【ビリオン×スクール】1話ネタバレ&考察!山田涼介のアクションと笑い満載!

ビリオン×スクール
※当サイトのリンクには広告が含まれます
山田涼介(Hey! Say! JUMP)が主演するフジテレビ系金9ドラマ『ビリオン×スクール』(毎週金曜午後9時)の1話が7月5日に放送されました。 日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒と共に成長していく姿を描くオリジナルストーリーの学園コメディーです。
この記事では【ビリオン×スクール】1話のネタバレ&考察お届けします。
ビリオンスクール

【ビリオン×スクール】はどんなドラマ

【ビリオン×スクール】は、日本一の財閥系企業のトップであり“億万長者=ビリオネア”の主人公が、身分を隠して学校の教師となり、さまざまな問題に直面しながらも生徒とともに成長していく姿を描くオリジナルストーリーの学園コメディーです。

私立絵都学園(しりつえとがくえん)で「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0組に新しい担任がやってきます。通称“ゼロ組”と呼ばれ、バカにされてきた底辺クラスに赴任してきたのは、容姿端麗だが、どこかクセのある教師・加賀美零(かがみ・れい/山田涼介)。学校の常識が全く通用しない、資産も行動力も“ケタ外れ”なこの教師。その正体はなんと、日本を代表する財閥系グループを継いだCEOで、まさかの“億万長者=ビリオネア”だったのです。

時代は変われど、思春期の子どもたちが抱える問題の根底は変わりません。それなのに、教育現場は変わる一方。怒ってはいけない、何かを強制してはいけない、呼び捨てにしてはいけない、生徒に踏み込み過ぎてはいけない……。「このAI時代に、教師は必要か?」と嘆かれる昨今、そんな常識をぶち壊す、ニューヒーロー=“新しい学校のリーダー”が登場します!

7月期金9ドラマ『ビリオン×スクール』情報解禁ティザームービー公開!【フジテレビ広報公式】

・毎週金曜日 夜9:00~
・2024年7月5日スタート
脚本 我人祥太ほか
音楽 宮崎誠
主題歌 ADO『ルル』
演出 瑠東東一郎、西岡和宏ほか
プロデュース 江花 松樹
プロデューサー ファインエンターテイメント
制作著作 フジテレビ

【ビリオン×スクール】相関図

ビリオンスクール

 

【ビリオン×スクール】1話あらすじ

ビリオン×スクール1話

<あらすじ>

加賀美零(山田涼介)は、日本最大の財閥グループ企業『加賀美グループ』のCEOで億万長者=ビリオネア。その天才的な頭脳で革命的な開発をしてきた発明家でもあり、現在は高精度なAI開発の研究をしているが、その素顔は公開されていなかった。幼いころは好奇心旺盛で優しい子どもだったが、成長するにつれて好奇心はそのままに、自己中心的な性格が目立つように。そんな加賀美は、有能な秘書兼ボディガードの芹沢一花(木南晴夏)とともに、身分を隠して進学校である私立絵都学園に教師として赴任する。目的は超高精度の教育用AIプログラムの開発だった。

絵都学園には、「やる気ゼロ」「才能ゼロ」「将来性ゼロ」の生徒が集められた3年0<ゼロ>組というクラスがあった。西谷翔(水沢林太郎)は、ある理由から学業がおろそかになりゼロ組に転落してしまう。このゼロ組には、偏差値番付最下層の紺野直斗(松田元太)、絵都学園校長・東堂真紀子(水野美紀)の娘である東堂雪美(大原梓)、元特待生だが不登校になっている竹中天珠(山下幸輝)、暴力事件を起こした過去がある城島佑(奥野壮)らがいた。西谷に、「新しい担任が1ヵ月以内に辞めるかどうか賭けよう」と持ちかける紺野。
そこに、ゼロ組の新担任となった加賀美と、副担任になった芹沢がやってくる。加賀美は、「これからは俺の配下となれた喜びを噛み締め、俺の期待に報いる働きをしろ」と生徒たちに言い放つ。

【ビリオン×スクール】1話ネタバレ

加賀美グループCEOの正体は

加賀美グループは、AIスーツを開発したことを大々的に発表した。

マスクをつけて、アクロバチックなダンスを披露する男。センサーが搭載されたスーツは、筋肉へ信号を送り、曲芸を超えた動きが可能にするのだ。

グループ企業を次々に立て直し、日本のイーロンマスクと呼ばれるCEOだが、顔も名前も一切非公開。発表の会場では、ブサイクなんだろうな、というヒソヒソ話す参加者も。

「彼はブサイクではない」と加賀美(山田涼介)は話しかけるが、秘書の芹沢一花(木南晴夏)が止める。

それは、翌日からのある計画が台無しにならないようにするためだった。

ビリオンスクール

正体を隠して、高校教師に

私立絵都学園には、問題児ばかりの0(ゼロ)組がある。そこへ、大遅刻して、新しく赴任したのが、担任の加賀美と副担任の芹沢だった。

早速、生徒に対して、上から目線で、俺の配下になる喜びを知れ、と問題発言をしてしまう加賀美。

職員室には「生徒への愛が足りないのでは? 」という真面目な光井(志田未来)や、「教育には鞭やろ」とコテコテの関西弁の堺(MEGUMI)ら個性豊かな教師がいた。校長(水野美紀)は長期出張中。教頭の土橋(永野宗典)は、とにかくその間、問題の起きないことを願うばかりだ。

