【ボーイフレンド降臨!】1話のネタバレと感想!可愛すぎるアサヒ(髙橋海人)の身バレに驚愕!

ボーイフレンド降臨
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ボーイフレンド降臨!】1話のネタバレと感想!可愛すぎるアサヒ(髙橋海人)の身バレに驚愕!

【ボーイフレンド降臨】の1話が10月16日に放送されました。

初回は1時間の拡大放送。

1話は、アサヒ(髙橋海人)がかしこ(桜井ユキ)と渉(田中みな実)と出会います。記憶を失くしたアサヒですが、実は大物で……。

初回からハイスピードで物語が進展し面白さ満点!

「ドナドナ」に注目!

テレビ朝日オシドラサタデー【ボーイフレンド降臨】1話のネタバレと感想を紹介します。

【ボーイフレンド降臨】1話のネタバレ

【ボーイフレンド降臨】1話のネタバレを紹介します。

アサヒとかしこの出会い

男=アサヒ(髙橋海人)は、警察に追われながら逃げ切る。

ホッとした瞬間。信号待ち。車が迫ってきた……。

**

20時間前。

茶谷かしこ(桜井ユキ)は、取引先の不動産会社社長=浅桜沙世子(濱田マリ)に名刺を渡してニッコリ。

<営業部・マーケテイング部・クリエイティブ部・チーフデザイナー>

かしこの肩書はたくさん。

かしこは35歳で独身、彼氏はいない。

浅桜は7500万円の物件を安くしてやると営業を始めるが、かしこの目的は仕事だ。なんとか仕事を貰おうとする。

**

浅桜はお客の佐藤渉(田中みな実)に、かしこにすすめた物件をすすめる。渉は、彼氏と劇団で芝居をしている。芝居をしながら台詞を言うため、隣から苦情がきてしまい、物件を探しているのだ。

**

アサヒは津久井エマ(片岡凜)とレストランにいる。誕生日のお祝いだというのに、気分じゃないから、とアサヒは外に。
待ち構えていた中越(坪倉由幸)は、アサヒを「先生」と言い、生まれ年1999年のビンテージワインを差し出すが、アサヒは受け取らない。

**

不動産屋の手伝い(看板立て)をしていたかしこにアサヒがぶつかる。不動産屋の看板に穴があき、かしこが「ちょっと」と声を掛けると「逆ナン?」と言い出すアサヒ。

かしこが看板に穴が開いたことを抗議するが、アサヒは無断許可で看板を立てたことは違法だと言い出し、かしこに名刺をよこせと言う。

記憶を失くしたアサヒ

数日後。

かしこがチラシを持ち社に戻ると白鳥陽大(本多力)が「大変ね」とねぎらう。

黒瀬顕介(末澤誠也)から「そんなことまでやってるの」と言われる。

かしこの務める広告代理店は零細企業ゆえに、チラシ配りもするしイベントスタッフにだってなる。なんなら犬の散歩もするのだ。それでいいと思っている。なぜなら、かしこは自分に期待していない。

その時、警察からかしこに電話があり、病院に。ゆうひ警察署のオオサワ(前野朋哉)から説明を受ける。

病室には看板に穴をあけた男=アサヒがいた。

アサヒは「僕はいったい誰なんですか?」と真っ直ぐに瞳を見つめて問いかける。

アサヒは記憶を失っていた。

公園で倒れていたところを助けられたというのだ。持っていたかしこの名刺だけが頼り。

かしこは「何も知りません」と言いきり、アサヒに「ナンパされた」と言う。

「僕が?あなたを?」と疑問に持つアサヒ。

かしこが病室を出ようとしたとき、アサヒを保護した渉がやって来た。

かしこは隠れる。

**

かしこと佐藤渉は親友だった。

19年前。高校1年。

ふたりで漫画を描くようになる。渉がストーリーを考えてかしこが作画。

ふたりで描いた漫画は、3年連続の入選。それ以上になることはなかった。

**

なんとか見つからないようにするかしこだが渉はすぐに気づく。

渉はかしこに会えたことを喜ぶ。

アサヒを支えてあげないと、という渉。

「彼がドナドナになる」と言い出し、ドナドナを歌いだす。

この件に関わりたくないかしこは言い争いに。アサヒが「僕はドナドナにはなりません」と間に入り、なんとか場は収まる。

アサヒがかしこと仕事をする

社長の青柳有造(光石研)から、化粧品会社のコンペに参加して欲しいといわれる。青柳は詐欺に引っ掛かりお金がないと白状。

忙しいかしこは、これ以上仕事はできない、と言うのだが……。

社に戻ると、渉とアサヒがいた。(この時、渉が男をアサヒと名付けたことがわかる)

