【不適切にもほどがある】2話の感想!阿部サダヲ×仲里依紗「恋する母たち」の恋の続きは?

不適切にもほどがある
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【不適切にもほどがある】2話の感想!阿部サダヲ×仲里依紗「恋する母たち」の恋の続きは?

宮藤官九郎脚本×阿部サダヲ主演【不適切にもほどがある】2話が2月2日に放送されました。

放送後、「恋する母たち」で恋人を演じた阿部サダヲと仲里依紗の恋の行方が話題に!

2024年と昭和を行ったり来たり!2話も大笑いしながらジンと心に沁みる素敵なストーリーです!

TBS金曜ドラマ【不適切にもほどがある】2話のあらすじストーリー・感想を紹介します。

【不適切にもほどがある】ネタバレ・あらすじを最終回まで!原作なしの結末は? | 【dorama9】

不適切にもほどがある

【不適切にもほどがある】2話のあらすじ・ストーリー紹介

あらすじ

再び令和にやってきた市郎(阿部サダヲ)が持っていたスマホに、昭和にいるサカエ(吉田羊)から着信が。市郎のタイムスリップ話を信じていなかった渚(仲里依紗)と秋津(磯村勇斗)だが、ビデオ通話で確かにサカエが昭和にいるとわかり、驚きを隠せない。そんなことはさておき、市郎は純子(河合優実)とキヨシ(坂元愛登)の“チョメチョメ”を未然に防ぐため、サカエに今すぐ自宅へ向かってくれと懇願するのだった。

改めて渚と秋津にこれまでの経緯を説明すると共に、初めて会った時の“渚の涙の理由”が気になっていたと打ち明ける市郎。そこで、渚はこれまでに起こった出来事を語り始めるのだが、それは現代の働き方の難しさを象徴するかのような内容だった。
鬱屈とした毎日を過ごしている渚の前に更なる問題が。その時市郎は…!?

あらすじ|TBSテレビ 金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』

市郎と渚の恋が始まる?

不適切にもほどがある

昭和にいる向坂サカエ(吉田羊)とスマホで繋がった2024年の小川市郎(阿部サダヲ)。サカエは令和ではフェミニストで有名人だと知る。

市郎は、犬島渚(仲里依紗)のことが気になって昭和にからやってきたと渚と秋津(磯村勇斗)に説明する。

渚は身の上話を始める。

渚はテレビ局に勤め、ニューヨークでフリーのジャーナリストの谷口龍介(柿澤勇人)と出会い結婚。日本に戻り妊娠し出産。会社に託児室ができて仕事復帰した。
しかし、上司のプロデューサーの瓜生(板倉)は「俺に出来ることなら何でも言って」と言うが、全然頼りにならず。渚は新人の寺沢愛(トラウデン直美)に仕事を教え込み、午後はエルザちゃんに教える。
渚はひとりやった方が楽だと思うも、ハードスケジュールすぎていっぱいいっぱい。
夫に相談しようとしても弁護士が間に入って拉致あかず。

ぐったりしてビールを飲もうとした時、昭和から来た市郎がビールを飲んだのだ。

その時の怒りをキッカケに離婚を決意して会社も辞めて「すきゃんだる」の雇われママになったという。

その頃、昭和では、市郎からの電話で、キヨシ(坂元愛登)と純子(河合優実)がチョメチョメすると聞いたサカエは急いで市郎宅へ!

市郎は秋津の部屋に泊まることになり…

不適切にもほどがある

2024年。
市郎は渚の家に泊まろうとアプローチするも秋津に制され秋津の家に泊まることになる。市郎の口説き落としは不同意わいせつ罪だと言われる。

チョメチョメしたくないのか?という市郎。秋津は恋愛に興味なし。

市郎は亡き妻・ゆり(蛙亭)との馴れ初めを秋津に話す。

ラブレターや写真、純子の臍の緒、乳歯などを巾着袋に入れて持って歩いる

市郎は、高校卒業するまでは純子に変な虫がつかないようにとゆりと約束していた。

昭和では純子とキヨシが同棲!?

昭和。
純子は純子で「高校卒業するまでは一緒にいてあげてとママと約束したから」とサカエに話していた。

サカエは市郎が2024年に行き、サカエとキヨシは2024年からやって来たと打ち明ける。

「おばさん冝保愛子?」
純子は信じられない様子だったが…。

衝撃はほんの一瞬だったようで、サカエの話を聞くよりも、サカエが持つタブレットに感動する。

こうして、純子とサカエとキヨシは同居生活をスタート。

キヨシは柄の悪い高校生に絡まれる。
キヨシを助けたのがムッチ先輩(磯村勇斗)。

ムッチ先輩「タイマンはったらダチなんだぜ」

市郎が渚をハートを射止める!

