【大病院占拠】7話のネタバレ!2人の死者に胸が張り裂ける!

大病院占拠 ネタバレ07

【大病院占拠】7話のネタバレ!2人の死者に胸が張り裂ける!

【大病院占拠】7話が2023年2月25日に放送。

7話で初の死者が発生。しかも2人もです。

人気キャラのあまりに突然の死に視聴者にも動揺が広がっています。残された仲間の気持ちを考えると胸が張り裂けそうで辛いです。

今回の記事では【大病院占拠】7話「大解除」のネタバレ、感想をお届けします。

【大病院占拠】配信情報

【大病院占拠】は各話放送後からhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中。

【大病院占拠】7話のネタバレ

播磨院長の罪と爆弾

武蔵(櫻井翔)が向かった横浜北署の取調室に爆弾が取り付けられていた。1時間以内に院長・播磨(津田寛治)に残りの罪を自白させなければ2人共命は無い。

ホテルオシマで死亡した加賀大輝、日向聡介、山城琴音の本当の死因は?何故、播磨院長は隠ぺいしたのか?

播磨院長は怯えながら「言えない、言ったら(鬼以外の者に)殺される」と呟くだけだった。

情報処理班の駿河紗季(宮本茉由)と志摩蓮司(ぐんぴぃ)は3人の情報を確認。山城は里親に出されており関係者は不明。更に彼女だけ記録が改ざんされた跡があった。

鬼達に外部にいる紫鬼から「特殊部隊2名が病院内に侵入した」と連絡が入る。鬼達が対処に向かう。

一方、報道系の動画配信者の因幡由衣(明日海りお)は人質としてICUに移動させられる。

病院にあるはずのない場所

赤鬼はシェルターの外部通信を解除。黒鬼と共に特殊部隊の対処に向かう。

裏切った灰鬼と桃鬼・常陸親子を見張る白鬼。桃鬼は「人質をシェルターに入れる目的は達成したから」と白鬼から銃を受け取る。白鬼、桃鬼も対処に向かう。

シェルターにいる人質達は特殊部隊と鬼達の行動をモニターで確認。裕子(比嘉愛未)と若狭昇(稲葉友)はモニターであるはずのない地下四階を発見

裕子が地下四階にアクセスしようとするが事務長の大隈(瓜生和成)に止められる。

相変わらず怯えて何も話そうとしない播磨院長。武蔵は爆弾を解除することにする。

相模俊介(白洲迅)は身元が判明した黄鬼・摂津の自宅を捜査。病院内の地図と爆弾の設計図を発見する。

鬼が撃たれる

特殊部隊は緑鬼を発見、後ろから銃を突きつける。緑鬼は抵抗し、橙鬼と桃鬼が駆けつける。

バンッ

発砲された銃弾が桃鬼を庇った茶鬼・加賀雄吾に命中してしまう

桃鬼「なんで庇ったの!?」

茶鬼「ホントにね……でも仲間だから。」

激しく取り乱す弟の橙鬼・流星。「兄ちゃんが撃たれた。さっさと出てこい!!」とシェルターの前で叫び続ける。

橙鬼「頼むよ……」

医者としての使命

更に看護師・安芸(呉城久美)の様態が急変。薬を注射しようにもシェルターの外にある。

シェルターを開けようとする裕子を長門知事(筒井真理子)が止める。ここで開けたらICUに逆戻り、より多くの犠牲が出るかもしれない。

大隈も長門知事の考えに賛同。可哀そうだが安芸は見捨てるしかない。

裕子「目の前で人が死にかけているの!!

その声に応えるように若狭(稲葉友)がシェルターのと扉を開ける。鬼達から薬を受け取り、裕子は茶鬼・雄吾の元へ。

茶鬼・雄吾は胸を撃たれ危険な状態、緊急手術の必要がある。若狭が合流、灰鬼・常陸医師も手術を手伝う。

長門知事、大隈、安芸の3人はICUに逆戻り。

P2計画

駿河が横浜北署に到着し、取り調べ室を撮影。ループ再生にすることで鬼達の目を誤魔化せるはずだ。

武蔵は爆弾処理犯の指示を受けながらコードを切っていく。だが、残り2本になったところでタイマーのが早くなってしまう。設計図は鬼の罠だった。どちらを切ればいいのか分からない。

止めてくれ!!

