【どうする家康】5話のネタバレ!ドキドキハラハラの奪還作戦、裏切り者は誰!?

当サイトのリンクには広告が含まれます
どうする家康5話

【どうする家康】5話のネタバレ!ドキドキハラハラの奪還作戦、裏切り者は誰!?
今川に囚われている瀬名たちを奪還するため、元康はイカサマ師とも言われる本多正信(松山ケンイチ)を起用。正信は忍びの服部半蔵(山田孝之)を巻き込み作戦を実行するが…。
【どうする家康】5話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビューについて!

あわせて読みたい
【どうする家康】あらすじネタバレを最終回まで! 【どうする家康】あらすじネタバレを最終回まで!松本潤主演・2023年の大河ドラマ【どうする家康】のあらすじネタバレを最終回までまとめていきます。各話のおもな出来...
目次

【どうする家康】5話の視聴率

【どうする家康】5話の視聴率は12.9%でした。

【どうする家康】5話のあらすじ

【どうする家康】5話のあらすじです。

本多正信は信用できる?

元康(松本潤)は、織田信長(岡田准一)と同盟を組み、今川氏真(溝端淳平)との全面戦争に踏み切る。於大の方(松嶋菜々子)は、思う存分今川領を切り取れ、鵜殿長照(野間口徹)の城からだ。妻子もすぐまた持てるから気にするなというが、駿府に囚われている瀬名たちのことが気になって仕方がない。

元康と家臣たちは瀬名たちを奪還する作戦を考えるが、いい案は出ない。そこで大久保忠世()があることを思い立つ。本多正信(松山ケンイチ)なら、奇策を思いつくのではないかという。しかしか家臣一同は「いかさま師」「戦になるとあそこが痛いなどと言って出陣しない」とすこぶる評判が悪い。しかし元康は、今は鶏の世話をしている正信を呼ぶ。

正信の奇襲作戦とは?

正信は銭を預ければ瀬名たちを救い出すと豪語する。作戦を話せと言われると策が漏れると困ると殿だけに話すと言う。殿の信用厚き家臣しかいないという家臣たちだが、その家臣に元康の父も祖父も裏切られた。また策もないくせに策を考えたものを騙りだなんだとみっともないと茶化す。正信の言うことにはなぜか説得力があり、元康の意向で家臣たちは席を外す。

正信の作戦は、服部党の一族を使う。彼らは銭でしか動かないと言われた元康は金を渡すが、左衛門尉や数正は、服部党はもういないも同然、百姓同然。金を騙し取られたのかもしれないという。

正信は服部半蔵(山田孝之)のもとへ。服部家は忍びではなく武家。父の遺言で忍びはもうやるなと言われている。銭で何でもする卑しいやつらだと批判する。手柄を立てれば武士の誉れも立つという正信だが、半蔵は帰れとつれない。正信は帰るふりをしてわざと金をばらまく。武士として、忍びもできるだろ、と説得する。

「武士として…」とつぶやくと、半蔵は鉛の玉? をある穴に落とす。秘密の穴を通っていった玉が反響版にぶつかると、それを合図に穴熊が遠吠えで服部党のメンバーを招集する。正信の作戦は夜中に忍び込み、瀬名たちを盗み出したら海から舟で逃げるというものだった。自分はまったく行く気がなかった正信だが、左衛門尉や元康は、失敗は許されないと現場に行くように命じる。

今川氏真は、鵜殿長照にあることを命じる。長照は妹のお田鶴()が氏真の命をすでに始めているという。そのお田鶴は、囚われの身となっている瀬名や巴たちに菓子を差し入れしていた。

【どうする家康】5話のネタバレ

市場で買い物をする、たね(豊嶋花)に「干物を買ってくれ」と寄ってきてぶつかる男がいた。それは服部の一員で、瀬名への伝言を書いたメモを手渡しした。夜、脱出計画について両親に告げる瀬名。うまくいくはずがない、と反対する巴を氏純が説得し、全員助け出してほしいと正信たちに返事する。5人も助け出すのは無理だという半蔵だが、党員たちは銭さえもらえれば何でもやると言い、正信はそのうち2人は武士だから味方が増えたと思えばいいと言う。

作戦失敗!裏切り者は!?

お田鶴は親友めかして瀬名から計画を聞き出そうとするが、瀬名は「虫歯が痛い」と言ってごまかす。しかし決行の丑の刻、なぜか鵜殿長照の兵が待ち伏せしていて一斉に矢を放つ。服部党の忍びたちは次々とやられてしまう。大鼠は命からがら半蔵を助け出すが、その背にはいくつもの矢が刺さっていた。。大鼠は計画が成功したら自分の妻子に銭をあげてくれ、服部党はまだまだいると子孫たちのことを託して、追っ手をひとりで引き受ける。

計画がバレたのは、巴がお田鶴に別れを言いたいとバラしてしまったからだった。お田鶴は氏真に、瀬名たちへの寛大な処分をと願い出るが、氏真は家臣たちに示しがつかないと関口家一同を死罪にすると決め、牢獄に押し込める。

岡崎に戻った正信と半蔵。もう一度奪還作戦をやらせてくれと願い出る。戦のどさくさに紛れて上ノ郷城に忍び込み、鵜殿長照とその2人の子を生け捕りにすると宣言した。

【どうする家康】5話の感想とレビュー

本多正信(松山ケンイチ)と服部半蔵(山田孝之)が初登場!
武士というプライドにこだわる半蔵も新しい? ようですが、狡猾でお茶目、それでいて妙に説得力のある本多正信がおもしろい。

瀬名の奪還作戦を台無しにしてしまったのは、瀬名の母・巴(真矢ミキ)でした。せっかく瀬名が虫歯でごまかしたのに、お嬢様育ちなので疑うことを知らない? お田鶴にうまく乗せられてしまったのでしょう。

今回も濃密かつスピーディな展開で、ドキドキハラハラしているうちに、あっという間だったという感想が目立ちました。

今川氏真に死罪を宣告された瀬名たちを元康たちはどうやって救い出すのでしょうか?次こそ奪還作戦は成功する!?

第6話は2月12日(日)放送です! 待ち遠しいですね。

どうする家康5話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次