2021年夏ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング
スポンサーリンク

田村正和追悼【疑惑(2009)】のキャスト・登場人物!松本清張の名作を再放送!

田村正和追悼【疑惑(2009)】のキャスト・登場人物!松本清張の名作を再放送!

俳優の田村正和さんが死去。また一人、昭和の名優が旅立ってしまいました。

田村正和さんの追悼企画として【疑惑(2009)】が再放送。何度もドラマ化されている松本清張の名作です。

今回の記事では疑惑(2009)】のキャスト・登場人物、あらすじ等をお伝えします。


ADVERTISEMENT

松本清張【疑惑】とは?

【疑惑】は日本を代表する推理小説家・松本清張氏の作品。これまでに映画1本、5回のドラマ化、舞台化がされている代表作です。

今回、田村正和さんの追悼企画として再放送されるのは2009年版(テレビ朝日)。(ドラマとしては3度目の放送)

弁護士・佐原の正義感は変わりませんが、田村正和さんの人間味も感じられる作品です。

【疑惑(2009)】のキャスト・登場人物

田村正和(役:佐原貞吉)

登場人物:佐原貞吉

主人公の弁護士で民事が専門分野。原山弁護士の後輩。元刑事でもある。

国選弁護人として夫殺害の容疑をかけられた球磨子を弁護を担当することになる。

13年前、刑が重くなってしまった依頼人の逆恨みで妻を殺害されている。「依頼人を信じられなかったから」と今でも後悔。それ以来、何があっても依頼人を信じる覚悟も持って仕事に臨んでいる。

ピアノを嗜んでおり、時間があると義妹が働いている店で弾いている。

沢口靖子/少女時代:黒瀬真奈美(役:白川球磨子)

登場人物:白川球磨子

もう一人の主役と呼べる女性。年の離れた夫・白川福太郎に保険金をかけて殺害した容疑で逮捕されてしまう。

前科があったこともあり、マスコミや世間から総バッシングを食らう。

ただし、性格や素行は悪く攻撃的、“悪女”と呼ばれても納得の部分が多い。

小林稔侍(役:白川福太郎)

登場人物:白川福太郎

球磨子の夫で高級料亭「金城樓」の主人。

車ごと海に転落して死亡してしまう。遺体の発見時、何故か片足の靴だけが脱げていた。

室井滋(役:秋谷容子)

登場人物:秋谷容子

北陸日々新聞社会部の記者。

球磨子の過去の犯罪や結婚後すぐに保険金をかけたこと等を暴き、彼女を“稀代の悪女”、“鬼クマ”と書き立てて世論を煽る。

その一方、「もし球磨子が無罪だったら?」と内心では怯え、佐山の動向を逐一観察する。

真矢みき(役:田中純子)

登場人物:田中純子

佐原の義理の妹。プロのピアニストでジャズバーでその腕を披露している。

義理の兄のことをいつも気にかけている。

津川雅彦(役:原山正雄)

登場人物:原山正雄

白川家の顧問弁護士。一審までは球磨子の担当をしていたが体調を崩してしまい、手を引く。

佐原の先輩に当たる。

余談

ちなみに津川さんは米倉涼子さんが主演を務めた2019年版でも同名の役で出演。こちらはドラマの遺作となりました。

朝加真由美(役:佐々木圭子)

登場人物:佐々木圭子

「金城樓」の仲居。福太郎の事を慕い、後妻になった球磨子を嫌っていた。

球磨子が逮捕された後は店を引き継ぎ、女将となる。

井之脇海(役:白川宗治)

登場人物:白川宗治

福太郎の孫。幼いながらも球磨子を糾弾した。

女将の圭子と共に裁判を傍聴する。

中村俊太(役:藤原好郎)

登場人物:藤原好郎

白川夫妻の車を目撃した男。裁判で「福太郎が助手席にいた(球磨子が車を運転していた)」と証言する。

土屋裕一/現:土屋佑壱(役:河崎三郎)

