【相棒20】6話ネタバレと視聴率!アンノウンの正体と小説の結末に驚愕!

相棒20 ネタバレ06   【相棒20】6話ネタバレと視聴率!アンノウンの正体と小説の結末に驚愕!
画像引用:テレ朝POST

【相棒20】6話ネタバレと視聴率!アンノウンの正体と小説の結末に驚愕!

【相棒20】6話が2021/11/17(水)に放送されました。

殺害されたミステリー小説家が小説に仕掛けたマイルール。真犯人“アンノウン”の正体が分かる時、過去の悲しい事件の真実が明らかに!

そして、小説の結末は何を意味し、何をもたらすのか?

今回の記事では【相棒20】6話「マイルール」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【相棒20】配信情報

【相棒20】はAbemaTVで見逃し配信中です。

さらにAbemaTVでは一部の過去シリーズがレンタル可能です。

※ 全て2021年10月14日(水)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【相棒20】6話のネタバレ

大物ミステリー作家の死

大物ミステリー作家・福山光一郎(菅原大吉)が自宅で刺殺されているのが発見された。財布から大金が盗まれていたので捜査一課の伊丹(川原和久)らは強盗殺人の方針で捜査を開始。

特命係の右京()と亘()も臨場。右京は福山が書き上げたばかりの原稿が無くなっていることに気づく。

その原稿とは福山が1年に渡って連載していた新作小説『運命の来る日』の最終回。少女殺害事件を執念で追い続けていた老刑事が真犯人“アンノウン”の正体に迫る内容だった。

一方、福山はテレビでも過激な発言を連発するなど横暴な人物。2年前から準備していた『運命の来る日』を連載直前になって別の出版社に乗り換えたこともあった。

当時の担当者によると「川上という人物が連続して登場するのは読みにくいと指摘したら福山は激怒した」という。

登場人物のマイルール

右京は福山が今まで出した小説を読み返す。寄稿したエッセイに『小説は事実をもとにした完全なフィクション。完結した時、失われた真実があぶりだされるだろう』という一節があるのが気になる。

さらに福山には22年前に当時14歳だった娘・しおり(林谷まいか)を殺害された過去があった。犯人は当時17歳の少年であり、少年法により名前も住所も知らされることは無かった。

そして、小説で最初に殺害された少女の名前もしおり。犯人は名前が分からない“アンノウン”。まるで娘の事件を重ね合わせているよう。

右京は福山が小説の登場人物を付ける時のマイルールについて語る。ある小説は関が原の西軍の武将、ある小説は長野県の地名など。

ファンの間では考察サイトが立ち上がるほど福山のマイルールを探すのが流行っているという。では『運命の来る日』のマイルールは一体?

“アンノウン”の正体

特命係の2人は少年が収監されていた少年院へ向かい、法務教官の三上(大川ヒロキ)から話を聞く。2年前に福山が「少年の現在について教えて欲しい」と必死に頼み込んできたという。

