【ばらかもん】4話で清舟(杉野遥亮)が突然の失踪!「早く帰って来て」!

ばらかもん ネタバレ04
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ばらかもん】4話で清舟(杉野遥亮)が突然の失踪!「早く帰って来て」!

【ばらかもん】4話が2023年8月2日に放送されました。

  • 今週も人と人との触れ合いが満載。
  • 清舟は船体に字を書くのに挑戦。
  • ピンチの中で掴んだことは?
  • ラストでまさかの清舟が失踪!?

今回の記事では【ばらかもん】4話の内容と話題をお伝えします。

ドラマ【ばらかもん】キャスト・相関図!杉野遥亮がツンデレ気質の書道家に!
2023年夏、フジテレビ系水曜10時台のドラマは杉野遥亮主演【ばらかもん】に決定。杉野遥亮さん演じる主人公が訳あって五島列島に移住。島の住民や子供たちとの交流で成長していくハートフルコメディ。「杉野遥亮さんはハマり役」と早くも話題。今回の記事ではドラマ【ばらかもん】のキャスト、登場人物をまとめてお届け。
【ばらかもん】の最終回ネタバレ・全話あらすじ!ドラマ版の結末はなるが両親と再会?
2023年夏のフジテレビ系列水曜10時台のドラマは杉野遥亮主演【ばらかもん】に決定。トラブルを起こした青年書道家が五島列島に島流し!?少女・なる(宮崎莉里沙)らと交流。書道家、人間として成長していく物語。ドラマ版はなるの両親も登場する?ドラマ【ばらかもん】の原作を踏まえつつ、ネタバレ・あらすじを最終回まで全話ご紹介。

ばらかもん配信情報

【ばらかもん】は各話放送後からFODで配信開始。

FODではフジテレビ系の名作ドラマも多数配信されています。

更に原作漫画は【DMMブックス】 で購入できます。

【ばらかもん】4話の内容

清舟との別れの予感?

ある朝、半田清舟(杉野遥亮)が目覚めると山村美和(豊嶋花)、新井珠子(近藤華)が添い寝、足下では琴石なる(宮崎莉里沙)が寝ていた。

清舟は3人が入って来た方法を問い詰める。秘密基地を作った時に合鍵を5本作ったとのこと。

木戸浩志(綱啓永)も合鍵を持って登場。清舟は4つの合鍵を回収する。が、1本足りない。

美和によると「もう1本は無くした。この借家の近くだと思う」とのこと。

美和と珠子は清舟に「習字を教えて欲しい」と頼む。夏休みの宿題で賞もあるという。

「やるからには賞を取らせてやる」と清舟は気合を入れて習字の指導をする。

そこに川藤鷹生(中尾明慶)から電話が掛かってくる。近況確認だという。

清舟「好きなように書いた字が俺の字。書けたら帰るよ。東京に。」

なるたちは清舟の話を聞いてしまう。

清舟は島民から字の依頼を受ける

その後、清舟は字を書こうとするが書けない。気晴らしに散歩に出かける。

するとなるの祖父が石垣を造っていた。体よく手伝うことになった清舟。中々手際が良い。

その流れでなるの祖父は清舟を島の神社に案内。「板に書かれた寄付をした人の名前が薄くなったので新しいく書いて欲しい」と依頼される。

こっそりと清舟の名前も書いていい、という。

その後、清舟は美和の父・巌(宍戸開)から「趣味で買った中古船の船体に船名を書いて欲しい」と頼まれる

唯我独尊丸

これが船の名前。

船体にはカーブがあり、使い慣れないブラシとペンキで字を書く。絶対に失敗できないので清舟に緊張感が走る。

清舟はまずは木の板に練習。ブラシとペンキの感覚を掴む。

いざ本番、でも白い船体に字を書くのが怖い。清舟がためらっているとなるたちが船体に自分の手形を付けてしまった。

清舟は手形を誤魔化すように思いっきり字を書く。不思議と重圧が無くなり、筆の運びが軽くなった。

おすそ分けで「わらしべ長者」

字を書き上げた清舟。巌からお礼に大量の小魚の干物を貰う。

清舟はなるの案内の下、干物を島民におすそ分けしていく。

まずは郷長の木戸裕次郎(飯尾和樹)。すると自家栽培のピーマンを分けてくれた。清舟は雑草狩りを手伝う。だが、うっかりピーマンの茎を根元から折ってしまった。

  • パンチ:夏カボチャ
  • なるの祖父:トマト
  • 珠子:こなもん(つけもの)

と行った先々でお礼を貰う清舟。まるで「わらしべ長者」のようだ

そこに育江(田中みな実)が通りかかり、清舟は彼女にもおすそ分け。

育江「ありがとう。先生もすっかり島になじんで来たね。」

最後は巌にも野菜をおすそ分け。お礼に酒を勧められる。清舟は下戸だったが、断り切れなかった。

清舟が遭難

すっかり酔ってしまった清舟。空には綺麗な夕日が。

清舟「降りてきた。書道の神が!!」

早く字を書こうと急いで帰ろうとする清舟。が、足を滑らせて崖下に落ちてしまった。更に片足を挫いてしまう。

助けを呼んでも誰も来ない。遭難してしまった。

4話の結末

夜、清舟は今日一日の出来事を振り返る。なんでこんなことになってしまったのか。

清舟は鍵を発見。美和が無くした合鍵だ。つまり、ここは借家の近く。

裏山で遭難していただけ。一安心するとともにあまりのバカバカしさに清舟は大笑い。

清舟が大の字になると満天の星が見える。まるで宇宙にいるようだ。

そして、なると美和が救助に来てくれた。

来た来たーー!!!

借家に戻った清舟は白抜きの「星」という字を書くのだった。

翌日、なるが家に遊びに来る。だが、清舟はおらず、寄付者の名前が書かれた板だけが残されていた。

自分らしい字が書けた清舟は何も言わずに東京に戻っていた。

【ばらかもん】4話の話題

清舟が突然の帰京

【ばらかもん】4話も島民との温かな触れ合いが続きます。

ラストシーンで満天の星を見た清舟は墨でそれを表現。白抜きの「星」の字を書き上げました。この星空が美しい。

そして、自分が納得した字を書けた清舟は帰京。視聴者から「早く帰って来て」の声が殺到しました

ただ、清舟はなるたちに何も言わずに帰京した様子。寂しくならないようにするためでしょうが、少し薄情な気がします。

【ばらかもん】4話の登場人物

  • 半田清舟(杉野遥亮)
  • 琴石なる(宮崎莉里沙)
  • 木戸浩志(綱啓永)
  • 山村美和(豊嶋花)
  • 新井珠子(近藤華)
  • 木戸朋子(山口香緖里)
  • 木戸裕次郎(飯尾和樹)
  • 八神龍之介(田中泯)
  • 神崎康介(荒木飛羽)
  • 川藤鷹生(中尾明慶)
  • 半田清明(遠藤憲一)
  • 久保田育江(田中みな実)

3話<< >>5話

画像引用:ばらかもん-フジテレビ