登場人物:河崎三郎

球磨子が銀座でホステスをしていた時、交友を持っていたヤクザ。

裁判で「球磨子が福太郎の元に行く前に“大きな仕事をしてくる”と言っていた」と証言する。

橋爪遼(役:野島秀夫)

登場人物:野島秀夫

河崎の弟分。裁判でも兄貴分と同じ証言をする。

笹野高史(役:木下保)

登場人物:木下保

福太郎の小学校時代からの親友。

裁判で「福太郎は球磨子と別れたがっていた」と証言する。

若村麻由美(役:高原マキ)

登場人物:高原マキ

球磨子が博多にいた時の友人。彼女に頼まれて経営していたホステスのチーママをした。

ところが球磨子と店の経営で揉め、ライターで火傷を負わされてしまう。

佐山に当時の球磨子について証言する。

渡辺いっけい(役:桜井)

登場人物:桜井課長

金沢署の刑事課長。状況証拠だけだったが球磨子をクロと決めつけ、逮捕に踏み切る。

矢島健一(役:酒井)

登場人物:酒井部長

北陸日々新聞社会部の部長。秋谷の上司。

野元学二(役:大堀)

登場人物:大堀

裁判官。一審で球磨子に死刑判決を下す。

内山理名(役:裁判所の判事)

登場人物:裁判所の判事

佐山がドラマの冒頭で担当していた事件の判事。佐山とは顔見知りの様子。

役名はなく、友情出演。

遠藤憲一(ナレーション)

ナレーションを担当。ドラマ内での出番はなし。

ちなみに、遠藤憲一さんも2019年版で同じくナレーションを担当。

その他?

  • 春木みさよ:佐山の妻・敦子
  • 鈴木浩介:桜井とコンビを組んでいた刑事
  • 油井昌由樹:日本弁護士連合会(法テラス)にいた白い口ひげが特徴の弁護士
  • 大東俊介:佐山の妻を殺害した犯人
  • 山崎樹範:ドラマ冒頭で逃げ出した被告人

【疑惑(2009)】のあらすじ

雨が降り止まない金沢の港で1台の車が海に転落する事故が発生した。運転していたのは高級料亭の主人・白川福太郎(小林稔侍)。高齢と泳ぐことが出来なかったため死亡してしまった。

助手席にいた年の離れた後妻・球磨子(沢口靖子)は何とか脱出し助かった。

ただの事故だと思われたが、新聞記者・秋谷容子(室井滋)が球磨子の前科や結婚後すぐに8億円もの保険金をかけていた事を暴いたことで情況は一変。

球磨子へ“稀代の悪女”、“鬼クマ”などとマスコミや世間のバッシング。そして、ついに殺人の容疑で逮捕されてしまう。

白川家の顧問弁護士・原山正雄(津川雅彦)は球磨子の弁護を担当していたが病気で断念。球磨子は無罪を主張するも世間の流れは有罪で確定的、誰も球磨子の弁護を引き受けるものはいない状況。

そこで原山の後輩弁護士・佐原貞吉(田村正和)に白羽の矢が立った。球磨子は本当に“悪女”なのか?事件の真相は?佐原が奔走する。

【疑惑(2009)】のスタッフ

原作松本清張「疑惑」
脚本竹山洋
監督藤田明二
音楽沢田完
協力プロデューサー江平光男
プロデューサー内山聖子
チーフプロデューサー五十嵐文郎
制作協力イン・ナップ
制作著作テレビ朝日

【疑惑(2009)】の放送日(再放送)

放送局テレビ朝日
放送日(再放送)2021/5/23(日)
放送時間(再放送)21:00~

【疑惑(2009)】は田村正和さんの追悼企画として2021/5/23(日)21:00~からテレビ朝日で放送です。

名優・田村正和さんの名作と雄姿を堪能しましょう。

コメント