【単身花日】3話のネタバレと感想!片山(田中樹)のチョコパ舐めは色気ダダ漏れ!

単身花日
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【単身花日】3話のネタバレと感想!片山(田中樹)のチョコパ舐めは色気ダダ漏れ!

重岡大毅主演【単身花日】3話が10月28日(土)に放送されました。

3話は、舜(重岡大毅)と片山(田中樹)の嫉妬むき出しのバトルを描きます。

放送後「チョコレートパフェ合戦」が話題!「田中樹が色っぽい」などの感想が!

テレビ朝日オシドラサタデー【単身花日】3話のネタバレと感想を紹介します。

【単身花日】ネタバレ・あらすじ!最終回は原作漫画の結末と同じ!?
【単身花日】ネタバレ・あらすじ!最終回は原作漫画の結末と同じ!?重岡大毅主演ドラマ【単身花日】の全話ネタバレ、あらすじを最終回まで、最新話情報、原作のネタバレと結末、最終回結末について。原作は漫画【単身花日】。単身赴任をする桜木舜を重岡大毅、武田花を新木優子が演じる30代男女の四角関係を描くサスペンス。テレビ朝日オシドラサタデー放送。
【単身花日】のキャストと相関図!重岡大毅と田中樹が実写ドラマ化でライバルに!
【単身花日】のキャストと相関図!【単身花日】を2023年秋、テレビ朝日のオシドラサタデー枠で放送します。主演は重岡大毅(ジャニーズWEST)!ヒロインは新木優子!人気漫画の実写ドラマ化で男女4人の背徳愛を描く単身赴任ラブサスペンス。主人公のライバルに田中樹。ドラマ【単身花日】のキャスト・相関図・登場人物、放送日など紹介。

【単身花火】の原作漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

【単身花日】3話のあらすじ

単身花日

舜(重岡大毅)は、突然訪ねてきた花(新木優子)に困惑するも「話がある」と言われ部屋にあげてしまう。花の話は、片山(田中樹)とことかと思う舜。しかし、花は何も語らず泣き出してしまう。
花の言いたかったことは?舜のモヤモヤは募っていく…。

【単身花日】3話のネタバレ

旬と花がフォークダンスを踊る夜

鳥貝(前原瑞樹)と飲む約束をしていた舜(重岡大毅)は、花(新木優子)を招き入れたため、「具合が悪くなった」と鳥貝に連絡をする。鳥貝は舜の部屋の前まで来ていたが、電気が消えているのを見て「よく寝て治せよ」と家に戻る。

花は夜にひとりで訪ねてきたこと非常識だと言いながらも「連絡先がわからなかったから」と言いわけをする。舜は、花の話が片山とのことかと思うが…。

花は、フォークダンスの想いを話し始める。ふたりでフォークダンスを踊り、舜は、密着する花の態度から「花は奔放な恋ができる女性か」と思う。

舜は、花と向き合う覚悟を決め「ちゃんと話して」と目を見つめる。すると、花は、やっぱり言えない、と言い出す。舜とどうにかなりたいわけじゃない、一緒にいると心が安らぐ、と告げる。
結局、花は何も話さずに寝てしまった。

舜は花と片山が不倫をしていると思い込む。
朝になると、花の姿はなく、カツサンドが作ってあった。

舜と片山がチョコレートパフェの掛け合い!

単身花日

出勤した舜に鳥貝は、折口(小沢真珠)から電話があったと言う。すぐさま、現地に行くと片山が薔薇の花束を抱えて折口と仲睦まじげ。

片山に折口をとられてしまったのだ。舜は片山と喫茶店に行く。
片山はチョコレートパフェを頼む。

舜は枕営業をしたのかと疑うが、片山は、メーカーで余っている照明器具を原価で出し、舜の見積もりよりも安くしていたのだ。
思い切って花との関係を訊ねる舜に「関係ないだろう」という片山。

「ベッドの上でも俺には勝てない」と豪語する片山に怒る舜はチョコレートパフェをかける。すると、片山も負けじと「お前も食ってみろ」と舜の顔めがけてチョコレートパフェをかける。