ついに播磨院長が口を開く。

播磨「甲斐先生は私達の仲間だった。全てはP2計画の為だった。

武蔵と播磨院長が助かる方法は1つしかない。鋏を椅子と爆弾の間に挟み弛みを作る。立ち上がっても1秒なら爆発までの時間を稼げる。

播磨院長は武蔵に「証拠となるSDカードがある。パスワードは2827、何かあったら公表してくれ」と手がかりを託す。

取調室から脱出する2人。だが、爆弾は爆発しなかった。

P2計画という言葉を引き出せた青鬼が爆弾を解除していた。相模は播磨院長を別の取り調べ室に移動させる。

仲間の死

一方、茶鬼・雄吾の手術が続く。だが、奮闘空しく茶鬼・雄吾は息を引き取った。仲間を失い悲しみに暮れる鬼達。

橙鬼・流星は原因(人質を逃がした)を作った灰鬼と桃鬼・常陸親子を責め立てる。そこに青鬼がやって来る。

青鬼「雄吾の言葉を忘れたわけではありませんよね。」

回想。病院占拠決行の前日。鬼達は士気を高める為、宴会を開く。

青鬼「我々が人間でいられるのは今日までです。必ずやつらが作った……」

言いかけたところで茶鬼・雄吾が壇上に立つ。

茶鬼・雄吾「硬いのよ!何があろうとも私たちは必ず成し遂げる!!」

回想終わり。鬼達は決意を新たにする。死んでいった仲間の為にも

7話の結末

ICUに移動させられる裕子と若狭。裕子は手を洗いたいと洗面所へ向かう。すると鬼達の話し声が聞こえてきた。

青鬼「例の場所が分かりました。手がかりはシェルターにありました。」

他の鬼達には言っていなかったが占拠した当初からICUの人質にスパイを紛れ込ませていた。青鬼と赤鬼はシェルターのモニターから地下四階にアクセスする。

一方、横浜北署では神奈川県警本部長・備前武(渡部篤郎)が会見を開く。判明した鬼の素性(灰、桃、黄、白、茶、橙、緑)を開示するが、彼らの目的はいまだ不明。

裕子は(途中から人質になったので違う)因幡に「人質の中にスパイがいる」と伝える。

武蔵は播磨の元へ向かい、手がかりとなるSDカードのことを聞き出そうとする。だが、何者かに後ろから殴られ、気絶。謎の人物は武蔵の拳銃を奪い播磨院長に発砲する。

目を覚ました武蔵。目の前にはすでにこと切れた播磨院長の遺体。手には凶器の拳銃が握らされていた

【大病院占拠】7話のレビューと感想

茶鬼・雄吾の死を悲しむ声

【大病院占拠】7話で茶鬼・雄吾が撃たれて死亡。初めて死者が出てしまいました

初めのうちは「絶対邪魔になるよ」と桃鬼に対して悪態を付いていたのに「仲間だから」を身を挺して助けた茶鬼・雄吾。

鬼達は仲間意識が強く、回を重ねるごとに人間味が出ていきます。

それゆえショックが大きく、「茶鬼さん、鬼だけど助かって欲しかった」、「茶鬼、良いお兄ちゃんだったんだろうな」と視聴者から茶鬼の死を悲しむ声が続々と届きました

灰鬼、桃鬼の「死者を出したくない」という行動が結果的に仲間である茶鬼・雄吾の死を招いたのはやるせない。

播磨院長の死は「P2計画」の口封じ?

人質からも死者。播磨院長が何者かに殺されてしまいました。

鬼達(青鬼以外)は極力犠牲者を出さないようにしていたのに播磨院長を暗殺。あまりに急な心変わりなので殺したのは(内通者の)紫鬼ではないかもしれません。

警察にも「P2計画」に加担している者がいて播磨院長は口封じに殺されたのでしょうか?

鬼達とは対照的に人質や警察サイドは薄情な部分が見えてきました。正直、鬼達を応援したい人も多いのではないでしょうか?

次週予告

次回の【大病院占拠】は播磨院長殺害の濡れ衣を着せられた武蔵が逃亡。果たして犯人は?

2023/3/4(土)22:00~の放送をお楽しみに。

6話「大取材」<< >>8話「大逃亡」

画像の引用元:大病院占拠-日本テレビ

コメント