【アトムの童】3話のネタバレと感想!「ファンは最強」がオタクに刺さる!

アトムの童3話

【アトムの童】第3話のネタバレと感想!

TBS日曜劇場【アトムの童(こ)】第3話が2022年10月30日(日)に放送されました。

放送後、那由他(山崎賢人)のメッセージ「ファンは最強」がオタクに刺さると話題で…。

今回は【アトムの童】3話のあらすじネタバレと感想について。

「アトムの童」を視聴するには?

※本ページの情報は2022年11月時点です。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

【アトムの童】第3話の視聴率

【アトムの童】第3話の視聴率は9.1%

第2話 10.6%から1.5ポイントダウンとなりました。

※視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯。

【アトムの童】の視聴率
【アトムの童】の視聴率まとめ|2022年秋のTBS日曜劇場は、山崎賢人主演の【アトムの童】。山崎賢人の主な出演作品の視聴率と比較!さらに、過去の日曜劇場の視聴率とも徹底比較します。今回は【アトムの童】の視聴率について!

【アトムの童】第3話のあらすじネタバレ

【アトムの童】第3話のあらすじネタバレです。

誰もその正体を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と呼ばれていた那由他は6年ぶりに「ジョン・ドゥ」として再び隼人とタッグを組むことに。過去の因縁を乗り越えた矢先に、新たなる困難が立ちはだかった。それは・・・。

yahooテレビより

ジャンプできない

アトムの童3話
(c)TBS

1年後。那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)の新作ゲームは完成間近。3カ月後にはリリースの予定だ。

だが、那由他たちの前に新たな困難が立ちはだかる。それは・・・やよい銀行の小山田(皆川猿時)から突然、5千万円の約束手形の即時返金を迫られたこと。銀行の方針転換だという。期限は1カ月。

まさかジャンプできないと分かり、海(岸井ゆきの)は焦る。*

ジャンプとは?

手形貸付は本来、一年以内に一括で返済してもらう短期貸し出し。しかし、銀行では企業との関係性の維持の観点から、厳格な判断をすることなく、便宜的な手形の書き換えを享受する。これを通称「ジャンプ」という。

融資はアトム玩具の土地・建物・技術を担保に受けている。そのため、不渡りをだせば、全て銀行に取られる、アトム玩具はつぶれてしまう。

実は、小山田はSAGASの興津社長(オダギリジョー)と裏で繋がっていた。アトム玩具が売却となればSAGASが買うことができる。小山田は見返りとして、定年後SAGASの役員として迎えてもらうことになっていた。

海と公哉の姿がダブる

アトムの童3話
(c)TBS

財務顧問の鵜飼(林泰文)は「少しでも条件がいい所に売却するべき。SAGASが欲しがってた」と切り出す。

だが、海は諦めない。

海「コップに入った水を見て、もう半分しかないと思うか、まだ半分もあると思うか、猶予は 1カ月です。私は、もう1カ月しかないじゃなくて、まだ1カ月もあると思うことにします」

海は那由他と隼人に制作に専念するように伝え、資金集めに奔走。

ある夜。那由他と隼人・海がカップラーメンを食べている時…海は「絶対 出そうね。このゲーム」と笑顔で言った。

那由他は海の言動が亡き公哉(栁俊太郎)の姿にダブって見えた。…だからゲーム制作をやめるのか?と隼人が問うと、その逆だという那由他。

那由他は、みんなと一緒に資金集めに参加した…。パブリッシャーの晶(玄理)の指導を受けながら、進めていくが道のりは困難で…。

ファンは最強

アトムの童3話
(c)TBS

そんな中、投資家とゲームクリエイターをつなぐ大規模プレゼン大会の参加することに。那由他たちはラストチャンスに賭ける。

大会には「SAGAS」の社長・興津晃彦(オダギリジョー)も来ていた。アトムの事情を知っている興津は、那由他に「5千万は開発費でなく会社の存続ではないか?」と質問し、那由他にとって痛いところを突く。さらに、「ジョン・ドゥにだったら我々も投資する」と提案し、「なぜアトム玩具にこだわるのか?」と問いかける。

那由他は亡き公哉の話をして…公哉のプレゼンの何が興津の心を動かしたかと話す。

那由他「彼(=公哉)は俺達ジョン・ドゥの一番のファンでした。ファンっていうのは最強なんです。いいところも悪いところも作り手以上に分かってる。俺はアトムのファンです。大ファンなんです。どううしてアトムじゃなきゃダメなのか、と質問されたんですよね。これが答えです。俺は自分を一番生かせるアトムという場所で、アトムのみんなと一緒に、ジョン・ドゥでは作ることのできなかったゲームを作りたい

那由他はアトムのオモチャへの思いを熱弁。拍手が巻き起こった。

だが、アトムに対する出資者は現れなかった。事前に興津が他の出資者を牽制していたからだ。興津の全部 シナリオどおりだった。

落ち込む那由他たち。だが、ネットゲームカフェの店長・森田(岡部大さん)が嬉しい知らせを持ってきた。店の常連客で、配信でプレゼン大会を見ていたインド人資産家・ラマチャンドランがアトム玩具に興味を持ったとおいう。彼と会える日は返済期限の前日。那由他らは「最後のチャンスだ。絶対に決めようぜ」と意気込む。

しかしある日。那由他と隼人がPCを立ち上げると、画面がピンクになっていた。今までのデータが全て消えていて…。(つづく)

<<前回 第2話 | 次回 第4話>>

【アトムの童】第3話の感想

「ファンは最強」がオタクに刺さる!

那由他(山崎賢人)の「ファンは最強」発言は、とても良かったですね。「オタクを肯定してくれてありがとう」「オタクの心に刺さる」と大反響でした。

結果的に一人だけ賛同してくれて、望みは繋がりました。

しかしラスト。まさかデータが消えた!?

データってバックアップ取ってないのでしょうか?開発に1年かけたのに…ここからどうするのか。出資はしてもらえるのか。次回も目が離せませんね。


<<前回 第2話 | 次回 第4話>>

日曜劇場【アトムの童(こ)】のキャスト・登場人物・相関図|山﨑賢人が天才ゲーム開発者に!
日曜劇場【アトムの童(こ)】のキャスト・登場人物・相関図|山﨑賢人が天才ゲーム開発者に!2022年秋、TBS系ドラマ・日曜劇場は【アトムの童(アトムのこ)】を放送します。若き天才ゲームクリエイターが倒産危機の老舗玩具メーカーと手を組み、ゲーム業界の大資本企業に立ち向かい、成長していく物語です。日曜劇場【アトムの童(こ)】のキャスト・登場人物・相関図・内容・見どころ・スタッフ・放送日を紹介します。

当記事の画像出典:『アトムの童』HP

コメント