舜は、花はなんでこんなふしだらな男と関係をもったのか、と思う。

鳥貝は舜を誘いスナック『花日』に。花日のママは同級生の清水めぐみ(長井短)。めぐみは同窓会に来なかった。理由は花だと言う。
めぐみは花に彼氏をとられていたのだ。めぐみは花には天性のおぼこフェロモンがあると言うのだ。

その時、舜に花から電話が。番号は鳥貝から聞いたという花は、片山が客をとったことを謝ってきた。駿は、片山に嫉妬し花に「放っておいてくれ」と声を荒げてしまう。

3話の結末

ぐでんぐでんに酔った舜は、路上で倒れ込む。そこに花が。
花は舜をアパートに連れて帰る。

花は、寝ている舜に「私がいれば大丈夫」と言う。

単身花日

東京。
ゆり子は、舜に送るための荷物をまとめている。「瞬君には君がいれば大丈夫」といい、小型集音マイクをぬいぐるみの中に入れる。そのぬいぐるみは、花奈(宮崎莉里沙)がパパに送ってといった物。
その時、家に男が訪ねてきた。

イメージ映像
地面に横たわる人物お腹にナイフが突き刺さっている。花は、線路沿いで花を手にする。

眠る舜の横でスマホを手にする花は「ひとりぼっちになっちゃったね」とつぶやく。

<つづく>

【単身花日】3話の感想

【単身花日】3話の感想を紹介します。

片山(田中樹)のチョコパ舐めは色気ダダ漏れ!

3話は舜と片山のチョコレートパフェのぶっかけあいが話題に。嫉妬むき出しのふたり。互いの顔面チョコレートパフェをぶつけるのですが、この時、片山演じる田中樹さんの色気は半端ない。舌でチョコレートパフェをペロリと舐める場面に「エロい」「色気ある」の感想が寄せられています。

「片山から出た『ベッドの上でも俺には勝てねーよ』っていうのが名言すぎて頭から離れない」といった片山のセリフも話題になっています。

血流画面にざわつくサスペンス展開!

怪しい場面が3話でも登場。3話は地面に横たわる人物映像。明らかにお腹から血がでています。そして、赤い花を花(新木優子)が手にする場面と繋がる。この映像が流れたとたん「血!!」の声が。
1話、2話では白いワンピース女性が出てきて、その場面と繋がる様子。今後の展開に注目です。

おぼこフェロモンて何?

めぐみが言った「おぼこフェロモンて何?」の感想も。おぼことは山形弁で子供のこと。世慣れていない、異性との性的関係のない娘、ということ。花は、とても無邪気なところがあって、それが男性を引き付けるということでしょう。

【単身花日】3話のまとめ

舜と片山のバトルを描いた【単身花日】3話。舜の嫉妬が膨れ上がり妄想激しく片山をライバル視していく様を妄想映像を織り交ぜ展開。舜の中では花と片山は確実に不倫をしているのですが、それはあくまでも舜の想像。舜の妄想映像は、ちょっぴりエロティックな感じで引き込まれる要素満点。そんな中、サスペンス要素もあり。楽しめるストーリー展開になっています。
嫉妬に揺れる舜を重岡大毅さんが好演。片山を演じる田中樹さんの色っぽさはそこかしこに。新木優子さんの怪しさはマシマシ。さらに、ゆり子を演じる高梨臨さんの怖さもマシマシです。

最後、ゆり子を訪ねてきた男が気になります。
次回は舜が東京に戻ります。次回もお楽しみに♪♪

【単身花日】3話の出演者

重岡大毅、新木優子、田中樹、高梨臨、前原瑞樹、金澤美穂、宮崎莉里沙、小沢真珠、長井短、田仲陽成、茅本梨々華、ほか

記事内画像:【単身花日】公式サイト

単身花日
hitomi

ライター歴12年以上。web新聞記事、恋愛やドラマコラム、小説などを手掛け現在dorama9にてドラマ記事を執筆。GP帯ドラマのほか深夜ドラマも鑑賞。恋愛、不倫、サスペンスドラマが好き。視聴者の声をリサーチし、分かりやすい記事を心掛けています。