【ちむどんどん】93話|和彦に「なぜ警察呼ばない?」と疑問の声!

ちむどんどん93話

【ちむどんどん】93話(93回)

朝ドラ【ちむどんどん】第93話(第93回)が2022年8月17日に放送されました。

放送後、和彦に「なぜ警察呼ばない?」と疑問の声が殺到して…。

今回は【ちむどんどん】93話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】93話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】93話のあらすじネタバレです。

物件を決める暢子

「あまゆ」2階にて。暢子()は、少し予算オーバーだが気に入った物件を決めた。和彦()は「最後はやりたいかどうかで決めるかしない」と暢子の決断を応援。

すぐに家賃が発生するからフォンターナを早く辞めたい暢子。後日、物件が決まったと聞いた房子()は今月末にフォンターナを辞めるよう暢子に伝える。

猪野養豚場では、清恵()が賢秀()のことを心配していた。

真相を確かめなさい

フォンターナにて。賢秀は自分が参加した新たなビジネスについて、房子にアピール。会員になってもらおうとするが・・・。

房子は「ねずみ講という立派な犯罪です」と賢秀に告げた。歩合という報酬をまだもらっていない賢秀は、このビジネスに疑問を抱く。房子に「大事な人の迷惑になっていないか真相を確かめなさい」と背中を押された賢秀は…。

東洋新聞社にて。和彦は社員特別融資の仕組みを田良島()に尋ねた。さらに、田良島は社会部から聞いたという警察がマークしている「ねずみ講」の組織の一覧を見せる。そこには賢秀の参加している会社の名前もあった!

母ちゃんの金を返せ!

賢秀はジャイアントビタミン商事へ。我那覇も騙された側で社長に被害を訴えていた。賢秀も中に乗り込んで、会員をやめると告げるが…ノルマが達成できずにやめるときは200万の違約金が発生するという。

賢秀「預けた金を返してください。やんばるの母ちゃんがコツコツ働いてためた金。あんだけは返してください。(はした金と言われ…)母ちゃんが汗水たらして稼いだ大事な金やしが!返せ。母ちゃんの金を返せ!」

賢秀は相手に迫り、先に殴られた。それを受けて思う存分、喧嘩するが…。(このとき、我那覇は賢秀を見捨てて逃亡)

その後。沖縄の良子()に賢秀のことで電話がきた。「ここは沖縄ですけど」と言うと、電話は切れた。

93話の結末

「あまゆ」にて。物件を決めた暢子は明日朝の支払いのために200万円の現金をおろして戻ってきた。そこへ、ジャイアントビタミン商事・社長の黒岩(木村了)から違約金を大至急持ってきてほしいと言われる。

電話の奥からは「暢子くるな!」という賢秀の声がする。賢秀は返り討ちにあって拉致されていたのだ。

暢子は智の静止も聞かずに「あまゆ」を飛び出す。智は、ちょうど帰ってきた和彦を連れてジャイアントビタミン商事へ。

ジャイアントビタミン商事にて。

賢秀は「やめろ!店を出す大事な金だろ」と止める。

だが、暢子は兄の為に違約金200万を支払う。

黒岩は「はっはっはっ。大げさだな。貧しい母親に育てられた哀れなきょうだいだ」と笑った。

暢子は「母ちゃんをバカにするな」と黒岩をビンタ!

智と和彦も入って大騒動に。

そこへ警察のサイレンが鳴り響く。ジャイアントビタミン商事の人々は逃げていく。

賢秀は「金を返せ」と叫ぶが、暢子は「お金はいいから」と兄に抱き着いて止めた。

(つづく)

【ちむどんどん】93話の感想

和彦に「なぜ警察呼ばない?」と疑問の声!

せっかく田良島さんが和彦に警察情報を教えてくれたのに・・・

なぜ和彦は「警察に相談しないの?」「200万渡させるの?」と、視聴者からツッコミの嵐!

違約金200万ってのもおかしい話だし、借金の保証人でもないのに、家族に電話来るのも変。弁護士にも相談する案件ですね。

いや、拉致監禁で急を要する事態すし、和彦は「警察がマークしてる会社に知り合いが拉致されました」って警察に相談したらいいのに…。

そもそもマークしている会社へサイレンを鳴らして来るっていう演出、逃げてくださいと知らせてるみたいでで、ちょっとリアリティーなさすぎて笑ってしまいました。

果たして、暢子の200万はどうなるのか。注目ですね♪

92話<< >>94話

画像出典:NHK、スポニチ

コメント