【ドクターホワイト】6話のネタバレと視聴率!朝井大智・高橋文哉の共演で最愛ファン歓喜!?

ドクターホワイト6話

【ドクターホワイト】6話のネタバレと視聴率

主演のドラマ【ドクターホワイト】第6話が2月21日に放送されました。

放送後、朝井大智・の共演で最愛ファン歓喜で…!?

今回は【ドクターホワイト】6話のあらすじネタバレ・視聴率について!

【ドクターホワイト】6話のあらすじネタバレ

【ドクターホワイト】6話のあらすじ

ライバルであるAI診断チーム・JMAとの診断対決に勝利したものの、依然として解散の危機に立たされているCDT(総合診断協議チーム)。万が一解散となれば院内にメンバーの居場所はなくなるため、チーム内には不穏な空気が漂う。そんななか、夏樹拓実()はJMAで心臓外科医として働く元同僚から、外科医としてまた一緒に働かないかと誘われる。
時を同じくして、雪村白夜()もJMA代表の藤島(安井順平)の自宅に招かれ、JMAへの移籍を持ちかけられる。同席した狩岡将貴()はその真意を聞き出そうとするが、次の瞬間、廊下に狩岡晴汝()の悲鳴が響き渡り、駆けつけると、藤島の息子・誠(青木凰)が階段から転落し、意識を失っていた。 誠はすぐさま病院に運び込まれるが、目を覚ますと、強打した頭部ではなく、腹部の激しい痛みを訴える。
到着したJMAの医師が診断を急ぐなか、CDTも診断協議を始めるが、なぜか仙道直樹()は姿を見せず、夏樹と西島耕助()も移籍をめぐって言い争いに。一方で、誠の症状は命に危険が及ぶまでに悪化。もはや一刻の猶予も許されないなか、CDTはチーム発足以来、最も難しい病名診断を迫られる!

番組表より

CDTがバラバラに!?

ここから【ドクターホワイト】6話のあらすじネタバレです。

仙道直樹()がCDTと距離を置いていた。

奥村(宮田俊哉)が病院に来て、麻里亜と将貴と、勇気(毎熊克哉)のことを話す。3人は勇気の無実を信じている。勇気が何かの施設から白夜を連れ出して将貴に預けたと予想される。しかし一体どこからか?

白夜は、空中分解するCDTを離れて、JMAの医師・神足(朝井大智)と倉田と一緒に誠を診断する。しかし白夜が医師免許がないと分かると聞く耳をもたない神足・倉田。

藤島の息子・誠(青木凰)が階段から転落したのは家の中の てんとう虫を追いかけてのこと。白夜は西島にてんとう虫はどういう虫か尋ねる。

誠が急変した。AEDが必要という白夜。命に危険が及ぶ可能性がある。

白夜は病院内の勢力争いにうんざりし、今大事なのは誠を助けることだから、JMAに邪魔するなと訴える。麻里亜も同意し、診断協議を再開させる。

それ誤診です!

CDTの部屋にて。

夏樹は腹部エコーで異常がないという。さらに仙道はコーヒーを入れにきたついでに、頭を打ったことと今回は切り離すべきとだけ言って去る。

西島は白夜のてんとう虫の質問に、「何かと間違えたんじゃないか」と言っていた。白夜はてんとう虫の画像を見て「これです!星です!」と気づいて仮説を立てる。

そして白夜・将貴・佐久間が、持病の薬を忘れたからといってもらった鍵で藤島の家へ行く。

しかしオフィスの鍵だったようで開かない?!すると裏口が空いていて不法侵入する。

JMAの医師は診断ができない。しかし細菌感染からの敗血症を防ぐため抗生剤を投与しようとしていた。

白夜は藤島家での捜索を2人に任せて病院へ戻る。

夏樹が神足と倉田に「診断を確定させてからだ」と必死に止めている。

そこへ白夜が来て「それ。誤診です!」と告げる。

てんとう虫によく似た強烈な毒をもつ蜘蛛、ジュウサンボシゲグモに誠は刺されたのだ。

日本にはいないが、藤島代表が海外から輸入した家具にこの毒蜘蛛がついていた。

毒がまわれば心停止になる。

信じない神足たちだが、将貴たちが証拠の毒蜘蛛を持ってきた。(筆者のツッコミ:画像をスマホに送った方が早いです。笑)

しかし関東中央医大に血清があり往復で2時間かかる。

ただ、ちょうど、関東中央医大の中途採用の面接に西島がいた。

西島が急いで血清を持ってきて、間に合った!

誠は助かった。藤島代表は白夜たちに感謝した。

6話の結末

西島は移籍のチャンスをなくした。夏樹、仙道もCDTの活躍をみて戻る。

夏樹は外科から逃げた。オペ中に怖くなって震えてしまって…。だから科を渡り歩いており、専門家の西島には嫉妬して言い過ぎたと明かす。

狩岡家にて。白夜は、将貴に誕生日プレゼントの派手なネクタイを渡す。白夜は1時間かけて選んだ、と晴汝がばらした。

藤島代表は、息子を救ってくれた恩人=白夜を追い出せない、と海江田誠にいう。そして海江田に辞表を出す。しかし海江田は「あなたを支持する」と許した。

将貴はお返しをするため、白夜の誕生日を尋ねたが…

白夜は「次の誕生日はないと思います。そう決まっているんです。次の誕生日までは生きられない、と」と告げた。

(つづく)

【ドクターホワイト】6話の視聴率

【ドクターホワイト】6話の視聴率は、8.4%!

前回より0.3ポイントアップ!

初回:11.4%、2話:10.1%、3話:10.4%、4話:7.5%、5話:8.1%と推移しています。

視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯。

【ドクターホワイト】6話の感想

朝井大智・高橋文哉の共演で最愛ファン歓喜!?

さんのTwitterで、朝井さんとの2ショットがアップされていました。敵対する役でしたが、仲良さそうですね。

2021年の大人気ドラマ【最愛】で共演していた2人。朝井さんは悪役ですが、ファンからは大反響で…↓↓

朝井大智・の共演で最愛ファン歓喜でしたが…

一部ファンからは悲鳴も。

なんせ朝井さんの【最愛】での役がヒドイ人なので…。(ネタバレになるので省きます)

ストーリー的には、CDTが解散危機になるも、白夜を中心に子供の命を救って、ひとつになりました。

ただちょっと不満も…。

原作では階段付近が暗くて、蜘蛛の足が見えずに、てんとう虫と間違えた…のですが、ドラマでは明るかったように思います。

また、ドラマでは鍵を借りたものの開かずに不法侵入になってしまいましたが、原作小説では藤島代表が泊まるから、将貴たちが着替えを家に取りに行くという合法的な展開だったはず。

ドラマだと細部が甘いような気もしました。

ラスト。白夜が「次の誕生日はない」と意味深な発言。

白夜がどこからきて、勇気とどう関わっていたかなど、「謎」が気になりますね!


当記事画像出典:「ドクターホワイト」HP

コメント