【どうする家康】25話ネタバレ|ついにXデー!衝撃ラストに涙が止まらない!

どうする家康25話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【どうする家康】25話ネタバレ|ついにXデー!衝撃ラストに涙が止まらない!
25話「はるかに遠い夢」(7月2日放送)では、瀬名()と信康()に悲劇が…。家康()はどうする? 衝撃ラストに号泣必至!
今回は、【どうする家康】25話のあらすじ・ネタバレ・感想・レビューをお届けします。

【どうする家康】あらすじネタバレを最終回まで!
【どうする家康】のあらすじネタバレまとめ!最終回・結末は家康の最期をどう描く!?松本潤主演・2023年の大河ドラマ【どうする家康】のあらすじネタバレをまとめていきます。最終回・結末はどうなるかも予想していきます。予習・復習にどうぞ。
【どうする家康】のキャストと相関図!松本潤、大河初主演の評価は?
2023年大河ドラマ【どうする家康】のキャストと相関図!松本潤、大河初主演の評価は?2023年のNHK大河ドラマの主人公は徳川家康!濃すぎる戦国武将や四天王役は誰!?古沢良太脚本で斬新な大河になりそう!?今回は【どうする家康】のキャスト・相関図・あらすじ・放送予定について!

【どうする家康】25話の視聴率

【どうする家康】25話の視聴率は10.6%でした。
(視聴率は関東地区・世帯・リアルタイム)

【どうする家康】25話のあらすじ

【どうする家康】25話のあらすじです。

家康は瀬名と信康の処分を迫られる

— 天正7年(1579)夏—
武田勝頼(眞栄田郷敦)の命により、築山の謀は信長にバレた。瀬名(有村架純)は茶を立てて信康(細田佳央太)に出し、覚悟を問う。

信長に呼び出された家康。信長(岡田准一)は家康(松本潤)に「お前の家中で起きたことじゃ、俺は何も指図せん。お前が自分で決めろ」と決断を迫る。佐久間信盛(立川談春)も何をすべきかわかっているだろう、処分を決め次第安土に知らせろと命じる。

家康の決断

— 岡崎城—
家康は、信長の決断を家族に伝える。信長と手を切る、信康を殺させるぐらいなら自分が腹を切るという家康に、それでは徳川が滅んでしまうと信康。瀬名は五徳(久保史緒里)に、信長宛てに書状を書くようにと言う。瀬名と信康が不埒で不忠だと悪口を書き連ねろ、そうでなければ五徳も仲間とみなされる。

今は信康を愛し、瀬名の謀の同志でもある五徳はそんなことはできないと言うが、瀬名は五徳には2人の姫を育て上げる務めがあると説得する。どうしても2人を死なせたくない家康は、瀬名の言う通り五徳に書状を書かせて2人の処分を伝え、信長を、世を欺くことと決める。服部半蔵()らを使い、身代わりを立てて2人をどこかに隠す計画だ。

酒井忠次()が五徳の書状を信長に届ける。

信康は五徳に「いつでも織田に戻れ」と言い無事を願う。五徳は、これから先の「岡崎殿」と呼ばれたいと信康への愛を示す。しかし信康は、身代わりと入れ替わるはずが、幽閉先の堀江城に行ってしまう。いつまでもダメな忍びだ、なぜしくじったと怒る家康に、それは信康の意志だと服部半蔵。信康は、瀬名が無事に逃げたのを確かめてから処罰を受けると決めていた。

— 築山殿—
瀬名は、於大(松嶋菜々子)、久松長家(リリー・フランキー)、今川氏真(溝端淳平)、糸(志田未来)に別れを告げる。於大は家康がきっと裏で手を打っているに違いないと希望を持つが…。

瀬名を迎えに来た石川数正()は、殿の指図通りに(身代わりと入れ替わって)と念を押す。瀬名は佐鳴湖を船で渡り、富塚へ。待っていた女大鼠()と鳥居元忠(音尾琢真)が藪の中で着替えて身代わりと入れ替わるように伝えるが、信康の逃亡を確認する瀬名の問いにはっきり答えない元忠の態度から、瀬名は信康もまた処罰を受ける覚悟を決めていることを知る。

瀬名は身代わりの者を逃すと、その場で介錯を元忠に頼む。元忠が拒み、女大鼠が刀を取り介錯しようとすると元忠はそれを止め、城で殿が待っているという。ところが家康は船でその場にやってきた。

信康の最期と思い

堀江城では、半蔵、大久保忠世(小手伸也)、平岩親吉(岡部大)が、早く逃げるようにと信康を説得していた。瀬名の逃亡を確認してからだと信康。半蔵が瀬名は逃げた、殿が直々に説得して古寺に身を隠したと説明するが、信康は「忍びのくせに嘘が下手じゃな」と言い、瀬名が自害したことを覚る。

すべては信康に生き延びてもらうため。逃げてくれと乞う家臣たち。信康は一見それを受け入れたように親吉に手を貸してもらって立ち上がるが、親吉の刀を奪い、腹を切る。「わしの首を信長に届けよ」と親吉に介錯を頼むが、親吉にはできない。

