【ブギウギ】4話ネタバレと感想|花咲の受験結果は?鈴子の双子の真相も判明?!

ブギウギ・4話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ブギウギ】4話ネタバレと感想|花咲の受験結果は?鈴子の双子の真相も判明?!

朝ドラ【ブギウギ】第1週「ワテ、歌うで!」第4話(第4回)が2023年10月5日(木曜)に放送。

自分の将来について悩んでいた鈴子(澤井梨丘)は、自分は歌が好きだということに改めて気がつく。鈴子は花咲音楽学校に行きたいと進路を決め、いよいよ試験当日を迎える!

今回は【ブギウギ】4話のあらすじネタバレ・感想・事前レビュー・出演者について!

【ブギウギ】第1週のネタバレあらすじと予告!鈴子は音楽学校に入学できる?
【ブギウギ】第1週のネタバレあらすじと予告!鈴子は歌劇団に入学できる?趣里主演の朝ドラ『ブギウギ』がついに放送スタート。第1週の冒頭だけ趣里さんが登場。その後は、幼少期パートとなります。歌が大好きな鈴子は、小学校卒業後、音楽学校を目指しますが…。果たして入学は?

【ブギウギ】の動画は【ユーネクスト】NHKで!

*本ページの情報は2023年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ブギウギ】4話のネタバレ

ブギウギ・4話

【ブギウギ】4話のあらすじネタバレです。

自分の将来について悩んでいた鈴子(澤井梨丘)は、ゴンベエ(宇野祥平)から鈴子の歌が好きだと言われ、嬉しくなる。

風呂掃除をしながらスズ子は、梅吉(柳葉敏郎)から言われた「卒業してからのことは卒業してから考えたらええ」、ツヤ(水川あさみ)から言われた「自分がこれやと思うことで生きていくんや。そういう場を探しいかなあかん」という言葉を思い出していた…。

鈴子は、歌うことが好きだということに改めて気がつき、花咲音楽学校に行きたいと進路を決める。ツヤ(水川あさみ)と梅吉(柳葉敏郎)も賛成してくれて、「子供はお金の心配をするな」と背中を押す。

夜、寝室にて。鈴子の寝顔を見ながら、父の梅吉が「もう12年もたったんやなあ」とつぶやく。

回想シーン。背中と腕に赤ちゃんを抱いたツヤが香川から帰ってきたが、梅吉は赤ちゃんが2人いることに気づいて「双子やったかいな?」と聞く。ツヤは「ちゃうわ」と否定。梅吉は「何で?」と聞くがツヤは微笑みで返すだけ。梅吉は「まあ、ええわ。一人も二人も一緒や。お!こっちは女の子か。ツヤちゃん似やなあ」とすんなり受け入れた…。

次の日から鈴子は歌や踊りの稽古に励み、いよいよ花咲音楽学校の試験当日を迎える。試験科目は国語、唱歌、日舞、面接。歌も踊りも面接も納得いく出来で満足げの鈴子。(面接官は鈴子が志望動機を熱く、まくしたる口調に引いていた様子?熱意は感じたか?)

そして、結果発表へ。張り出された合格者の番号には鈴子の番号はなく、不合格だった。

スズ子は落ち込み、母ツヤは「あかんかったか?」と聞く。スズ子は「何でや。ワテより歌も踊りも下手な子が受かってんで。ワテがチビやからや」と泣く。ツヤは娘を抱きしめて、黙って慰めた…。(つづく)

<<前回 第3話次回 第5話>>
ブギウギ|あらすじネタバレトップページ

【ブギウギ】4話の感想

花咲の受験結果と史実

4話では、ヒロイン・鈴子が花咲を受験!試験は満足のいく出来だったのですが、不合格でした。チビだったからと、鈴子は泣きました。

スズ子のモデル・笠置シヅ子さんも宝塚少女歌劇を受験したのですが、身長が足りなくて落ちたと言われています。ドラマではこのエピソードを踏襲したのでしょう。以降、笠置シヅ子さんが舞台に立つときは常にハイヒールを履き続け、つけまつげは3㎝(1寸)。この2つを身に着けて、舞台ではパワフルに見せていたといいます。

鈴子の双子の真相も判明?!

