【24 JAPAN/日本版24】12話のあらすじと感想!命がけの銃撃戦とカーチェイスにツッコミ!?

【24 JAPAN/日本版24】12話のあらすじと感想!命がけの銃撃戦とカーチェイスもツッコミどころ満載!?

前半のクライマックス。年内最後の12話は、涙の再会、カーチェイスに銃撃戦、車の爆破と迫力のシーンが続きますが、なぜか視聴者からツッコミが…。

この記事のポイント
  • 【24 JAPAN/日本版24】12話のあらすじネタバレ
  • 視聴率
  • 感想

ADVERTISEMENT

【24 JAPAN/日本版24】12話のあらすじ

【24 JAPAN/日本版24】12話のあらすじです。

獅堂(唐沢寿明)がついにアジトに潜入!

正当防衛とはいえ六花()が市来(山口大地)を射殺してしまったことに動揺する美有(桜田ひより)だが、覚悟を決めて遺体を隠す。





獅堂(唐沢寿明)は伊月()がマイロに調べさせた高解像度の衛星画像からアジトの様子を探る。

伊月は小畑緑子(霧島れいな)に助けを求めることを提案するが、獅堂は家族の安全を確認してからとして音守(神尾佑)に運転させてアジト内に潜入することにする。



朝倉麗()は、上州()が言ったカウンセラー葵塔子(西丸裕子)の始末ということが気になって仕方がない。警告するために直接留守電を入れたというと、長田(綾田俊樹)は日本初の女性総理大臣候補として自覚が足りない、と叱る。




音守は、アジトのゲートを通過する。見張りに顔の傷について聞かれるが「ちょっと女ともめただけ」とごまかし、獅堂はアジト潜入に成功する。音守は六花が獅堂との関係をぼやいていたと嫌味をいう。獅堂は音守を気絶させるとひとりで六花たちの居場所を探し始める。

獅堂が家族と再会!麗は塔子に忠告するが…

アンドレ(村上淳)に急かされた神林(高橋和也)は、KEN(上杉柊平)に市来が人質を始末したかどうか確認しろと命令する。






麗は塔子と連絡をとるが、塔子は麗のいうことに聞く耳を持たない。次の予定には遅れていくことにして塔子のクリニックに向かうことにする。






一方、獅堂はついに六花と美有のもとにたどり着く。再会を抱き合って喜ぶ3人。

新班長・緑子の強硬手段と証人の抹殺

緑子は獅堂の居どころを掴むために、伊月と南条を呼びつけ、獅堂の居場所を先に白状したほうは昇進、じゃないほうは停職にすると脅す。





塔子のオフィスに向かった麗と長田は、意外な光景を目にする。塔子のオフィスがあるビル前がすごい騒ぎとなっていた。塔子のオフィスでガス爆発が発生し、塔子らしき遺体が見つかったという。上州たちは本当に証拠=塔子を消したのだ、とその恐ろしさに慄える麗。





テロリストのアジトでは、KENが収容所に様子を見にくる。すかさずKENを捕らえる獅堂。KENはよく知らずに美有を巻き込んでしまったから助けようとしていると告白する。


【24 JAPAN/日本版24】12話のネタバレ

【24 JAPAN/日本版24】12話のネタバレです。閲覧ご注意を。

獅堂一家、KENの助けで命がけの脱出!

獅堂(唐沢寿明)は車を取ってくるというが、六花(木村多江)はもう離れたくないとすがりつく。KEN(上杉柊平)は、GOの車を取ってくる、失敗したら獅堂の車で逃げればいい、と提案する。



CTUでは

緑子(霧島れいな)が南条(池内博之)の尋問を始めた頃、獅堂は緑子に電話をかけ、テロリストに妻子を誘拐されていたことを告白。アジトの場所や敵陣の様子を告げて応援を要請する。緑子は救助ヘリを手配すると、獅堂から連絡があったことをCTUのメンバーに伝える。獅堂の無事がわかり、停職の危機から逃れてホッとする伊月と南条。





KENが車を取りに行った頃、音守(神尾佑)を気絶させて隠しておいた車が神林の手下に見つかってしまう。KENは神林の命令で音守のところへと運転するハメに。顔に水をかけて音守を起こす神林。音守はテッドが殺されたことを神林に伝える。KENはその隙に車で獅堂たちのもとに向かうが、神林に気づかれる。



何とか車で逃走する獅堂たち。神林や音守たちは収容所のロッカーに隠された市来の遺体を発見すると、すぐさま獅堂たちを追跡。神林の手下の車に追いつかれた獅堂は、六花と美有を先に逃してCTUの救助を待つように指示するとKENと2人で応戦する。

獅堂は追っ手を足止めするためにGOの車を爆発させる。爆風で吹っ飛ぶ神林や手下たち。

負傷したKENを連れて逃げる獅堂。神林や音守が執拗に追う。

【24 JAPAN/日本版24】12話の視聴率

【24 JAPAN/日本版24】12話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【24 JAPAN/日本版24】12話の感想

【24 JAPAN/日本版】12話の感想です。

激しい銃撃戦にハラハラするも、ツッコミどころ満載?

死ぬか生きるかの緊迫した場面、しかもアジト内は私有地のはず。それでもシートベルトをきっちりするのはコンプライアンスの時代だからなのか…。

カーチェイスも、あれだけ時間があったらもっとスピード出せば逃げられそうなものなのに…、獅堂(唐沢寿明)の運転がノロい、もっと敵を引きつけてから爆破したほうが効果があったはず…。

せっかく前半最大の見せ場なのに、スピード感が足りない。ついツッコミたくなってしまう視聴者が続出しました。

【24 JAPAN/日本版24】の動画配信は?

【24 JAPAN/日本版24】の動画は、配信スペシャル版としてTELASA(テラサ)で配信中!

11話◀︎◀︎

アメリカ版シーズン1の次話・13話のネタバレはこちら

アイキャッチの画像出典 : 公式サイト

コメント