わしが徳川を守ったんじゃ。わしは見事務めを果たしたと父上に…。

介錯は、半蔵が引き受けた。その目にも涙がにじんでいた。

【どうする家康】25話のネタバレ

【どうする家康】25話のネタバレです。

勝頼と信長の反応

井伊万千代(板垣李光人)から信康の自害の報告を受けた家康は倒れて寝込んでしまう。

瀬名と信康の最期を知った於大と長家、氏真と糸も悲しみにくれていた。

武田勝頼に報告した千代はどこかへ。勝頼は家康を「人でなし」だと評す。

これで徳川と織田の結びつきも強固になる、「よかった」という佐久間信盛に「何がよかった? 二度と顔を見せるな」と怒りを露わにした信長は、ひとり「家康よ…」と呟く。

瀬名と家康の別れ

家康は、瀬名が自害する前に富塚で会っていた。家康は逃亡するように説得するが、瀬名は私たちは死ななければならない。本当は信康だけでも生きて欲しいけれど、信康は納得しないだろう、と。

家康は、かつて今川に捕らえられたとき、瀬名たちを見捨てたことがある。でも取り戻したとき、この先は何があっても守っていくと決めた。守らせてくれ。

あなたが守るべきは国でございましょう。

国なんてどうでもいい、わしはそなたたちを守りたいのじゃ。

瀬名は、両親が別れの時に言っていた言葉を話し出す。「いつか大切なものを守るために命を懸けるときがくる」、今がそのとき。両親も「よくやった」と褒めてくれるでしょう。すべてを背負わせてください。

世もそなたを悪辣な妻だと語り継ぐぞ。

平気です。本当の私は、あなたの心におります、と家康の胸に手を当てる瀬名。

瀬名を抱きしめて泣きじゃくる家康に、相変わらず弱虫泣き虫鼻水たれの殿じゃ。出会った頃、どこかに隠れて私たちだけでこっそり暮らそう、小さな畑をこさえて、世の騒がしさにも我関せず、ただ静かにひっそれと暮らしたいと話したことがあるが、それが瀬名たった1つの小さな夢だと瀬名は語る。はるかはるか、遠い夢 — —。

瀬名は、平八郎()と小平太(榊原康政)に、殿を城に連れ帰り、安寧の世を一緒に作れと命じて、愛しい殿に笑顔で本当の別れを告げる。

兎は強うございます。狼よりもずっと。ずっと見守っております。

家康は泣きながら家臣たちと船でその場を後にする。介錯は女大鼠に任された。

舟の上の家康は瀬名に「弱い心」だと置いていった木彫りの兎を手に、瀬名を思いながら、やはりこんなのはイヤだ、間違っておる!と舟を降りて止めに行こうとする。「お覚悟を!」と止める家臣たち。

瀬名は覚悟を決めて自ら首を切って自害する。泣き叫ぶ家康とそれを支える家臣たち。介錯をした女大鼠も、瀬名にひれ伏した。

【どうする家康】25話の感想とレビュー

ついに悲劇のときが来てしまいました。

信長を、世間を欺いてでも瀬名と信康を助けたかった家康ですが、瀬名と信康の決心は固く、2人とも…、しかも瀬名は自分の目の前で自害してしまいました。最愛の妻と長男を失くした家康は倒れてしまいます。

瀬名を聖女かジャンヌ・ダルクのように、かなり美化されていることに違和感はありますが、殿が守るべきは妻子ではなく国。その国と民、そして未来を守るためにみずからすべてを背負っていった瀬名はカッコよかった。予告を見たとき、五徳はやっぱり裏切って信長に告げ口したのかと思いきや、それも五徳はいい子になっていて、瀬名が五徳と孫を守るためと描かれた。いや、やっぱり美化しすぎ。

それでも瀬名の最期を目の当たりにした家康や家臣団の悲痛には思わず涙…。
瀬名はあえて家康の前で自害したと思わせる演出でした。それもきっと殿のため、ということなのでしょう。

瀬名の介錯をあっさりと買って出た女大鼠。一度めは、忍びとはいってもドライだなと思ったけれど、介錯という重大な務めを果たした後、瀬名にひれ伏していました。あれは瀬名に対する敬意だったのだと思います。信康の介錯をした半蔵の目にも涙。忍び(半蔵曰く、違うけど)だからこそ、家臣団には辛くてできないお役目を果たした2人も辛かったし偉かった。

今回が前半のクライマックスになったわけで、結局前半の主人公はやはり瀬名だったんだ…と。

次週からその瀬名がいなくなって、家康の存在感が増していくのか。家康はいつ弱虫泣き虫鼻たれの殿から変われるのか、いや瀬名の思いを継いで、弱虫泣き虫鼻たれだけど心やさしい殿だからこそできる方法で国を治めていくのか?

次は信長の最期「本能寺の変」がもうすぐ!

「本能寺の変」に繋がるエピソードが次回・26話から始まります。そのあらすじはこちら↓↓

【どうする家康】あらすじネタバレを最終回まで!
【どうする家康】のあらすじネタバレまとめ!最終回・結末は家康の最期をどう描く!?松本潤主演・2023年の大河ドラマ【どうする家康】のあらすじネタバレをまとめていきます。最終回・結末はどうなるかも予想していきます。予習・復習にどうぞ。

アイキャッチ画像出典: (C)NHK