その姿はテレビで見るような横暴な態度では無かったという。

その後、2人は元少年・健一の現在の住所を突き止め向かう。健一は10年前に結婚し、苗字も妻の村上(斉藤悠)に改名。夫婦で小さなフレンチレストランを経営していた。

その途中、2軒も川上という家があるのを発見。2人が手分けして調べてみると周囲の家の表札が『運命の来る日』の登場人物の名前と順番が完全に一致しているのを発見。

これがマイルールであり、家を辿っていくと真犯人“アンノウン”の名前は村上。福山はファンが村上にたどり着くようにしていた。

ファンが押しかけたタイミングで娘の事件をモデルにしていたことを公表すれば犯人の少年は村上であると発覚。彼は全てを失うだろう。

これが福山が言っていた失われた真実であり、復讐だった。

ペンは剣よりも強し

村上の取調べが行われる。さらに付近の防犯カメラには福島が。連載している雑誌を村上家のポストに投函していたのだろう。

やがて村上もこの小説は自分を指し示していることに気づいた。連載が進むに連れ、まるでペンで何度も刺されているかのようであり、村上は精神的に衰弱していった。

そして、村上は小説の指し止めで揉めて福山を殺害したことを認める。「小説はどこかに捨てた」という。

だが、右京は重要な証拠品に関する証言としては曖昧なのが気になる。

特命係の2人は村上の妻・由梨(佐久間麻由)から話を聞く。夫の過去の過ちについては結婚した際に打ち明けられていたとのこと。

最終回直前の1ヶ月前に福山が店に来たという。

その時の福山は「ペンは剣よりも強しという。私はペンで人も殺せると思う。いよいよ最終回だ」と夫を追い詰めていた。

由梨は「どうか原稿を載せないで下さい。夫の罪は自分も償って行きます!!」と必死に頭を下げた。

さらに由梨は「その日から夫はレストランを開けないほど塞ぎこみ、離婚と自殺を考えるほど追い詰められた。心配で事件の日もずっと目を離さなかった。信じてください」と彼のアリバイを主張する。

村上夫妻にはアリバイがあった。村上が罪を認めたのはもう抵抗する気力も無かったからだろう。

では真犯人は?右京はもう1人、最終回が世に出ると破滅する人物に心当たりがあった。

真犯人の正体

福山を殺した真犯人は少年院の法務教官の三上だった。

2年前、三上は福山に村上の現在について情報を漏らしてしまった。(福山が連載の準備を開始したのも2年前なので右京は三上にたどり着いた。)

最終回が発表され、誰かが村上にたどり着けば自分の情報漏えいもバレ、自分も終わり。三上は福山を説得しようとした。

だが、福山に「あんたが心配しているのは(村上ではなく)自分のことかな」と本心を見抜かれた。そして、もみ合いになり近くにあったナイフで福山を殺してしまった。

原稿は自宅に隠しているという。殺人の重要な証拠であったが、こっそり読んだ歳に「これは燃やしてはいけない」と感じたという。

小説の結末

その後、右京は発表された『運命の来る日』最終回を読み、結末を知る。

真犯人“アンノウン”の正体は最後まで明かされることなく、全ての罪を認めて焼身自殺。執念を向ける対象を失った老刑事は燃え尽き、そのまま亡くなった。

ミステリーの結末にしては納得できないが、右京はその意味を語る。

右京「ペンで人を殺してはならないという思いに至ったのかもしれません。少年は更生し、彼を守りたい家族(妻)までいた。憎しみで書いた小説は憎しみすらも別次元に昇華した。憎しみよりも強い安寧の祈りを最終回にこめたのだと僕は思いますよ。」

おわり。

【相棒20】6話のポイント

  • 福山は小説に村上にたどり着くマイルールを仕掛けた
  • それが娘を殺した村上への復讐
  • 村上の情報を福山に漏らいていた三上は焦り、彼を殺害してしまった
  • 村上が更生しているのを見た福山は小説の結末を変更、復讐は止めることにした

【相棒20】6話の感想

小説の結末が意味することは?

【相棒20】6話はミステリー作家が仕掛けたマイルールと壮絶な復讐の話。

福山は復讐の為に小説を書き続けた。だが、最終回の直前で村上が更生したのを目の当たりにして小説の結末を変えた。

結末で“アンノウン”の正体は明かされること無く死亡。村上の名前は世に出ることはなくなりました。

初めは村上を追い詰める為に出向いたけど心変わり、これが無ければ結末は同じままだったのでしょう。

ですが、最終回を読んだファンは「何かあるのでは?」と感じ、村上にたどり着きそう。結局、同じ結末になる。

一人の命を奪った罪は消えず、一生背負い続けなければならないのかもしれません。

復讐に捕らわれた小説家と葛藤し続ける元少年、全てを受け入れて支える妻。俳優さんの演技も相まって、【相棒】らしい面白い作品となりました。

【相棒20】6話の視聴率

【相棒20】6話の視聴率は分かり次第、お伝えします。

次週予告

次回の【相棒20】は少年が川で溺れ、同じ場所で溺死事件が発生。事件を引き起こしたのは妖怪・かわおとこ!?

2021/11/24(水)21:00~の放送をお楽しみに。

5話「光射す」<< >>7話「かわおとこ」

コメント