一方、市郎は暇を持て余し学校に行ってみる。

ニトリになっていた!

昭和10年生まれの市郎は2024年では88歳。
市郎は88歳の自分がどこかにいるかもと思う。

市郎のもとに渚から電話がある。何かを頼みたいのだが、迷っている様子。
市郎「あんたにしてほしいことが俺にできることだよ」
渚「お尻ふきを買ってきて」

不適切にもほどがある

瓜生が渚の前に立ちふさがっていて渚は身動きがとれなかったのだ。
新人のふたりは辞めてしまい、渚に残って欲しいと必死の瓜生。

そこに「話し合っても無駄だ」と龍介が!

龍介は渚の性格を知っているからすべてを受け止める。離婚も受け入れるが子供・正人の親権もとると言い出す。

渚「嫌です。正人は私が育てます」

「ひとりで抱えちゃダメかね」と市郎、登場。

2話のミュージカル

市郎、歌いだす。

働き方改革は渚のためになっていないと訴える。

龍介は反論。

♪定時で帰って横になろう♪

市郎「働き方ぐらい自分で決めさせろ。時代に合わせなきゃダメかね。昭和が悪みたい言うけど、景気は今よりよかった」

渚は「辞めない」と言い、その代わりにと瓜生に頼む。

給料あげて
託児室は本館に設置
ペーパーレス急がないで
ランチは最低1時間保障
シフトは仕事を覚えてからにして
タレントの額やのあいさつはなし
やる気をそがないで

「残業になっても部下の企画書は読んでほしい」とも。

龍介は「例外を認めたら過労死がでる」と反論。

市郎「あんたは正しいだけで心がない。夫GPTなんすか?子育てに不向きだってやりたい。不向きだと思うならやってよ。やってほしいことを」

ここでおならの音が。

正人のおならかと思ったら、市郎のおならだった。そのあと、すぐに正人もおなら。
おならで一件落着となる。

2話の結末

こうして、正人の親権は渚がもつことになった。

そして、市郎に転機が訪れる。

テレビ局のカウンターとして働くことになる。

昭和から持ってきた純子のビデオを観て涙を流す。

市郎はスマホの扱いにも慣れてきた。
市郎「今晩行ってもいい?何もしないから」
渚「してもいいけど」

渚は電話で「あんたがしてほしいことが俺にできることだ」といわれたことが嬉しくて、市郎がいると頑張れたといい、手を握る。

正人は父が見てくれているから大丈夫、と言われ、チョメチョメタイムだと市郎はウキウキドキドキ。

「すきゃんだる」の看板を登り始めると手を外してしまう。
「すきゃんだる」のトイレの天井から落ちる。

そこは昭和61年だった。

キヨシはムッチ先輩に男にしてもらったといい、昭和のヤンキー姿に。

<つづく>

【不適切にもほどがある】2話の感想

【不適切にもほどがある】2話の感想を紹介します。

阿部サダヲ×仲里依紗「恋母コンビ」の恋の続きは?

市郎と渚が仲良しになった2話。
このドラマ、恋する母たちのキャスト4人(阿部サダヲ、仲里依紗、吉田羊、磯村勇斗)が出演しています。阿部サダヲさんと仲里依紗さんは「恋母」で不倫関係。そのふたりが【不適切にもほどがある】でもどうやら恋仲に発展する様子で笑いの中にもときめきもチラチラ。嬉しい限り。
ラストでまさかのチョメチョメになりそうな雰囲気になり展開早いぞと思っていたら、市郎が昭和に戻ってしまった。渚との恋の続きはどうなるの?すご~く気になります。

面白いの声が大多数!

「面白い」の声がSNSであふれています。そんな面白さの中にホロリとする場面も。
市郎が巾着袋に思い出の品を入れて持っていることや、純子の話をするときの嬉しそうな顔、そして、ビデオを見て涙を流す場面には思わずウルウル。
笑いだけじゃない、心沁みるストーリー。2話もしっかりと楽しませていただきました!

次回は、ロバートの秋山竜次さんと山本博さんがゲストです!お楽しみに♪

【不適切にもほどがある】2話の出演者

阿部サダヲ、仲里依紗、吉田羊、磯村勇人、袴田吉彦、可愛優美、坂元愛登、中島歩、鈴木こころ、福室莉音、ほか。

ゲスト
柿澤勇人、板倉俊之、トラウデン直美、八嶋智人、ほか。

八嶋智人さんは本人役で出演しています!

記事内画像:【不適切にもほどがある】公式サイト