『ブギウギ』スズ子と愛助の箱根旅行は史実!?初めてで最後の旅に?

当サイトのリンクには広告が含まれます
ブギウギ/旅行

主演のNHK朝ドラ『ブギウギ』(NHK総合ほか、月~金 午前8時)第17週では、スズ子と愛助()が初めての旅行に出かけるという展開に!劇中のこの箱根旅行は史実なのでしょうか!?なんと初めてで最後の旅になる可能性も?

今回は『ブギウギ』スズ子と愛助の箱根旅行は史実!?について。

あわせて読みたい
朝ドラ【ブギウギ】ネタバレ・あらすじ・感想を最終回結末まで! 2023年度後期の朝ドラは『ブギウギ』。 ヒロインは趣里。相手役は水上恒司!ブギの女王と呼ばれら笠置シヅ子さんをモデルにした創作ドラマです。 今回は【ブ...
あわせて読みたい
【ブギウギ】第17週のネタバレと予告!愛助が再びかっ血して… 朝ドラ【ブギウギ】第17週「ほんまに離れとうない」が1月22日~26日に放送。スズ子(趣里)は愛助(水上恒司)と一緒になるのであれば歌手をやめても良いと考えますが…...
目次

『ブギウギ』スズ子と愛助の箱根旅行は史実!?初めてで最後の旅に?

朝ドラ『ブギウギ』17週・79話(1月24日放送)の中で、スズ子と愛助が箱根旅行に行くことなりました。この旅行は史実なのでしょうか。調査してみます。

愛助が箱根旅行を提案

79話にて。喀血のおさまった愛助は大阪に帰って治療することになりました。

愛助はさみしそうしているスズ子に「一緒に旅行せえへんか?」と提案。

断ろうとするスズ子に対し、愛助は「箱根まで僕を送ってくれへんか?」と、見送りという体裁を取ることを示唆。

そして愛助は芦ノ湖の湖畔にある馴染みの宿でスズ子と1泊したいと言います。

スズ子と愛助にとっては初めての旅行。スズ子は喜びに目を潤ませました。

スズ子と愛助の箱根旅行は史実!?

結論から言うと、スズ子と愛助の箱根旅行は一部、史実です。

スズ子のモデルである歌手・女優の笠置シヅ子さんのことを調べると…

1946年(昭和21年)6月に帰阪することとなった穎右にシズ子は途中まで同行し、琵琶湖の湖畔の旅館で同宿した。そこで穎右は高峰三枝子の戦前のヒット曲「湖畔の宿」を口ずさみ、初めて聞く穎右の歌声に、感極まったシズ子は思わず嗚咽したが、照れた穎右は「なんや、歌の文句(歌詞)みたいな別れやな」と照れ隠しに茶化している。翌日にシズ子と穎右は大津駅で別れたが、穎右はボストンバッグ1つという軽装で軽やかに客車に乗り込むと「では、ちょっと行ってくるさかい、秋までには東京に帰れるやろう」と車窓から手を振ったが、これが穎右との最後の旅行になった。

笠置シヅ子Wikipediaより

穎右というのは吉本穎右(よしもと・えいすけ)さんのことです。吉本興業の創業者・吉本せいさんの息子です。

笠置シヅ子と吉本穎右が1946年に帰阪する時、旅行したことは史実のようですね。

ただし、「琵琶湖の湖畔の旅館で同宿」とあります。琵琶湖は滋賀県ですね。

そして大津駅とは滋賀県大津市にある駅のことと思われます。

ということは、旅行の場所は史実でありません。

ドラマでは「芦ノ湖の湖畔の宿箱で一泊」「箱根旅行」となっているので。

初めてで最後の旅に?

ウイキペディア(旅行の出典は笠置シズ子『歌う自画像 : 私のブギウギ傳記』北斗出版社)に「これが穎右との最後の旅行になった。」 とあります。

つまり琵琶湖へ旅が2人の最後の旅行になったということ。

ドラマではどうなるのでしょうか。まだ未放送ですが・・・この箱根旅行がスズ子と愛助の最後の旅になる可能性が高いです。

箱根旅行での2人の幸せな時間を描きつつ、愛助の臨終シーンは描かない…。というか、笠置シヅ子さんが恋人の死に目に間に合わなかった史実をもとに、ナレ死(ナレーションで死亡を知らせる)で愛助の最期を描くと予想します。

果たしてスズ子と愛助の恋の結末はどう描くのか。注目ですね。

画像出典「ブギウギ」公式HP

ブギウギ/旅行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次