【ブラックファミリア】6話のネタバレと考察|一葉、決死の裁ち鋏と衝撃ラスト!

ブラックファミリア6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ブラックファミリア】6話のネタバレと考察|一葉、決死の裁ち鋏と衝撃ラスト!
第6話が11月9日深夜に放送されました。泰造だけでなく秋生も一葉の正体を知っている?優磨と葵が急接近、沙奈が怪しいギャラ飲みに潜入。家族崩壊の危機に思い詰めた一葉が取り出したアレがすごい。今回は【ブラックファミリア】6話のあらすじ・ネタバレ・考察をお届けします。

【ブラックファミリア】のネタバレと黒幕・犯人考察を最終回まで!
【ブラックファミリア】のネタバレと黒幕・犯人考察!あらすじ・ネタバレ・考察を最終回まで総まとめ!高校生の娘は殺された!? 権力に握りつぶされた真実を家族が暴くファミリー復讐劇。黒幕の正体と事件の真相に辿り着くまで、ネタバレ・考察していきます。
【ブラックファミリア】のキャストと相関図|板谷由夏主演のなりすまし復讐劇!
【ブラックファミリア】のキャストと相関図|板谷由夏主演のなりすまし復讐ミステリー!日テレ系木曜深夜のドラマは、家族が不審死を遂げた娘の復讐と事件の真相解明をするというミステリー。ここでは、【ブラックファミリア~新堂家の復讐】の概要・キャスト・相関図・スタッフ・公式SNS・主題歌など基本情報をまとめていきます。

【ブラックファミリア】6話のあらすじ

泰造(小野武彦)の遺言とは…!?

泰造はすべてを知っていた

人払いをした泰造(小野武彦)は、一葉(板谷由夏)の本名も目的も知っていた。

「君は新堂梨里杏さんの復讐のためにここまで来たんだね」

でもこの家に復讐する価値などない。君は忍耐強く、賢い、そして美しい。これ以上犠牲を払うことはない。

「娘を殺したのは誰ですか?」問い詰める一葉に、「君を憎しみから解放したい」という泰造。しかし一葉は、落ちていく我が子の姿、地面に叩きつけられる音、生温かい血、そのすべてが私を支配している。解放されたいなんて思ったことはない。

「殺したのは誰ですか?」
「わからない、申し訳ない」

今のその姿を娘さんが望んでいるか…。
愛そうとして憎み、信じようとして裏切り、守ろうとして壊す。家族とはそういうものだと思って生きてきた。その末路がこれだ。復讐の先を君は思い描けているか。そこに家族の姿はあるのか…。家族はその未来を望んでいるのか?

帰り道、泰造の言葉が頭から離れない。

新堂家が崩壊寸前?

復讐会議。沙奈(渡邉理佐)は、秋生(平山祐介)が気に入った梨里杏(星乃夢奈)をパーティに送り込んだと思われる釘抜美嘉(しゅはまはるみ)について調べていた。釘抜はもと女優で、所属俳優には自ら指導する。前は小さな事務所で地下アイドルのマネージャーをしていたが、「裏営業」が理由で半年で辞めたらしい。釘抜は怪しげな「ミーティング」をやっている、「人身売買」という都市伝説みたいな噂もある。

釘抜と知り合いの倫太郎を使って、そのミーティングに潜入しようとする沙奈だが、航輔(山中崇)が復讐をやめようと言い出す。これ以上家族を危険な目に合わせたくない。

梨里杏は殺されたのよ!あなたは何もわかってない。

わかってる。気持ちはみんな一緒だ。家族がどうなってもいいのか!

航輔と一葉は激しく言い合う。

沙奈が「ミーティング」の参加を計画

早乙女家では、泰造が死ぬ間際、秋生に一葉のことを何か言い残していた。

泰造が亡くなると、麗美が一葉にやめてもらおうとするが、葵と秋生が反対し、引き続き務めることになる。秋生は「そんな芝居じゃ騙せない」と意味深なことを囁く。

一葉が秋生の部屋を探っていると、秋生の秘書が書類を取りに来る。「掃除していた」とごまかす一葉。

倫太郎をカフェに呼び出した沙奈は、泰造が亡くなったことで落ち込んでいるのではと心配するが、家族の1人や2人いなくなってもどうってことないと倫太郎。沙奈は味噌汁は赤味噌派か白味噌派かと聞くと定食屋に連れていく。

アジフライ定食を豪快に食べながら、沙奈は釘抜のことを聞き出そうとする。倫太郎は、ホームパーティの動画を流出したのはオーディション参加者で、今思い出してもムカつくが罰が下ったと笑う。

どうして流出させたのかと尋ねると、倫太郎は金でも欲しかったんだろ。あいつらは金とコネのためなら何でもやると言う。

秋生のオフィスに釘抜。新しい候補の資料を見せるが、秋生の好みではないらしく却下される。2人がいちゃつき始めると、秘書が戻ってくる。秘書は「気になることが…」と秋生に何かを密告する。

【ブラックファミリア】6話のネタバレ

【ブラックファミリア】6話のネタバレです。

梨里杏を殺したのは葵の家族!

