闘がある予定だったが、竜が決闘前に勝手にわびを入れたという。これで隼人が竜と喧嘩になったという。久美子は、竜がわびを入れた理由が気になった。

ある日。久美子は、バーバリーのハンカチを落とした男=九條拓真(谷原章介)と再会。隣の学校、 桃ヶ丘女学園の教師だという。親しくなりたいと思った久美子だったが、背中に「独身ですが何か?」と(D組の生徒が貼った)中傷する貼り紙を九條に見つかる。「あいつら!」と荒い口調で憤る久美子。恋はおわったと確信した。

久美子(仲間由紀恵)隼人とタイマンをはる

隼人たちは昨晩、A組の生徒を守る口実で、荒高のやつらと決闘して勝利。久美子は理由を聞いて許したが、喧嘩はかっこよくない「幼稚園児」でもできるというと…隼人は久美子とタイマンを申し込む。

河原にて。決闘を止めに警察がきたため、久美子と隼人たちは逃げだす。神社にて、隼人はもう一度決闘を申し込む。隼人は教師を信じていない、嫌いだ。久美子は生徒相手には本気になれない。かわしていた久美子だったが腹に一発パンチを食らわせてのびさせた。そして、喧嘩の強さで争っても意味はないこと、大切な人を守る強ささえあればいいことを教えた。竜はその様子を影から見守っていた。

武田(小池徹平)が明かす真相

荒高の生徒に絡まれたことで、3Dはやり返すと騒ぐ。猿渡(生瀬勝久)は、喧嘩をしたら直ちに退学させる、と警告する。竜は「そんなことして何になるんだ!」と止めるが、今度は止めるなと生徒たちから非難される。

武田(小池徹平)は「全部俺のせいなんだ」と打ち明ける。荒高との決闘前に退学が嫌になって、母を悲しませたくなくて、竜に相談したところ…竜が武田を守るためにわびを入れてくれたという。

一方、隼人は、武田の話を影で聞いていて、「自分の方法で」守るために荒高のやつらのところに乗り込む。久美子たちは、隼人の遅刻を怪しんでいると、奥に隼人のカバンを発見。久美子たちは隼人のもとへ急ぐ。

「これで終わりにしてくれねえか」と隼人は言って、ひとりで多数と喧嘩。しまいにサンドバッグ状態で殴られ続けてしまう。

「隼人、ひとりで勝手なことすんじゃねえ」竜が止めに入ったが、2人とも蹴られ殴られた。

久美子と土屋光(速水もこみち)・武田啓太(小池徹平)・日向浩介(小出恵介)も駆け付けたが、久美子は「お前らは手を出すな」と言って、ひとり荒校のやつらと対決。

「誰だよおめーは」「あたしはそいつらの担任だ」

久美子は、リーダーと子分数人をやっつけたところで、あまりに鋭いにらみにビビった荒高のやつらは退散した。

河原にて。3Dの頭として自分の方法で(ひとりで)やり切った隼人。竜と隼人は似た者同士だ。やり方は違っても、仲間を守るための行動だった。「ほんと上等だよ」と久美子は褒めた。

「ごめん」隼人は(そっけなく)竜に謝った。

「あの夕日に向かって走ろう。お前らは早くこいよ。」久美子は笑顔で5人にうながした。(つづく)

【ごくせん2期】2話の感想

【ごくせん2期】2話のネットの反響・感想は…

第2話は、竜と隼人の喧嘩の理由が判明。そして、誤解が解けて、2人ともけじめをつけに行ったことで仲直りするという熱い友情回。

視聴者からは「神回」の声も多数上がっています。

隼人が「ごめん」とそっぽ向いて言ったあとに、竜の方に向き合って、仲間3人も駆け寄る、ラストの河原のシーン良かったですね。ああいうの照れくさい年代なのがよく現れていました。

「誰かを守るための強さ」は喧嘩だけはない。これって本当にいい教え、真実ですね。まあ、大人になれば喧嘩の強さより、経済力・仕事力・コミュニケーション力・知識と応用力など、色々と必要な力がありますし。自分だけの強みを高めたいですね。

1話<<2話>>3話

当記事アイキャッチ画像出典:https://mantan-web.jp/article/20201224dog00m200043000c.html

あらすじネタバレ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】