【ばらかもん】9話で清舟(杉野遥亮)が書道家廃業!? 「一体どういうこと」!

ばらかもん ネタバレ09
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ばらかもん】9話で清舟(杉野遥亮)が書道家廃業!? 「一体どういうこと」!

【ばらかもん】9話が2023年9月6日に放送されました。

  • 清舟となるが東京へ。
  • 書道家を支えるプロの仕事とは?
  • ラストで清舟が書道家を廃業!?

今回の記事では【ばらかもん】9話の内容と話題をお伝えします。

ばらかもん配信情報

【ばらかもん】は各話放送後からFODで配信開始。

FODではフジテレビ系の名作ドラマも多数配信されています。

更に原作漫画は【DMMブックス】 で購入できます。

【ばらかもん】9話の内容

清舟となるは東京へ

ばらかもん09_01

半田清舟(杉野遥亮)は父・清明(遠藤憲一)の仕事を手伝いに東京に行くことになった。

「東京に行きたい」と言い出すなる(宮崎莉里沙)。遊びじゃないから駄目だ。

しかし、なるは「なんでも言うことを聞く券」を発動。一緒に東京に行くことになった

出発当日、空港で清舟は若手書道家の神崎康介(荒木飛羽)と遭遇。画商の川藤鷹生(中尾明慶)にこき使われるのが嫌で家出した来たという。

仕方ないので清舟は神崎に借家の鍵を渡す。

神崎が借家に到着すると美和(豊嶋花)、珠子(近藤華)、浩志(綱啓永)もやってきた。

神崎は「このまま書道を続けていいのか?」と悩む。好きでやっている訳でもないから。

浩志は自分の特技を活かして料理人を目指していた。特技だって仕事になるはず。

書道家を支えるプロたち

東京に来た清舟は早速、父の手伝い。と思いきや荷物の運搬。

その後、清舟は川藤から新人書道家・佐久間圭(佐々木一平)を紹介され、彼の手伝いをすることに。

佐久間の作品にあう掛け軸を選ぶ。清舟も考えるが中々難しい。

書道家を引き立てるプロが必要なのだ。

夜、清舟が帰宅。なるは退屈過ぎて不機嫌。明日は動物園に連れていく、と約束する。

清舟は父から呼び出され、重要な話をされる。

島での修業は終わりにし、東京に戻ってこい。

自分を本格的に手伝い、プロの書道家として勉強する為だ。

妥協を許さない父

ばらかもん09_03

翌日、約束通り清舟はなるを動物園に連れていく。動物園を楽しむなる。その様子は親子のようだ。

帰宅した清舟は清明の仕事部屋へ。川藤がホテルの広報2人を連れて来て打ち合わせ。

清舟にとって父の仕事を見られるチャンスだ。

清明は納得がいく作品が出来ないでいた。父の妥協を許さない姿勢に圧倒される清舟

若手の広報は「試作品の字で十分」と軽口を叩く。

清明は機嫌を悪くし、川藤は喧嘩腰になってしまう。

そこにお手伝いでお茶を持ったなるが登場。案の定ひっくり返し、試作品がにじんでしまう。

それを見た清明は閃き、書道に打ち込む。こうなればもう問題はない。

その後、川藤と清舟は東京に戻るかどうかの話し合い。それをなるが聞いてしまう

第9話の結末

ばらかもん09_02

翌日、なると清舟は佐久間の個展へ。「ま」という一文字を見るが清舟は何を伝えたいのか感じ取れなかった。

自分は今で人に認められる字ばかりを書いてきた。父や佐久間のように自分の字と言える作品を書けるのだろうか。

その後、清舟となるは公園へ。清舟はなるに尋ねる。

お前にとって俺は何の先生だ?

なるにも具体的には分からない。先生は先生、以外思いつかない。

そうだったな。

迷いが消えた清舟はなるの白いシャツに「清」の文字を書く。

夜、清舟は父とこれからのことについて話をする。

俺、書道家を辞めます。ちゃんとあいつらの先生になろうと思います。

【ばらかもん】9話の話題

清舟(杉野遥亮)、書道家辞めるってよ

【ばらかもん】9話で急展開。なんと清舟(杉野遥亮)が書道家を辞める宣言を出しました。

ハートフルなドラマと思いきや将来の葛藤というハードな展開。

その為、「清舟はどうなるの?」と心配する視聴者の声が続出しました

清舟は島で書道教室を開くのでしょうか?でもそれだけで食っていくのは難しい気がします。

【ばらかもん】9話の登場人物

  • 半田清舟(杉野遥亮)
  • 琴石なる(宮崎莉里沙)
  • 木戸浩志(綱啓永)
  • 山村美和(豊嶋花)
  • 新井珠子(近藤華)
  • 木戸朋子(山口香緖里)
  • 木戸裕次郎(飯尾和樹)
  • 八神龍之介(田中泯)
  • 神崎康介(荒木飛羽)
  • 川藤鷹生(中尾明慶)
  • 半田清明(遠藤憲一)
  • 久保田育江(田中みな実)

8話<< >>10話

画像引用:ばらかもん-フジテレビ