また、第4話では回想シーンも印象的。鈴子はには3歳で病死した双子の兄がいたことが、1話のナレーションで明らかになっています。

しかし赤ちゃんを実家に見せに行ったツヤが自宅に戻ってきた際、梅吉は「双子だったかいな?」と疑問を投げかけています。つまり、双子ではなかったのです。また、梅吉は「こっちは女の子かいな」とも言っています。「こっちは」ということは、女の子の方が新しい赤ちゃん。

女の子が新しいということは・・・つまり・・・。笠置シヅ子さんの経歴、生い立ちを調べた視聴者は分かっているので、もうかなり早い段階から真相へのヒントを出してきてますね。

SNSでも話題で…↓

やはり男の子・女の子どっちが実子なのか、会話で分かりますよね。というか、あえて分かるセリフにしていると思いますけど。

赤ちゃんが双子になって帰ってきたのに、すんなり受け止める梅吉の言動もSNSで話題でした。

映画好きで夢みがちなダメ親・梅吉・・・でも、こういう梅吉の懐の深さ、おおらかさは、ツヤさんは安心するでしょうね。好きになった点なのかなと、たしかに思います。

事情はツヤが言いたいときに聞けばいい、一度は聞いたが無理には聞かない…なかなかできることではないですよ♪

【ブギウギ】4話の事前レビュー

【ブギウギ】4話の事前レビューです。

鈴子(澤井梨丘)は花咲音楽学校を受験します。しかしネタバレになりますが、結果は不合格です。

この後、鈴子は梅丸少女歌劇団(USK)に入ります。

実は、この展開、史実通りです。

鈴子のモデル・笠置シヅ子さんは小学校を卒業後、宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)を受験。歌唱力と踊りは申し分無かったのですが、上背が小さいことと極度の痩せ型だったため過酷な宝塚生活に耐えられないのではないかと学校側に判断され、不合格になっています。

笠置シヅ子さんは、その後、「松竹楽劇部生徒養成所」(現在のOSK日本歌劇団)を受験し合格しました。

つまり、劇中の花咲音楽学校のモデルは、宝塚音楽歌劇学校(宝塚音楽学校)。

梅丸少女歌劇団(USK)のモデルは松竹楽劇部生徒養成所(OSK日本歌劇団)となりますね。

一度不合格になっても諦めなかったことで、のちに「ブギの女王」になったのだと思うと、感慨深いというか、凡人が一度の失敗でへこたれてはいけないなと思わされます。

【ブギウギ】4話の出演者

【出演】水川あさみ,柳葉敏郎,澤井梨丘,なだぎ武,岡部たかし,宇野祥平,妹尾和夫,楠見薫,三谷昌登,清水胡桃,又野暁仁,八田麻住,

【語り】高瀬耕造

【作】足立紳

【音楽】服部隆之


【ブギウギ】3話ネタバレと感想|タイ子(清水胡桃)の勇気ある告白にネット反響!
朝ドラ【ブギウギ】第1週「ワテ、歌うで!」第3話(第3回)が2023年10月4日(水曜)に放送。鈴子(澤井梨丘)のお節介がきっかけに、ひょんなことからタイ子(清水胡桃)の好きな人がバレてしまい…。昭和元年、小学校ももうすぐ卒業。鈴子は自分の将来について悩み始める。今回は【ブギウギ】3話のあらすじネタバレ・感想・事前レビュー・出演者について!
【ブギウギ】5話ネタバレと感想|大和礼子(蒼井優)の踊りに「フラガール思い出す」と視聴者感動!
【ブギウギ】5話ネタバレと感想│朝ドラ【ブギウギ】第1週「ワテ、歌うで!」第5話(第5回)が2023年10月6日(金曜)に放送。花咲に落ちた鈴子(澤井梨丘)を梅吉(柳葉敏郎)はUSKの公演に連れていく。大和礼子(蒼井優)らの踊りに感動した鈴子は、USKの試験を受ようとするのだが….。今回は【ブギウギ】5話のあらすじネタバレ・感想・事前レビュー・出演者について!
朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図|趣里ヒロイン、水上恒司:相手役、草彅剛、菊地凛子ら豪華出演!
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第109作『ブギウギ』ののキャスト(出演者)・登場人物・相関図を紹介します。趣里さんがヒロイン(主演)、水上恒司(旧芸名:岡田健史)さんが相手役、草彅剛さんがヒロインの人生を大きく変えることになる作曲家、菊地凛子さんがヒロインの生涯のライバル歌手役!その他、豪華出演者が登場します。今回は朝ドラ【ブギウギ】のキャスト・相関図について。

画像出典「ブギウギ」公式HP