葵とチャットする優磨。葵の元気がなく、「今すぐ会いたい」と言う。何かあったのかと聞くと、祖父の泰造が死んだのに、涙も出なかった。誰も悲しまないし、そんな家族を見ても何も感じないという。

葵「家族ってなんだろう? 一番大切な人を家族に奪われたから…」

それは親友の梨里杏のことだった。葵の目から涙があふれてくる。

葵「それから、ずっと…」

優磨「息ができない? 吸って、吐いてはできているけど…」

優磨もかつて死のうとして梨里杏に止められたときのことを思い出して言葉に詰まり泣いてしまう。
言葉にしなくてもいいとやさしい言葉をかける葵。優磨は会いに行くと約束する。

秋生の匂わせと沙奈の策略

倫太郎は一葉に、泰造と最後に何を話していたのかと聞く。答えない一葉。

「何が狙いかは知らないけど、うちを壊す気なら意味ない。もうとっくに壊れてるから」

新堂家。優磨は沙奈に葵とのことを話そうとするが、ためらう。

沙奈は倫太郎との会話を思い出す。
「馬鹿には教育が必要」という企画でスクープを取りたい。最近釘抜が若い女の子たちを集めて怪しいミーティングをやっている。そこでお金とコネをのためなら何でもやる子たちがヤバイことをやっていたらそれを暴いて、倫太郎が鉄槌を下すというプランだ。

倫太郎は沙奈が「女優志望20歳ぐらい」に見えるので、参加者の中に紛れ込ませてもイケると踏む。釘抜のミーティングは、ギャラ飲み。参加者にならないと場所を教えられないぐらいのヤバさ。

麗美に言われて泰造の部屋を片付ける一葉。「親父の気持ちがわからない」という秋生に一葉は、「大切な人は誰にでもいます」と言う。母親の遺影を放り投げる秋生。一葉には、「まだ芝居を続けるならそれでもいい。君のことはわかっている」と何かを知っていると匂わせて、明日の夜、部屋に来るように誘う。

家では航輔が、復讐のために一葉と沙奈を危険な目にあわせていることに苦しんでいた。

一葉は裁縫箱から大きな裁ち鋏を取り出し、何かを決意する。

葵は優磨とのデートにウキウキとして服を選ぶ。上野で待ち合わせだ。

航輔はいつもどおりに麗美のメイクを完璧に仕上げる。

沙奈は倫太郎とともに「ギャラ飲み」に参加する。樋口若菜と偽名を使った。ルックスは釘抜のお眼鏡にもかなったようだ。

航輔が復讐を阻止!?

秋生の部屋に行く一葉。秋生は来ると思っていたと言い、泰造が一葉のことを「守るべき人」「お前の手には負えない」「今すぐ家から出すように」と言っていたという。秋生は、何でも欲しいものを手に入れると言って一葉を抱こうとする。

一葉が「私の狙いは何だと思ってるんですか」と迫ると、「君の狙いは俺だろ」と一葉の体にしゃぶりつく。一葉は背中に隠していた大きな裁ち鋏を取り、秋生を殺そうとする。しかしそのとき、「お取り込み中、失礼」と麗美が入ってくる。そしてその後ろにはなんと航輔の姿が!

【ブラックファミリア】6話の感想と考察

すべてを知っていた泰造は、一葉に復讐を止めるように助言しますが、復讐にとらわれている一葉は自分を止めることができません。

沙奈も、倫太郎を使って釘抜に近づきます。家族がどんどん危険にさらされていくことに耐えられない航輔は復讐を止めようとしていたので、最後に秋生の部屋に麗美とともに突入したのは航輔の復讐阻止作戦なのか?

しかしずいぶんと大きな裁ち鋏でした。あんな状態で背中に隠しておけるのでしょうか。そして、カン違いと自惚れがすごい秋生(笑)。

今回のポイント
●泰造は一葉の正体を見破っていた
泰造は一葉の正体も目的も知っていたが、梨里杏を越した犯人は知らないと言った。復讐から解放してあげたい、これ以上の犠牲を払ってはいけない。その先の未来に家族はいるのか?と問いかけ、復讐をやめるように促す。

●梨里杏を殺したのは葵の家族
葵は「家族にいちばん大切な人を奪われた」と泣いていました。
これが真実なら、秋生、麗美、倫太郎の誰かになりますが、「奪われた」の意味は、オーディションや動画の流出が原因で梨里杏が死んだということで、突き落とした犯人というわけではないのかもしれません。釘抜や伊志嶺も怪しいので。

●倫太郎は犯人じゃない?
動画流出の犯人が梨里杏だと思い込んでいる倫太郎。ブチキレやすいし、梨里杏を殺す動機は十分。でも(梨里杏に)罰が下ったと沙奈に話した様子ではどうも他人事のような気がします。

●釘抜主催の「ギャラ飲み」の実態は?
芸能事務所所長・釘抜美嘉は、所属タレントの若い女性を集めて「ギャラ飲み」を定期的に行っている。実業家や投資家の男たちに若い女優を引き合わせる会の裏側では、噂通り、裏営業や人身売買などが行われているのか。

第7話は11月16日(木)23時59分から放送です!

記事内画像出典:番組HP