役所に行ったが、説明は長く、手続きは大変で、自分たちでアサヒの身元をさがそうと考えたのだ。そこで、アサヒの情報を集めるチラシを作って欲しくて、会社に来たのだ。

すると、社長がやって来て、広告料の代わりに「今週いっぱい」とアサヒをバイトとして雇う。社長をとめるかしこだが、売り言葉に買い言葉で、コンペ参加を承諾。

**

早速、アサヒはかしこと一緒に仕事をする。

浅桜不動産のリノベの手伝いだ。

さらに、かしこは仕事をしてから会社に戻る。すると、アサヒがいた。

バイトの間、アサヒは会社に泊まるという。

翌日、かしこが浅桜不動産の物件に行くと、すでにアサヒがいた。

**

渉と要(三宅健)は、同棲中。

要は、アサヒのチラシを見つけ、アサヒの写真をじっと見る。

**

浅桜の手伝いが終了し、かしこは作った広告を見せる。
浅桜はかしこの作った広告を気に入り、これからもよろしく、と言ってくれた。

ホッとするかしこ。

アサヒは
「代理店てこんなことまでやるんだと思ったけど、こんなことまでやるからかしこさんは仕事ができるんですね」
「かしこさんめちゃリスペクトです」と褒める。

アサヒのイラストが採用される

会社にて。

かしこは風邪をひいてしまう。
高熱で机に伏してしまう。

高校時代、かしこと渉は漫画の主人公の男の子の名前を考えていて、アサヒとつけた。

夢の中でそのことを思い出すかしこ。

目を明けるとアサヒが優しく「自分を労わってあげないと」と声を掛けてくれた。

かしこはいつも自分に期待しないで生きてきたと打ち明ける。

アサヒはかしこをお姫様抱っこをして、ソファに運んでくれる。

かしこは「しょうが湯」が飲みたいとリクエスト。

**

翌朝、かしこが目が覚めると誰もいない。

しょうが湯が作ってあった。

あれは夢じゃなかった、と思い出す。

アサヒの姿はない。

机の上にアサヒの描いたイラストがあった。それは、かしこが受けていた仕事だ。〆切が迫っていて、かしこはそのイラストを提出してしまう。

アサヒは現代美術家!

かしこは渉にアサヒの居所を訊ねる。すると、アサヒは要と会っているという。

その頃、公演にいるアサヒは要から「俳優に興味ある?」と言われていた。

公演に向かうかしこの元に渉がやってきた。

渉は雑誌を見せる。そこには、アサヒと思われる男性が紹介されていた。

名前は漆畑澄人(うるしばたすみと)。世界的に活躍する現代美術家。

そこに、社長から電話。アサヒの描いた絵が認められ、化粧品会社の仕事がもらえたという。

かしこはその絵はアサヒが描いたと告げるが、アサヒの身元を知らない社長はウキウキだ。

かしこは、そんな大物が子会社のイラストなんて描いてくれるわけはないと思い立つ。

急いで公園に行く。渉がすでに到着していた。

渉が言いかけるのを遮り、アサヒに身元を告げないようにする。

渉はなんで教えないのかと問いただす。

「それは……」

<続く>

【ボーイフレンド降臨】1話の感想

【ボーイフレンド降臨】1話の感想を紹介します。

引き込まれた!

引き込まれた😳
二役完璧✨✨✨
アサヒ君は海ちゃんじゃん💛
かわいいのと優しいのとドキドキ💓
ドナドナ😊
来週も楽しみにしてるよ#ぼこりん#ぼこりん降臨#ぼこりインスタライブ ありがとう#髙橋海人💛
— kaikai-☆kiki☆ (@t_kaikai3) October 15, 2022

キンプリの主題歌も好評!

来週も楽しみ♪

アサヒが可愛すぎる

今後どうなるの!?

【ボーイフレンド降臨】1話のまとめ

【ボーイフレンド降臨】の1話は、記憶が失くしたアサヒの身元が判明するまでを描いています。アサヒと渉の過去も描かれ、3人の関わり方がコミカルで楽しい。アサヒはとってもほっこりとする癒し系ですが、本当のアサヒは違う様子です。
渉が歌う「ドナドナ」が話題になっていました。ドナドナの歌詞は子牛が売られてしまうという内容。アサヒは売られるわけはないのですが、渉の例えに切り返すかしこの台詞もアサヒの台詞も楽しめます。また、ドキドキする場面もチラチラ。かしこに優しい表情をするアサヒ。お姫様抱っこも♪♪
アサヒの身元がわかり、今後の展開がどうなるのかとハラハラも増しています。次回も楽しみです。

次回予告

・かしこがアサヒの身元を隠す!

・渉とアサヒがエマと遭遇!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【ボーイフレンド降臨】公式サイト