加賀美の授業がわからないとキレる生徒に、加賀美は英語、ロシア語、中国語で話しかけ、さらに「思春期だな」と笑い者にして、触れた瞬間、スーツが反応して投げ飛ばす。

ビリオンスクール

AI教師の開発が目的

加賀美建設の工事現場にCEOとして出かけた際、アルバイトに来ていた0組の生徒、西谷(水沢林太郎)がいた。走って逃げた西谷は倒れてしまう。

加賀美グループCEOであることが、初日でバレた。

なぜ、加賀美が教師をしているのか、と聞く西谷。

加賀美は「AI教師の開発のためだ」と話す。

すでにティーチ(安達祐実)というプログラムを作っており、プログラミングによる無駄のない指導、データ管理でクラス運営、教育に関するあらゆる問題を解決する実地試験のため、赴任しており、ティーチの指示通りに授業をしていることを明かす。

黙っていることを促し、学級委員長に任命する加賀美に、西谷はカネを要求する。しかし、脅しに屈して渡したりはしない。

ビリオンスクール

口止めのために根回しをするうち‥‥

芹沢が調べると、西谷は成績が落ちており、親が離婚。授業料も払えず。バイトばかりしており、明るい性格も塞ぎがちになっていることがわかる。

加賀美は、ティーチに西谷の話をする。

そこで、埼玉から東京都へ引っ越しをすれば、授業料の助成金があることを知る。加賀美は西谷の住むアパートの土地を買収し、立ち退きを命じて、移住費用も負担するように根回しする。

学校に出てくた西谷を見て、嬉しそうな加賀美に、校務員の内巻(神木隆之介)が、何かいいことあった?と話しかけてくるが、話が噛み合わない。

加賀美は父、治(市村正親)に会う。「先生ごっこやってるって?足を突っ込むなら失敗は許さん」と言い、芹沢には「あの学校を選んだ狙いはなんだ?」と聞く。芹沢は返答しないかったが、その直後、何者かから電話を受ける。

ビリオンスクール

家庭の事情までは、踏み込めない?

西谷は、母が恋人を作ったことに苛立ち、学校の窓ガラスを割ってまわる。そして教頭に自主退学を申し出る。

加賀美は、教師は時間外労働が必要というデータが取れたと喜ぶが、西谷に、AIに子供を置いて、男に走った母親を元に戻せるのかと言い返される。

加賀美は、再びティーチに知恵を借りようとするが、家庭の事情には立ち入れないと言われてしまう。

加賀美にも幼少期、同じような経験があり、「人は時々逆のことをしてしまう。本当に伝えたいことと逆のことをする」と芹沢に教えられる。

西谷は母は株を買うように、恋人の男に言われ、サインしてしまう。そこへ西谷がかけつける。SNSで男が詐欺師であると、拡散されていたのだ。

さらに、鏡が駆けつける。AIスーツで悪党をなぎ倒す。男ら詐欺グループは逮捕される。

タイムマシンはない

加賀美は西谷に言う。

「タイムマシンは開発されていない。

昔に戻りたいという願いは叶わない。

俺たちにできるのは進むことだけだ。

今問題と向き合うだけだ。

自分を取り繕う暇はないはずだ」

そう言われて、西谷は母と仲直りする。

母がサインした株価が上昇。

西谷は退学しないことに。

西谷は笑顔が戻る。一緒に楽しい場所作ろう。

西谷は学級委員長になり、加賀美は西谷の号令に従うように、クラスのメンバーに告げる。

その頃、教頭宛に校長から電話が入る。

「加賀美をクビにしろ!」という指令だった。

西谷は、加賀美に「実はうちのクラス‥‥」と話しかけようとすると、屋上から何かが加賀美目掛けて落下してきて‥‥。

【ビリオン×スクール】1話まとめ&考察

テンポも良くて、コメディー要素満載で、アクションも楽しめて、そして、何かナゾがあって。単なる学園ものとは一線を画して、出色の仕上がりですね。
普通の高校生活送っていないと見られる加賀美(山田涼介)のどこか、AIっぽさを出した演技は、知らず知らずに人間的な部分をも解決していくんでしょうね。
何より、このドラマ、脇を固めるキャストが非常に多彩。木南晴夏、MEGUMI、水野美紀、さらには、神木隆之介の何かカギを握る役割っぽくて。そして、随所に漫才のような掛け合いがふんだん盛り込まれており、芸の細かさが際立ってますね。
金曜の夜が楽しみになりそうな、1話でした。
次週からは生徒役が順番に、スポットが当たりそうで、楽しみですね。
記事内の画像出典:フジテレビ「ビリオン×スクール」公式サイト