【相棒22】7話ネタバレと感想!右京が見つけた補聴器とケーキの領収書に涙!

相棒22
※当サイトのリンクには広告が含まれます
テレビ朝日系ドラマ「相棒」のシーズン22が2023年10月にスタート!
初代相棒・亀山薫(寺脇康文)が帰還し、14年ぶりに再び杉下右京(水谷豊)と特命係を組んでから1年。
濃密で骨太なミステリーを生み出す国民的ドラマが、再び動き出します。
7話では、ある人気バンドマンの死の真相について、右京が真相に迫ります。
この記事で【相棒22】7話ネタバレと感想をお届けます

相棒22

(本ページの情報は2023年11月時点のものです。最新の配信状況はUーNEXTサイトにご確認ください)

相棒22

【相棒22】7話あらすじ

再結成が決まった4人組ロックバンド『ディープクルー』のボーカル・矢崎(金子昇)が、路地裏で亡くなっているのが発見された。警察は、酔っぱらい同士のケンカによる傷害致死とみて、捜査を始める。と、矢崎の妻は元アイドルで、今も時々テレビに出ているタレントだが、別居して2年になり、離婚話が進んでいたと分かる。事件に興味を持った右京(水谷豊)薫(寺脇康文)は、所属事務所を訪問。バンドメンバーや事務所の社長、マネージャーたちから話を聞く。すると、全員に確かなアリバイが無い上、気になる話も聞こえてくる。矢崎は唯我独尊の人物で、22年前の解散も、今回の再結成も、一人で勝手に決めたらしい。最近も練習をめぐってメンバーと衝突。また、女性メンバーの一人は当時、矢崎と交際していたが、一方的に捨てられらしく、顔には最近できたと思われる痣が。さらに、メンバーが昔作った曲を矢崎が盗用したという話や、事務所の社長から多額の借金をしていたという噂も。すなわち、殺害の動機は、すべての関係者にあった。

【相棒22】7話のネタバレ!

人気バンドのボーカルが不審死!

再結成が決まった4人組ロックバンド「ディープクルー」のボーカル・矢崎(金子昇)が、路地裏で亡くなっているのが発見された。死因は脳挫傷。酔っ払って喧嘩か。

バンドは22年前に登場。2年の活動だけで、人気絶頂で解散した。矢崎はその後、アイドルと結婚、ソロ活動をしていたが、最近になって、かつての動画が注目を集めて再結成し、ツアーを目前に控えていたのだが。元アイドルの妻とは別居して2年、そろそろ離婚話も出ていた。

矢崎は再結成ツアーに向け、友情を理由に挙げていた。40過ぎた大人が友情とか嘘くさく感じるが、杉下右京(水谷豊)は」友情はゆっくり熟す果実とアリストテレスも言っています」と話す。

亀山薫(寺脇康文)は「熟したあとは腐っちゃうんですかね」。

「亀山くん、たまに哲学的なこと言いますね」と右京は感心する。

相棒22

メンバー全員に恨まれていた

所属事務所は会見の準備をしていた。

ドラムの佐光隆吾(川野直輝)

ベースの安本早苗(細野今日子)

ギターの林田晃司(江頭勇哉)

3人は前夜も矢崎とスタジオでリハーサルをしていた。最後に矢崎がスタジオを出るのを見たのは、マネジャーの沢村香音(木村葉月)だった。

かつて、矢崎と交際していた安本はサングラスの下にあざがあった。

「ここにいる全員が恨んでいる。昔から自分勝手で解散もあいつが言い出した」と佐光。社長にソロ活動を促されて、解散。しかし、ソロになって落ちぶれて社長に5000万円の借金があったという。

林田は曲を盗まれた。

安本はアイドルに乗り換えられた過去があった。

だが、これからツアーが始まる時に殺すはずない。

沢村マネジャーは、いつも矢崎にパワハラまがいの言動を浴びせられていたという。

ほかのメンバーは、アルバイトも掛け持ちしており、リハでは口論が絶えず、沢村によると、矢崎は「飲んで帰る。一人じゃ飲まないよ」と誰かと会う約束をしていたようだという。

再結成は2カ月前に、矢崎から持ちかけられたという。

矢崎は自分の名前以外に、KOH名義の曲もソロ発表していた。

一方、妻が23時過ぎに家を出ていたことがわかる。

右京は矢崎の部屋からケーキショップの領収書を見つける。

再結成は金のためだけではない

右京はKOHが林田であることを突き止める。

矢崎から楽曲提供を頼まれて作り、印税を受け取っていた。

しかし、矢崎は林田の作った曲はをグレードアップさせており、林田は才能の差を見せつけられたのだという。

金に興味のない矢崎は、稼いだ金を社長がかすめとっていた。

林田は、再結成に乗ったのは金のためもあるがもう一度昔みたいにやりたかった。ディープクルーは親友の意味で名付けたバンド名だった。

相棒22

現場にあった遺留品は補聴器

右京は、矢崎がインタビューの際、昔の映像がバズった質問に答えなかったことが気になる。

遺留品には補聴器があった。

大音量で耳が悪くしていたのだった。

安本は、矢崎に捨てられたというのは嘘で自分が浮気して、それがバレて別れた。目の横のあざは同棲相手に暴力を振るわれたものだった。

安本は、矢崎は右耳が聞こえにくいと聞いていたが、左耳に補聴器らしきものつけていたのを覚えていた。

妻が犯行時刻に出かけていたのは、国会議員と不倫が原因で雑誌にスクープされ、アリバイが判明する。

妻によると、矢崎の右耳は3年前に完全に聞こえなくなったのだという。最近は左耳が聞こえなくなっていた。

ミュージシャンが聴覚を失う。

バンドメンバーにも言えないことだった。

相棒22

そして犯人は

右京は、もう一人嘘をついている人物がいるといい、ケーキ屋の領収書を確認する。

事務所の社長に会う右京と薫。聴覚を失っていたことも知らなかった。それは沢村マネも同じだった。

矢崎がスタジオを出る際、飲みに行くと聞いたと証言した沢村。

しかし、その時補聴器を外しており、何も聞こえない状態だった。

沢村は、矢崎の才能をもっと広めたいとマネジャーになった。

しかし雑用係のような扱いしかしてもらえず、再結成も何の相談もなかった。再結成で目がまわるほど忙しくなり、怒られてばかり。

ついに心が折れたのだという。

スタジオを出た矢崎を追うが、振り返りもしない。

やっと気づいて補聴器を耳に入れようとするが、揉み合っているうちに、矢崎は沢村を反動で殴ってしまう。怒りで押し倒すと、矢崎は頭を打って死亡してしまった。

「まさか聞こえてなかったなんて」と沢村。

矢崎は沢村の誕生日にケーキをオーダーしていた。

「大変な思いさせて悪いな。

ディープクルーの再結成はお前のおかげだ。

最高のマネジャーだ」

バースデーケーキに添えてメッセージカードを届けるはずだった。

【相棒22】7話の感想とまとめ!

 

今回は、バンド再結成ツアー目前に起きたボーカルの謎の死。

バンドのメンバーの怪しさをちらつかせながらも、

難聴というミュージシャンにとっての辛い病を抱えながら、音楽に真摯に取り組む思い。

そして、それを隠していたがために、起きてしまった悲劇。

個人的には今クールで、一番いいストーリー展開でした。

SNS上でも、感情移入した声が多く上がっていましたね。

記事内の画像はテレビ朝日「相棒22」の公式サイトより